月別アーカイブ: 2014年2月

雪害お見舞い

詳細が明らかになればなるほど、今回の雪の害は深刻のようです。

食工房に直接関わることで言えば、宅配便が全面ストップで遅延の通知が来ています。
東北太平洋側から東海方面まで、高速道路が通行止めなどの影響で、荷物の配達は2~3日遅れる見通しだということです。

今日は、すでに出荷してしまったお得意さまに、電話をかけて遅延のお知らせと代金の割り引き等を申し上げました。
業者さんへの納品だと、販売のチャンスを逃してしまったことになりますので、双方にとって大変な損害です。
誰のせいと言うわけには行きませんから、痛み分けでお互いに泣くことになります。

まあそれは、まだいいのです。
建物が壊れたり、人命に関わる被害を受けられた方に、心よりお見舞いを申し上げたいと思います。

それにしても、異変です。
こんな冬は、恐らく初めてです。
この後まだこの傾向が続くと言っていますから、どうぞその方面の皆さま、くれぐれもご用心ください。

雪の影響

今シーズン、雪の降り方が全く異常のようです。

昨日から今日にかけての関東地方の大雪の影響で、出荷した通販の荷物の到着が遅れています。
未だ到着しないなど、ご心配の方もおられることと思いますが、何しろこのような事情ですから、お待ちいただくより仕方ありません。
今日着かなかったところも、明日には配達されることと思います。

それにしても、ニュース画像を見ると、本当に大変な雪になったのですね。
いや、あれでは雪国の我々でも手こずります。
除雪車、出動してあげたい!と思ったことしきりです。

申し訳ないようですが、私のところではもう全く大したことなく済んでいます。
昨年は、私にとっては生まれて初めて見る豪雪の中の豪雪。
半ば本気で、雪はもう嫌だと思ったほどでしたが、今年はこんなに楽してていいのかな?と思っています。
このまま春が来るとも思えないのですが、これから幾ら降っても到底昨年には及びません。

毎年、予想が付きかねるお天気模様ですが、とにかく備えだけはして、あとは何があっても観念するしかないと思っています。

ありがたいことに、こんな時でも今日は一日忙しく仕事させてもらいました。
一瞬停電を思わせる明滅がありましたが、どうやら無事に一日終わりました。

各方面、くれぐれもご用心ください。

ただ今、残業中

早朝からこんな時間まで仕事をしているので、とりあえず残業と言うべきなのでしょうが、個人自営業に定時なんてものは在って無いようなものです。
こうしたブログを書くことも、趣味と言えば趣味ですが、仕事に絡んでいることが多いわけで、はっきりと分けられませんね。
自分としては、こんなスタイルが良くてやっているわけで、あまりストレスは感じません。

で、今日のは本当に残業らしい残業だという話です。

スコーンが、おかげさまでブレイク気味です。
夕食の後、取り引き先から電話が入って、明日の出荷を何とかならないかと頼まれ、それではと引き受けたものですから、追加仕込みをすることになりました。

否、正直言って嬉しいです。
二人の娘も一緒に、作業場で音楽を流しながらルンルンで仕事してましたから。
なかなか来ない注文を待っているよりは、どれほどか気分がいいってものです。

忙しいのは、昨日も言いましたが、疲れてさえいなければ全然苦にはなりません。
皆さまのご愛顧あってこそのこの商売ですから。

震災から間もなく3年。
冷たかった日陰に、やっと薄日が差して来たような感じを味わっているこの頃です。
まだまだがんばります。

さあ、また一週間が始まる!

水曜日の夜は、いつもこんな感じです。
「さあ、明日からまた一週間が始まるぞ。」って・・・。

我が家はもう長年、曜日ですることが決まっています。
店を開けて商売をしていますので、定休日以外は先ず休むことはありません。
毎週決まったスケジュールでパンやお菓子を焼くのは、お客さまが当てにしてくださって大丈夫なようにとの、自分自身への約束です。

ずっと同じことを続けていて飽きないか・・・、若い頃の私なら、この質問に頷いたかも知れません。
でも、今ならはっきり言えます。
飽きるなんてことはあり得ないと。
嫌になることがあるとしたら、それは体が疲れた時にそんな感じがするだけで、一休みして疲れが取れればまた新たな気持ちで続けられるのですね。

「もし今日が人生最後の日だとしたら、君は何をするか?」
そんな質問、どこかで聞いたような気がしますね。

今の私なら、こう言います。
「いつもと同じでいいよ。」ってね。

明日もパンを焼いて、皆さまのご来店をお待ちしております。

歩いて来ました。

今日は休みだったので、午後から少し長い距離を歩いて来ました。

最近、お客さまのお一人が片道30分くらいの距離を歩いてご来店くださいましたので、私も刺激を受けてその方のお住まいがある方向に、4kmあまりの道のりを往復して来ました。

それで近頃ちょっとおもしろいのは、私や娘たちが毎日のように歩いたり走ったりしているのが刺激になったのかどうか分かりませんが、この集落の中の何人かの方が周りを歩くのを見かけるようになったことです。

いい傾向ですよね。
年々高齢化して行く山間の小集落ですが、皆が元気に歩いているようなら、こんなうれしいことはありません。

今日は、景色も楽しみつつ、少し早足で回って来ました。
風は冷たかったですがお天気も良かったし、帰って来るころには汗だくになるくらいでした。

あと、今日歩いたところからではありませんが、この季節の飯豊山の写真をご覧に入れます。

飯豊の空の下から・・・

秋に稲穂の海だった田んぼは、今は大雪原


元サイズの画像もご覧いただけます。
http://shokuko.com/myblog/wp-content/uploads/2014/05/DSCF7836_web.jpg

雪国では

一昨日、昨日は、雪国ではない地方で大雪になり、大変な騒ぎになりました。
福島県でも、本来雪の少ないいわき市で、市街地でも30cm、山間部は50㎝にも達したと、今日知り合いから連絡がありました。
その他、東京でも茨城でも、15cm~30cmを超える積雪になったようです。

一方我が会津は、昨日が30cm弱。
今朝までに新たに15cmになったかならないかくらい。

それでも早朝、除雪車が出動していました。
規定では、積雪15cmに達すると出動ということになっているらしいです。

ですから、人家のあるところどこまでも、公道はどんな小さな道路でも、完璧に除雪します。
歩道は、歩道専用の幅の狭い除雪車が入って、舗装面が出るくらいまできれいに除雪します。

もちろん費用はかかるわけで、雪国では除雪のための予算が、財政の大きな負担になっています。
今シーズンは、今のところ出動回数が極端に少ないので、予算の方は余裕だと思いますが・・・。

一方、雪国でない地方は、そのような備えはありませんから、今回のような場合は全くひどいことになってしまいます。
かと言って、臨機応変に除雪車を移動することも出来ないでしょう。
そもそも雪国の道路は、除雪車が雪を寄せられるよう道幅を広く取ってあったりするのです。

東京の方、茨城の方、いわきの方、備えのないところに大雪は、本当に大変だったろうとお察しいたします。
とにかく、滑ったり転んだり、あるいは雪かきをしていて肩腕足腰を痛めたり、怪我にはくれぐれもご注意を。

除雪車

国道を除雪している車両
ブレードの幅3.7m 高さ約1.3m


除雪車

マルチブレード型の除雪車
大型の割には狭い道にも入れる。

さて、食工房は明日と明後日、定休日となっております。
雪の中をお出でになって、「休み」と気づかれたのではあまりにもお気の毒ですから、念のためこの場にもお知らせしておきます。

明日にかけても、また少し雪が降るようです。
各方面、ご用心ください。

都知事選、結果出る。

注目していた東京都知事選の結果が出ましたね。
桝添氏が当選確実と第一報が伝わっています。

大方の予想通りとは言え、投票率は40%に届かなかったようですし、これが都民が選んだ結果だと言うには、あまりにも情けない数字ですね。
※追記:後で、46%を超えたことを知りました。
世界に冠たる都市TOKYOの市民は、政治には関心がないのだと、世界中に知れ渡ったってことですよね。
もう少し、プライドってものがあってもいいような・・・。

この結果が、今後の日本にどのような流れを生むのか、もう分かってしまったような気がします。
いやいや!その前にもう流れは出来ていて、都知事選は一つの結果でそれを証明したに過ぎないのかも・・・。
苦しい世の中になりそうです。

私は、むしろ自分のことはどうでもいい、子どもたちや孫たちに苦い果実を沢山残すことになるのが、どうにも我慢が出来ません。
あと何年の命が私に与えられているのか分かりませんが、残された人生、命のかけ方を真剣に考えます。

静かに過ぎた一日

東京では大雪、大荒れだったと、知らせが届いています。
こちらも雪でしたが、雪国の物差しで言うといつもの雪で、朝から夕方までで30cmくらいになったと思います。
開けたところでは吹雪になっていたようですが、この山間では風も無く、静かに無数の白いものが舞い降りて来る様子に、心が洗われるような感じがしました。

一方食工房は、本日久々にまたご来店ゼロを記録。
その代り、通販と店卸の出荷があり、結構忙しく仕事をしていました。

大変そうだったのが宅急便の運転手さん。
トラックは、雪だるま状態でした。
荷物の到着が遅れるかも知れないので、予めご承知をと。
こんなお天気ですもの、仕方ありませんね。

今夜にかけてもまだ荒れるらしいですね。
どの方面の方も、ご用心ください。
明日の都知事選の行方も気になりますね。

嘘は必ずバレる・・・なら、世の中少しは正常ってことで

もう多くの方がご存じのとおり。
超有名作曲家のゴーストライター問題ですね。
あんまり騒がしいものですから、今まで何も知らなかった私までもが、「どれどれ!なになに?」と検索せざるを得ませんでした。

正直言って、近代のクラシック音楽は、私にとっては全くの興味の外でした。
件の佐村河内某氏の名前も楽曲も、それにまつわる話題も、今日の今日まで知りませんでした。
そして、発覚後のニュース記事などから知らされた事実は、私にとっては全く唖然とするものばかりでした。

何だか複雑ですね。
いろいろと入り組んでいて、結局誰が犯人・・・って、特定出来ないですよね。

私は評論家ではないので解説する気はありませんが、自分の感想を二つだけ申し上げておきます。

先ず一つ、関わった人々の思いと作品の芸術性は、必ずしも関係がないということ。(私は、聴いていないので、素晴らしいともつまらないとも申し上げられませんが。)

もう一つは、どんなに巧妙な嘘も、いつか必ず白日の下に曝される時が来るのだなぁ・・・と言うこと。
この人の嘘は、知らなくても幸せな人が沢山いるからいい、で済ませられるものではなかったということでしょうか。

話しは飛躍しますが、皆で騙し騙されてアメリカ相手に戦争したのは、いつのことだったか・・・。
嘘に不感症になって行くことが一番恐ろしいと、私は思っています。

ちよっと面白かったので

今日、食工房で仕事中のことです。
パンの成形をしながら気がつくと、上の娘とスタッフのMさんが、ニコニコ笑いながら「ご機嫌だねぇ。」などと言っています。
洗い場のシンクの中で、何か音がしているらしいのです。

離れたところに居た私が近寄って見ると、確かに!これは楽しい・・・。
しばらくして、そうだ!これを動画に撮って・・・と思いついて、カメラを持ちだして来ました。
全く他愛もないネタですが、これで今日は一日楽しく仕事がはかどったという話しでした。
ではでは。