食工房のパンだより」カテゴリーアーカイブ

久しぶりのコーヒークッキー

コーヒークッキー

1円玉より小さい!コロコロ、カラカラかわいいです。
カリカリサクサク、口どけも良いので、みんな好き!


コーヒークッキー

ラベルは、これが2代目
以前のラベルを覚えている方は、コーヒークッキー自体も、途中から味と食感が飛躍的に良くなったことをご存知です。


コーヒークッキー

コーヒークッキー 1袋120g 450円


食工房

クッキーもケーキも揃って商品棚がにぎやかになりました。

今日は、雨の一日となりました。
大根や白菜の種を播いたり苗を定植したばかりの畑にとって、まさに恵みの雨となりました。

うちは、大根は良いタイミングでしたが、白菜は定植出来ていなかったので悔し涙を呑みました。
尤も、これから先度々晴れたり降ったりの繰り返しになるようですから、この次の雨には間に合うと思っています。

さて雨の一日となりましたので、今日は一日屋内の仕事、つまり食工房で製造する仕事に集中しました。
昨日の急なご注文に対応してスコーンを2回戦、すぐに包装して下の娘に納品に行ってもらいました。

そしてその間に、久しぶりにコーヒークッキーを焼きました。
久しぶりと申し上げるのは、コーヒークッキーの生地が油脂分が多くて暑い夏には成形が困難で、しばらくお休みしていたからです。

前の日に細い棒状に絞り出した柔らかい生地を、冷凍庫で一晩かけて凍らせて置き、固く凍っている間に包丁で小さく切って天板に並べるのですが、夏場は瞬く間に生地が緩んで来るので、製造は困難を極めます。
そんな理由で、ここしばらく手が出せなかったのです。

今日は、夏の頃に比べればずっと涼しくなったとは言え、油断は出来ない状況でした。
しかし、久しぶりにコーヒークッキーが焼ける香りをかいで満足!

このクッキーは、風味はもちろんですが食感がとてもいいので、どなたにも好まれます。
何と言っても一番の特長は、食工房の自家焙煎コーヒー・フルシティーローストを、極細挽きして直に生地に入れていることです。
そしてコーヒーのパフォーマンスを上げるために、ココナツを刻んだものを加え、スパイスも効かせています。

ちゃんとコーヒーの味と香りを楽しめるコーヒークッキーは、ありそうでなかなかないのです。
それを食工房が実現しています。

ぜひ一度お召し上がりください!


食工房、明日と明後日は定休日

毎度申し上げて恐縮ですが、明日と明後日は定休日となっております。
お間違えのございませんように。

秋晴れの一日、ご来店感謝

本日も、ピカピカの秋晴れの一日でした。

残暑は昨日よりもさらに厳しかったのですが、午前中からご来店のお客さまがお一人またお一人と、間を置いてお見えになりました。
ご近所から、あるいは遠く新潟から、また県内でも遠方から、お出でいただきました。

この場を借りて、あらためてご来店感謝申し上げます。

それでまた明日も、敬老の日で休日でしたね。
お天気はちょっと微妙ですが、逆に暑くなくていいかも知れません。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。


麦ラボ

100kgのスペルト小麦を得るために除去した麦殻がこの量です。
目方は極軽いですが、カサは40㍑の空き袋に14個分。
これを圃場に投入しない手はありません。


麦ラボ

スペルト小麦の麦殻
畑地の土壌改良用資材として、素晴らしい効果を発揮してくれそうです。


麦ラボ

今シーズン初めて麦を播く中島第3圃場
水はけの悪い箇所に、麦殻を集中的に投入しました。

さてこの時期、お天気が良ければ麦播きの準備に、また周辺の草刈りに、そして食工房の仕事に、時間はいくらあっても足りません。
それでも、昨年よりは迷いなく順調に作業が進んでいます。
何と言っても、百姓二年生になりましたから。

今日は、先日スペルト小麦を籾摺り機にかけた時に出た麦殻を、今シーズン初めて作付けする中島第三圃場に投入しました。
土壌改良資材として優れた性質を持つ麦殻は、とくに水はけを良くする効果が期待出来ますので、圃場の中でも水が溜まりやすく乾き難い箇所に撒きました。
種まきの直前にもう一度トラクターを入れて耕うんする時に、土壌に混ぜ込みます。

ここには、スペルト小麦を播く予定です。
一方、昨年、ライ麦、スペルト小麦、デュラム小麦を混植した第二圃場は、今シーズンは全面ライ麦です。

スペルト小麦丸

食工房

西日除けのヨシズを外しました。
店の中が明るく開放的になりました。


食工房

上の娘が丹精した自家菜園の農作物です。
お味は、自信があるそうですよ。

今日は、それこそピカピカの秋晴れ、抜けるような青空に筋雲が浮かんでいました。

9月も半ばとなり、日差しも角度が変わりました。
店内に西日が差し込まなくなりましたので、入口に立てかけてあったヨシズを取り外しました。

真夏の頃は暑さ除けにもなってありがたく思われたヨシズも、この頃は少し鬱陶しく感じるのですから感覚というのは身勝手なものですね。
でも、店内が明るく開放的になりました。

今日は、上の娘が自分で育てたじゃがいもを、袋に入れて店頭に置きました。
こんな物でも売れれば嬉しいし、お小遣いにもなるというわけです。
お味の方は、自信があるそうです。

今日のわが家の夕食にも、コロッケになっていました。
とてもおいしかったです。
どうぞよろしくお願いいたします。

スペルト小麦

スペルト小麦丸
スペルト小麦全粒粉50%で焼いてみました。
普通小麦のものと見た目はほとんど違いがありませんが、風味は違います。

そしてもう一つ今日のトピックは、スペルト小麦の小麦丸です。
今日はあくまでも試作でしたが、もうそのまま本番でいいと思っています。

来週から、小麦丸はスペルト小麦で行きます。(スペルト小麦全粒粉50%・強力小麦粉50%)
価格は当面据え置き、1個500円・1/2カット280円です。

スペルト小麦のパンをこの価格で買えるのは、よほど希少だと思います。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

明日も皆さまのご来店をお待ちしております。

過ごしやすくなって来ました

ここ数日の間に、急に涼しくなりました。
先日の台風が東海上に去ってからですね。
過ごしやすくなって来ました。

振り返れば、春を迎えてから今日まで、全国各地では自然災害が多発しましたが、ここ会津では大きな災害に見舞われることもなく概ね平穏に過ぎました。
むしろこれから先、雪国の宿命として、大雪や厳しい寒さなどが災いをもたらすことになるのかも知れません。

ま、先のことはとりあえず置いて、これからしばらくの間は良い季節です。
この週末も、少し暑さが戻るようですが、秋晴れのお天気に恵まれそうです。

明日のパン焼きでは、またスペルト小麦を試験的に使います。
飯豊山食パン、小麦丸、みのりのパン、ラード入り食パンなどに、スペルト小麦を配合してみます。

ライ麦の場合もそうですが、収穫されたばかりの新鮮な穀物の香り(麦藁のにおいにも似ています)がして、まさに麦を食べているのだなと実感することが出来ます。

お米も新米が喜ばれますが、パンもやっぱり新麦の頃がおいしいと思います。
食欲の秋を迎える今頃が特に・・・。

明日も、皆さまのご来店をお待ちしています。
レギュラーコーヒーに大麦コーヒーまたはミントティー、そして試食用のパンなども用意いたします。

台風一過、天気は回復

相川字中島

畔はもちろんのこと、土手も道も刈り払いしてあります。
見事と言う他ありません。

心配された台風も、ここ会津では全く拍子抜けするような状況でした。

早朝の一時強い雨が降りましたが、直ぐに止んで以降は弱い雨が降ったり止んだり、風もほとんど吹きませんでした。
そして午後には、早くもお天気が回復して来ました。

今日は一日、中の仕事と予定していましたが、夕方から予定を変えて畑のまわりの草刈りをしました。
とにかく草は一日一日伸びるので、とうが立って種がこぼれる前に刈り払っておきたいのです。

もうすでに間に合わないところもありましたが、最後まで放っておくよりはずっとましですから、根元までずっぱりと刈り込みました。
こうして毎日少しずつ、あたりがきれいになって行きます。

きれいに刈り込まれた畔の風景は百姓の心意気、それはもうアートと呼ぶに相応しい美しさです。
すぐ近くの水田が、それは見事な眺めです。

それを見習おうと、一生懸命草刈りする私です。
とは言え、まずとても追いつきませんが・・・。

さてさて、食工房の営業の一週間も今日で終わり、明日と明後日は定休日です。
お間違えのございませんように。

まもなくスペルト小麦も

せっかく取れたスペルト小麦を早く使いたいので、いろいろと手を尽くしています。
何と言っても風味が良く、小麦アレルギーも出にくい(※全く出ないわけではありません。)、また製パン性も良好ですから。

ただ一つ厄介なのが、固い殻を剥く作業です。
それがなんとか解決出来そうです。
来週あたりに作業の予定です。

手持ちの小麦がまだありますが、一年過ぎて風味が落ちて来ましたので、残ったものは別な使い道を考えて、きっぱりとスペルト小麦に切り替えたいと思っています。

それが実現すれば、国内では希少な超贅沢パンになるはずです。
とにかく、そのために今までがんばってきたわけですから。
まあ見ていてください。

明日のパン焼きで、一部スペルト小麦を使います。
実は、試験的に手作業で殻を剥いて製粉したものが、少しだけあるのです。

収穫の秋にふさわしい、多彩なパンづくりでサプライズしてまいります。
どうぞお楽しみに。

IIDE編集中、明日はパン焼きにて

ただ今、IIDEの編集作業が佳境です。

そして明日は、定休日明け営業再開。
パン焼きの仕込みやコーヒー焙煎もやりました。

まあ、忙しいのは自ら望んだことでもありますから、それはいいのです。
ただ、あまり欲張り過ぎて成す事一つ一つの質を落としたくありません。
そこは気を付けていないといけないと、肝に銘じています。

そんな折、先週自前のライ麦を使ったパンをお届けした方々から、うれしいお返事が返って来ました。
皆さまそれぞれに喜んでいただけたようで、本当に良かった・・・と、心満たされる思いがしました。

明日も、心を込めてパン生地をこねます。
おいしいパンを焼いてお届けいたします。
もちろんお店にも並べて、ご来店くださるお客さまをお待ちいたします。

それでは明日が早いので、これにて。

コープあいづ・ひがし店、納品再開

昨年移転休業の後、取り引きが途絶えたままになっていたコープあいづ(生協)ひがし店ですが、9月6日今週金曜日から納品を再開いたします。

休業中に幾度かご注文をいただくことがあり、その度に移転休業中であることをお伝えし、その後再開のお知らせも一度ならずしたのですが、結局ご注文が途絶えたままになっていました。

今日営業の方とお話ししている中で、どうも営業再開の通知が担当の方まで届いていなかったのではないかとのことでした。

今後は、以前同様にスコーンやクッキー類が並ぶことになります。
ひがし店をご利用の方、食工房の製品がお目に留まりましたら、ぜひお買い求めくださいますようよろしくお願いいたします。

そして今年も、シュトレンの販売を引き受けていただくことになりました。
例年通り、10月半ばよりご予約の受け付けが始まるとのことです。
こちらもよろしくお願いいたします。


IIDE編集中です。

「紙版・飯豊の空の下から・・・ 」の9月号を編集中です。
8月の内から手を付けたかったのですが、いろいろあって出来ませんでした。
只今、速攻で進めています。
今週中には何とかしたい・・・。

涼しくなって来ました

このところ雨がちということもありますが、気温が下がって過ごしやすくなりました。
日も短くなって、急に秋の気配が差してきたというところでしょうか。

一方思い返すのは、この夏の暑さです。
本当に暑かったですね。

どなたも、本当に体に応えたようです。
私も、パン屋をやっていながら、黒パンが胃に負担になるという瞬間があって、「あぁ、これではパンが売れないのは無理もない。」と、ため息をついていたものです。

その暑さも去り、この雨が過ぎれば秋晴れの日も度々訪れる良い季節になります。
食欲の秋ですね。

食工房のパンも、皆さまの食卓でいろいろな場面でお役に立てるのかなと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

そして、これから先10月から11月にかけてですが、イベントへの参加も予定しています。
思いがけない場所でお目にかかる機会もあるかも知れません。
今から楽しみにしています。
詳細は、決定次第お知らせいたします。

さて明日と明後日は、食工房は定休日となっております。
お間違えのございませんように。

また雨がちになるようです

昨日と今日の二日間、お天道様の顔が見えてまあまあのお天気でした。
おかげさまで、ご来店のお客さまも少なからずお出でくださいましたし、仕事もはかどりました。

しかしそのお天気も今日までで、明日からしばらくの間また雨がちになるようです。
畑の方は、ここしばらくは急ぐ作業もありませんので、食工房の中の仕事を優先してどんどん片付けています。

クッキー類が、多数在庫切れになっていますので、在庫の回復が目下のところ最優先の課題です。
ありがたいことに、出産祝いの返礼品に食工房の焼き菓子の詰め合わせをオーダーしてくださった方があり、ジンジャークッキーとどろんこクッキーを沢山造ることにもなりましたし。

またカミさんの絵で熨斗をデザインして欲しいとのご依頼もいただきました。
食工房では、こんな仕事も引き受けております。
ご参考までに。