印刷物を出す楽しみ

紙版・飯豊の空の下から・・・
二つ折りの作業をするのも仕事か、それとも仕事じゃないかそれが問題?
いいえ、私には問題ありません。

今日、紙版・飯豊の空の下から・・・ を印刷し、封筒に入れて発送しました。

このところ少しペースが乱れていますが、だいたい毎月一回どのくらいの部数印刷しているかと言うと、何だかんだで400~500部ほどにもなります。

個人宛に封筒に入れて発送しているのは100通程度ですが、お取り引きいただいているお店などに20部くらいずつ配布をお願いしている分が数か所、あとは食工房の店頭からお持ち帰りになる方の分が意外に多くて150~200部以上あります。

インターネットで見ているのでいらないと仰る方も稀にはいらっしゃいますが、実際に紙版をご覧になると欲しくなるみたいです。
初めていらした方が、バックナンバーをあるだけお持ち帰りになることも珍しくありません。

そんな私たちの通信ですから、製作・編集や印刷・製本などの作業は、仕事という側面もありつつ半分は楽しみでもあります。
作業していて一番うれしい気持ちになるのは、刷り上がったものを二つ折りして耳をそろえる時です。

プリンターのコストや紙代がかかりますが、私にはこれが趣味や道楽みたいなものですから、惜しいと思うことはありません。
逆に、皆さまにそのような道楽にお付き合いいただいているので、感謝の気持ちをもってお届け、お渡ししています。

どうぞこれからもよろしくお付き合いください。