降雪、思ったほどでもなく

今日は、初雪と言って良いでしょう、うっすらと雪化粧の朝を迎えました。

本当は、除雪車が出動するくらいの積雪になるかも知れないと思っていましたので、ちょっと拍子抜けの感じもありました。
道路にはもちろん、雪のかけらもありませんでした。

明日にかけても一時雪との予報が出ていますが、大したことはなさそうです。
しかし寒さの方は増して来るようです。

今日もすでに相当な冷え込みで、シュトレンづくりには好適な環境となりました。
次々いただくご注文に間に合わせるべく、目下奮闘中です。

しかしそれでも、もうこの後のご注文は、クリスマス前のお届けは不可能となりました。
年末か来年早々のお届けで良ければ、との条件付きでご注文を受け付けています。

5ヶ月近くも休業したのに、こうして多くの食工房ファンが支えてくださるありがたさを、しみじみと身に染みて味わっております。


「紙版・飯豊の空の下から・・・」№48をご覧いただけます。

IIDE


ただ今、10%割引セール実施中!

shokuko store

堅焼き黒パン・特大

堅焼き黒パン・特大

堅焼き黒パン・大2本分のボリュームです。


堅焼き黒パン・特大

手前の天板は、堅焼き黒パン・大と特大
奥の天板は、小麦丸
特大の大きさがお分かりいただけると思います。


堅焼き黒パン・特大

堅焼き黒パン・特大サイズはいかがですか。


小麦丸

こちらは小麦丸です。
スペルトバージョンではありません。


ライ麦入り角食パン

ライ麦入り角食パン


飯豊山食パン

飯豊山食パン

新しい工房でパン焼きが始まって早や二週間、おかげさまで酵母の調子も上々です。
今日はまた一段とパンの出来が良かったので、備忘録を兼ねてご報告に及ぶ次第です。

パンの出来は、良くも悪くも酵母次第といつも申し上げることですが、今日は特に堅焼き黒パンが良い出来でした。

中でも特大サイズ(通常サイズ二本分)は、香ばしく硬さのある皮と厚みのある中身の食べ応えに、大きな満足感を得られます。
おいしいスープがあれぱ。もう言うことはありません。

パンだからと言って、何も洋風でなくてもいいのです。
豚汁などもいい相性です。

ちなみに堅焼き黒パンは、ライ麦全粒粉を33%、国内産小麦粉67%、そしてキャラウェイシード(スパイス)を入れて焼いています。
生地の発酵は、成形までの一次発酵が3時間余り、成形後30~45分で釜に入れます。

焼きは二度焼きで、25分焼いて一旦外に出し、完全に冷ましてからもう一度25分焼きます。
こうすることで、皮の張りを厚くし中の水分を抜いて、このパン独特の風味と食感が得られます。

それから話が前後しますが、生地の発酵に関しては、ほど良い酸味が出るくらいまで十分に熟度を上げる必要があります。
皮が厚いこと、中の水分が少ないこと、わずかながら酸味を帯びていること、これらの作用により、このパンは特別長持ちします。

時間とともに食感は変化しますが、二週間くらいは十分おいしく食べられます。
日数が経過してすっかり固くなってしまった後でも、蒸し器に入れて蒸すと、柔らかい食感になります。

もちろん焼き立てが一番ですが、二三日後くらいまでは、焼き立てに近い風味と食感をお楽しみいただけます。

日々の食卓の中心に置いていただけるパンとして、自信を持っておすすめいたします。

他にもおすすめしたいパンがいろいろありますが、また別な機会に。


雪が降り始めました。
明日は、真っ白でしょうか。

降雪近し!

天気図

喜多方市の週間天気

ここ数日来、今週末はまとまった降雪がありそうだと、気象情報が伝えています。
いよいよ来るのでしょうか。
雪囲いも、まだの所もあるものの、そこそこ降ってもまあ何とかなりそうな状態ですので、明後日の朝、表が真っ白になっていても驚きません。

それより、店前の広い駐車スペースの除雪が、慣れるまではちょっと大変かも知れません。
機械が揃っているのですが、使うのは何しろ初めての経験です。

手作業用の道具も沢山揃っているので、体力さえ続けば人力でもやってやれないことはありませんが、時間はなさそうです。

昨シーズンのような豪雪にならないことを願います。
雪景色は楽しみですが、積雪は苦労の種でもありますから、まあほどほどに。

一方、雪の日にご来店のお客さまは、ポイントカードの点数を2倍差し上げます。
さあ今週末は、どうなることでしょう。
皆さまのご来店を、お待ちしております。

異様な暖かさの昨日今日

麦ラボ

中島第一圃場のライ麦
たくましく育っています。
越冬も心配することはなさそうです。

麦ラボ

中島第一圃場のライ麦(近影)
冬に備えて、葉を広げた体形になっています。

麦ラボ

中島第二圃場、正面はライ麦、左奥にスペルト小麦が見えています。

麦ラボ

中島第二圃場のライ麦(近影)

麦ラボ

中島第二圃場のスペルト小麦(近影)

温暖化を実感するような、異様な暖かさに包まれた昨日今日、雨も降りましたので麦畑がどうなっているだろうと、今日の午後見に行きました。

少し前、強い霜に当たっていましたが、今日見たところでは寒さに傷めつけられた様子はなく、冬に備えてしっかりと根を張り葉を地面に寝かせるように広げていました。
いかにもしっかりと根付いているように見受けられましたので、とても心強く思われ安心しました。

来年の収穫が楽しみになりました。
自前の麦でパンを焼く日が、単なる夢ではないと思えるようになって、ますますやる気が出そうです。

おいしいパンが焼けます。
おいしいパンを焼きます。

さて、明日はまた営業日です。
パンを焼いて、皆さまのご来店をお待ちしています。

ではでは。

明日と明後日は定休日

ええっ!もう一週間過ぎたってことですか?
営業再開からもう10日も経ったわけですか・・・。

確かにすごく中身の濃い毎日だったような気がしますが、早過ぎます。
感覚が追い付いていません。

この分では、年末があっという間にやって来て今年もおしまい、そして正月になりそうです。
本当に今年はいろいろあり過ぎです。
そしてあれもこれも終わらないうちに、時間だけが来年になるのでしょうか。

とりあえず明日と明後日は定休日でお休みです。
本当は今夜は食工房の営業の一週間の週末なのに、ちっともくつろげない気分に戸惑っている私です。

シュトレン60個

営業再開が遅れたせいで、今年はシュトレンの製造のスタートも大幅に遅れました。
先週からスタートしたものの、すでに在庫は30個以下です。
今日は増量レシピで、今までの54個にプラス6個で60個焼きました。
これまで8取りサイズの天板9枚に2個ずつ並べて、一釜18個を3回戦で54個でした。
今度からドゥコンディショナーの仕様に合わせてフランスサイズの天板を使うことにしましたので、こちらは1枚に4個ずつ並べられてそれが5枚入りますから、一釜20個で3回戦となり60個造ることが出来たわけです。
それを来週と再来週までやって、先週分(36個)と合わせて200個余りが今年の製造数です。
もうほとんどご予約いただいた分でいっぱいです。
あとは、お届けが年末か来年でもよろしければ、追加製造して対応出来ると思います。
もっと早く再開出来ていれば・・・というところですが、一方11月前半は暖かくてシュトレンの製造が難しい状況にありましたから、どの道結果は同じだったかも知れません。
今のところ、小数であればご注文を受けられるかも知れませんので、ご用の方はとりあえずお問い合わせください。


ご来店感謝

今日も三々五々ご来店のお客さまがお見えになりました。
新装開店が一つの大きなきっかけになっているのだと思いますが、これまでおなじみの常連のお客さまに加えて、初めてお出でくださる方も少なくありません。
辺鄙な場所ではありますが、わざわざお出でいただく価値のある商品やサービスを提供出来るよう、今後ますます努力して行く所存です。

スペルト小麦丸

スペルト小麦

スペルト小麦全粒粉50%で焼いた小麦丸です。

スペルト小麦

見た目では、通常の小麦丸とほとんど変わりありません。

食工房

商品棚にパンが並んでこそパン屋です。
でもお花もいいですね。

食工房

振り返って反対側はレジ台です。
上にはコーヒー豆とカリーマサラなどを並べました。

食工房の自前の圃場で取れたスペルト小麦、大方は種取りに回しましたが、わずかでも実際に使ってみたいと思い、1㎏だけでしたが精麦して全粒粉に挽いておきました。
今日は、それを使って小麦丸を焼いてみました。

自分で作付けしたスペルト小麦、それを使ってパンを焼くのは、多分福島県の中でも食工房だけなのではないかと思います。
この秋、そこそこの面積でスペルト小麦を作付けしていますので、いずれ小麦丸はスペルト小麦が定番になる計画です。
今日はその先駆けというわけです。

今日は、たった4個しか焼けなくて、そのうち1個は試食用にその後1個売れましたので、残り2個です。
興味が湧いた方、ぜひご来店ください。
試食出来ます。

明日は私、シュトレン焼きで忙しくしていますが、カミさんがお相手すると思います。
皆さまのご来店、お待ちしております。

寒さに向かうようです

昨日は、時折小雨の降るどんよりとした曇り空でしたが、一方寒さを感じませんでした。

今日は風向きが変わって、どんどん気温が下がり寒さに向かうようです。
そろそろ雪も降って来るのではないかと思っています。

万全な支度が出来たわけではありませんが、降るなら仕方がないと、妙に落ち着いた気分になっています。

シュトレンづくりのためには、寒い方がいいに決まっていますし・・・。

今度の冬は、新しい住まいで迎える初めての冬になります。
まあ一言で言えば、今までに比べて格段に行き届いた住宅の中で、暖かく過ごせるということです。

除雪のための機械も揃っています。
ただただ、もう、ありがたい・・・!

良い仕事をして、この計らいにご恩返しをしたいと思います。

暖かい雨模様

食工房

木の切れ端で作った小さなパン屋さんが店開きしています。
店の中のどこかに置いてあります。
見つけてくださいね。

冷たい雨が降って気温が下がるかと思っていましたが、案外暖かく、この季節とは思えません。
明後日あたり、雪の予報が出ていたのですが、今日の予報ではそれが消えて雨になっていました。
やはり暖冬でしょうか。
正直、助かります。

さて今日は、定休日とは言え、明日に備えて仕込みにかかっています。
コーヒー焙煎もやりました。

いつもならシュトレンの出荷も始まり忙しさも加速する時期ですが、今年はシュトレンの製造は始まったばかりで、出荷はまだ少し先です。
でも、お問い合わせやご注文を、次々いただいています。

もう間もなく、予約受け付けを締め切らなくてはならない数に近づきました。
ご用の方は、お急ぎください。

明日はまたパンを焼いて、皆さまのご来店をお待ちしております。

改めて、コーヒーがうまい!

自分で焙煎したコーヒーを飲める幸せ、毎日実感しています。
毎回違う銘柄やブレンドを楽しんでいます。

コーヒー焙煎は副業ですが、仮にパン屋を止めることがあったとしても、コーヒー焙煎は止めないと思います。

と言うか、バカな話をしてますね。
パン屋だって止めませんよ!

おいしいパンとおいしいコーヒーは、私の大切な燃料ですから。
これ以外で、日々の活力は得られません。

今日は定休日で商売はお休みでしたが、仕事はしていました。

昨日焼いたシュトレンの仕上げ工程を朝一番に済ませて、それから旧宅の片づけに行きました。
そしてお世話になった旧宅に、最後の雪囲いを設置しました。

あとまだ一部残っているものもあり、まだもう一回か二回片付けに行かなくてはなりませんが、とりあえずこれで一区切り付きました。

夕方遅くまで忙しくしましたが、気分は上々です。

明日は、私はコーヒー焙煎です。