月別アーカイブ: 2019年12月

この一年のご愛顧に感謝

本日をもちまして、本年の営業を終了いたしました。
この一年間の皆さまからのご愛顧に、心より厚く御礼申し上げます。
そしてまた来年も、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

明日12月29日より来年1月10日まで、休業いたします。
少々長い休業になりますが、この間に棚卸や作業場の清掃整備などに時間をかける予定です。
ご迷惑をかける場合もあるかも知れませんが、悪しからずご了承くださいませ。

お休みの間に、「紙版・飯豊の空の下から・・・ 」も発行の予定です。
ただ今、いろいろと新年の企画を考えているところです。
どうぞお楽しみに。

さて、これでやっと一息付けそうと思っていましたが、明日一回だけスコーンを焼くことになりました。
お取引先で売り切れになったそうなので、ここはご注文にお応えするしかありません。

しかし、ありがたいですね。
その後は、本当に休めそうです。

最後に、皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。

明日は、最終営業日です

明日12月28日(土)、年内最終営業日です。
いつもの土曜日と同じくパンを焼きます。

午後には、全てのメニューが焼き上がっているはずです。
ただし、店売り分はあまり沢山はありませんので、ご了承ください。

シュトレンは、あと1本になりました。
明日完売にならない場合は、賞味期限いっぱいまで保存テスト用サンプルとして取り置きます。
販売は、明日までです。

ここまで来て、さすがに疲れを感じています。
明日が終わったら、一息つきます。

その前に、先ずは明日のパン焼きに注力いたします。

皆さまのご来店をお待ちしております。

今日のパン焼き、そして

今日のパン焼きも、良い出来でした。
酵母が、本当にいい仕事をしてくれました。
この流れで、明後日のパン焼きもうまく行くと思います。

でもその後、年末年始休業でパン焼きはお休みするのです。
その間の管理をどうするかが、大問題です。

いつものように決まった間隔でパンを焼き続けるのが一番良いメンテナンスなのですから、では休業中も自家用分くらいと思ってパンを焼きますか・・・となると、実質年中無休になってしまいます。

尤も、酵母菌はパンを焼く焼かないに関係なく、年中無休で発酵し続けているのですよね。
そこはもう、ギリギリ最低量で更新し続けるしかありませんね。
微生物と言えど、まさに生き物を飼っているわけですから、その意味では休みなしで面倒見なくてはならないと言うことなんですね。

まあでも、ちっとも嫌気は差していません。
歳のせいでしょうか、いつも家に居るのが一番だと思うようになりましたので。

さてさて、あと二日です。
最後の最後まで、よろしくお願いいたします。

あと三日

明日はまたいつものように、定休日明け木曜日のパン焼きです。
そして明日、明後日、明々後日まで三日間がんばれば、今年の営業は終了です。
終わったら、とりあえず一息つきたいと思います。

今日までに、日頃お世話になっている近所の方々や、また業者さんや親類縁者の人たちに、シュトレンを届けたり発送したり、ほぼ全て終えることが出来ました。

一方店の営業の収支は、まあ何とか・・・というところ、借り入れの返済だけは遅滞なく進めることが出来ました。

それもこれも、皆さま方のご愛顧のおかげと、厚く厚く感謝申し上げます。
来年は、物心両面共にもう少しだけ余裕を持って、仕事に生活に臨みたいと思っています。

さあ、何はともあれ、あと三日です。
ちょっと疲れも出て来ましたが、少し落ち着いて満足感に浸りながら仕事が出来そうです。
皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

28日で年内営業を終了します

残すところ今週いっぱいとなりました。
28日(土)が年内最終営業日です。

移転新装開店一周年記念のプレミアムポイント付与も、年内で終了となります。
無条件で15ポイントは結構大きい特典ですから、まだの方はこの機会をお見逃しなく年内にご来店ください。

それからシュトレンの残数ですが、あと3個となりました。
先着順で売れ切れ次第終了となります。

パン焼きは、明後日木曜日と最終土曜日の二回です。
最終土曜日のパン焼きは数量限定しますので、確実にご入用の方はご注文を入れてください。

来年は、棚卸や作業場整備のため10日まで休みますので、営業再開は11日(土)からになります。
ご迷惑をかけることもあるかと思いますが、どうぞご了承ください。

明日は、コーヒー焙煎もやります。
このところ、コーヒー焙煎もご注文いただいた分で精一杯ですので、店頭販売分はわずかしかありません。
こちらも、前もってご注文いただいた方が確実です。

いろいろ勝手を申しますが、よろしくお願いいたします。

大麦コーヒー、ペーパードリップでも

大麦コーヒー

大麦コーヒー抽出中


大麦コーヒー

見た目では、コーヒーと全く判別が出来ません。


大麦コーヒー

ペパーフィルターをお湯で湿らせてからセットします。


大麦コーヒー

香りと味わいを十分引き出すために、ゆっくり時間をかけて抽出してください。
そして、最後の一滴まで落とします。


大麦コーヒー

粉の分量は、1.5杯につきメジャースプーン1杯です。


大麦コーヒー

ミルクを同量加えて、カフェオレ(ムギ・オ・レですが)にしました。

大麦コーヒーを開発した時、抽出の際の吸水が良くないようでしたので、ペパードリップはおすすめしない方向でプロモーションして来ました。
しかしやはり、フレンチプレスやマキネッタは認知度が低く、それがネックになって今一つ注目していただけませんでした。

そこで焙煎の仕方や粉に挽く時にちょっとした工夫をして、吸水が良くなるように計らいました。
その結果、ペーパードリップでも十分濃い抽出液が得られるようになりました。

今日、その結果をご紹介するために、写真撮影をしましたのでご覧ください。

抽出の際の注意点として、ゆっくり時間をかけること。
(コーヒーのように3分間セオリーにこだわらなくてかまいません。)
コーヒーと違って、最後の一滴まで落としてください。

これで大麦コーヒーは、ペーパードリップでも、サイフォンでも、もちろんフレンチプレスでも、マキネッタでも、どんなコーヒー器具でも抽出が出来るようになりました。

味わいが深炒りコーヒーと大変良く似ていますので、ミルクとの相性が抜群です。
カフェオレやカフェラテにすると、その特長が際立ちますので、ぜひお試しください。
ちなみに、大麦コーヒーは、ノンカフェインです。

大麦コーヒー

大麦コーヒー 200g(約40杯分) 1200円
★ノンカフェインです!

冬至

食工房

燃える炎の明かりは、電灯とは根本的に何かが違う気がします。
いつまで眺めていても、飽きることがありません。

今日は、冬至です。
一年の中で一番日が短い日です。

明日からまた少しずつ日が長くなって行きます。
夜の長い北国では、冬至は明日からまたお日さまが帰ってくる日ということで、お祝いをするのですね。

山暮らしをしていた頃、家では焚火をして盛大に周りを明るくし、外で火にあたりながら飲み食いするなんてこともやっていました。

今日は、本当は畑の隅で焚火をしたかったけれど、仕事が忙しかったし、昨夜の雨で何もかも湿気ていましたし、代わりにランタンに火を灯して店の前にかけました。

燃える炎の明かりは、何かとても心を癒す力がありますね。
そのせいだか、いつまで眺めていても飽きが来ないと言うより、虜になってしまいます。

LEDは明るいし省エネだし、それはそれで素晴らしいかも知れませんが、やっぱり何かが欠けているような気がするのは私だけでしょうか・・・。

ライトアップは、好きじゃありません。
木々の枝をくぐり抜けて来る月明りや星の瞬きに心震わす私です。

あとは、柚子風呂に入ります。

明日はシュトレンに新しい試み

営業用のシュトレンの製造は、実はすでに終わっています。
明日もう一回時間を取って、シュトレンの新バージョンを試作します。

と言っても、内容はほとんど変わりません。
新しい試みと言うのは、小麦粉に全粒粉を混ぜることです。

ライ麦全粒粉とスペルト小麦全粒粉をそれぞれ10%ほど混ぜた生地を用意します。
具材などのレシピは変更ありません。
全粒粉が入ることで、ベースになるパンの部分がどのくらい味わい深くなるか、そこが肝です。

良い結果が出れば、来年のシュトレンは全粒粉入りにしたいと思っています。
否、そのくらいに勝算はあるのです。

明日焼いて明後日仕上げをして、その後一週間くらい置いてから試食ですから、最終営業日の28日か29日になるかも知れませんが、その頃に店頭にて試食をしていただけると思います。

ところでこの二三週、右肩上がりに酵母の発酵が良くなって来ています。
今日は、焼き上がったパンから果物のような香りがしていました。
いらしたお客さまも、店に入った途端いいにおいがすると、殊更のように仰いましたから、間違いありません。

この状態を如何に維持するか、それが重要ですが、とてもとても難しいのです。
季節要因もありますし、未だ理解の及んでいない要素も絡んでいるかも知れません。
しかしとにかく、今が最高と言える状態です。

生協納品で峠を越えます

明日と明後日の二日間で、コープあいづさん各店にシュトレンとスコーンを納品します。
それが終われば、今年の大きな仕事は終わりです。

あとは、小口の個人向け発送と店売り、そしてお付き合いいただいている業者さんへの年内最後の納品と出荷が数件、これで今年の業務終了となります。

一応28日まで営業で29日から休みと思っていますが、29日が日曜日なので店を開けるだけ開けてもいいかなと考えているところです。

昨年の移転から今年にかけての一年余りは、本当に余裕がありませんでしたので、今頃になってやっと我に返りつつあります。

走ってばかりいないで、落ち着いて周りを見ながら歩くことも必要です。
来年はそれが出来る年にしたいです。

そのためにも、今年の最後の締めはしっかりとしておきたいですね。
もうひとがんばりです。

忙しさもこれがピーク

今週が年末の忙しさのピークです。
シュトレンのお引き渡し、発送、納品が概ね今週中に終了します。
その他のご注文品も、同様です。

その後は、少しペースを落として、年内最終日まで営業です。
最後まで体調を崩さないよう、注意を払いながらがんばります。
インフルエンザが流行っているようですから。

明日はまたパン焼きの木曜日です。
酵母のいい状態が続いてくれているので、パンの出来も安定して良好です。

中でも一番うまくはまっているのが堅焼き黒パンです。
これが焼き上がるのは、午後になります。
二度焼きしますので。

その他、食パン、ロールパン、シナモンロール、あんぱん等々、お昼前後にかけて次々焼き上げて、皆さまのご来店をお待ちしております。