投稿者「MIKIO AOKI」のアーカイブ

古いパソコンのメンテナンス

家には現在、7台のパソコンがあります。
一番古いのは、2007年頃に買ったDELL製のVostro1000ノートPCです。
以降、最新2018年導入のデスクトップPCまで、そして娘二人が持っているものも合わせて合計7台になります。

古いものは現役を引退していますが、それでも私の趣味ですべて使用可能な状態にしてあります。
その中で、一番古いのと二番目に古いのをメンテナンスして、少しでも良好に動作するようメンテナンスしました。

これまでに何度かレポートしていますが、その古い機種でもすべてWindows10で動きます。
最初は、WindowsXPだったモデルです。
当然のことながら、Windows10では軽快に動くとは言い難いですが、インターネット閲覧は出来ますし、動画も高画質フルスクリーンでなければ十分再生します。

目下のお役目は、作業場でBGMを鳴らすための音源です。
音楽再生もCDは沢山ありますが、一々入れ替えるのが面倒ですから、結局すべてパソコンに取り込んでおけば、そこからいくらでも長時間連続再生が可能というわけです。
パン生地に触ったりした手では、CDなんか触れませんからね。

明日も、お気に入りの音楽を聴きながら作業していると思います。
パン生地のためにもいいかも知れません。
おいしいパンを焼いて、皆さまのお越しをお待ちしております。


「紙版・飯豊の空の下から・・・」No.73 2023年1月号をご覧いただけます。

IIDE


★馬路村の柚子ジャムと柚子マーマレードが買えるようになりました。

shokuko store

明日もよろしくお願いいたします。

昨日と今日の定休日が終わり、明日はまた営業日に戻ります。
いつも通り、パンを焼きます。

明日は、久しぶりに多めの仕込みとなりました。
喜多方市内の保育園のご注文で、レーズンロールパンを沢山焼いてお届けします。
その他通販のご注文も沢山いただきました。

皆さま、ありがとうございます。
もちろん店頭販売用の分もちゃんとご用意いたしますので、ご来店よろしくお願いいたします。

暖かくなって、畑の作業も始まり、忙しくなって来ました。
かと言って浮足立たず、一つ一つ確実にこなして行く所存です。

花粉症ではないのですが

私、花粉症の自覚は全くありません。

世の中にはこの季節、杉花粉の飛散に戦々恐々としている中、平気でいられるというのはありがたいことです。

しかし何事もないかというとそうではありません。
例えば粉塵が舞う中に長時間いた時のように、鼻が詰まったり喉に痰が絡んだり、あるいは息苦しい感じがしたりということは、時々あるのですね。

そして昨日も今日も暖かく良いお天気で、杉の花粉が黄色い霧のように舞い上がってあたりに広がって行くのが目にも見えるような状況です。

こうなると、さすがの私でも呼吸器全体に凄いストレスがかかっているのが分かります。
マスクをしていれば少しは違うのかも知れませんが、もはや暑いくらいの陽気ですから、人もいないようなところではマスクはつい外してしまいます。

これがいけないのですね。
頭もボーっとして来るし、ここ当分花粉症の方ほどでないにせよ、悩まなくてはなりません。

明日も快晴で暖かい一日になる予報です。

小麦サラダ

小麦サラダの素

小麦サラダ 
茹でたスペルト小麦、ブロッコリー、パプリカ、たまねぎ、ミニトマト、むきエビ、オリーブ、ケパー、ミニトマト
ドレッシングは、バルサミコとオリーブ油、アンチョビーをミキシング あと胡椒を少し


小麦サラダ

食べて見た感じは、イタリアン五目寿司って感じ。
けっこうお腹が膨らみます。


小麦サラダ

今夜の食事
小麦サラダ、堅焼き黒パン、鯛のソテー、たまねぎバター炒め、ミントティー


小麦サラダの素

スペルト小麦を半精麦したもの
イタリアでは「ファッロ」と呼ばれ、茹でてサラダの具材として書されるそう。

食工房ではスペルト小麦を作付けし、パン用に使い切れないくらいの量を収穫しました。

昨年は、古代小麦麺をつくってご好評をいただきましたが、スペルト小麦の地元イタリアでは、半精麦したものを「ファッロ」と呼び、茹でてサラダにして食べるそうです。

もちろんサラダ以外にも食べ方はいろいろあるはずですが、まだよく調べていませんので・・・。
そこで、今回小麦のサラダを試してみました。
レシピは、ネット上で漁り、これはイケそうと思うものをとりあえず一つ選びました。

で、スペルト小麦の茹で加減ですが、アルデンテ(固ゆで)と指定されています。
しかしスペルト小麦の甘さや香りが出、またある程度食べやすい食感を得るためには、大方のレシピに紹介されているような15分程度のゆで時間では不足です。
20倍程度の水で、30分間茹でてやっといいい感じになりました。
あるいは、1時間くらい水に浸しておいてから茹でれば、15分でもOKでしょうか。

ゆで汁をざるでこして使いますので、落としたゆで汁は残しておいてスープベースなどにします。
コンソメキューブを放り込んで、パセリを浮かせ、コショウを一振りすれば、上等なスープが出来ます。

今日の小麦サラダの具材は、茹でたスペルト小麦、同じく茹でたブロッコリーとむきエビ、パプリカ、たまねぎ、ミニトマト、オリーブ(瓶詰め品)、ケパー(酢漬け)など。
ドレッシングは、バルサミコ(ワインビネガー)とオリーブを等量、アンチョビーを加えてミキサーで高速攪拌して調製したもの。
仕上げに、胡椒を一振りしています。

食べてみると分かりますが、スペルト小麦は茹でたとうもろこしと似ていて、プチプチとした食感で結構お腹が膨らみます。
何と言うか、イタリア風五目寿司という感じです。
でも、なかなか面白い味わいです。
クセになってしまうかも知れません。

食工房では、この後この半精麦スペルト小麦を、「小麦サラダの素」として新発売する予定です。

じきにお目見えしますので、お楽しみに。

昨日のETV特集

昨日のETV特集、ご覧になった方も多いかと思います。
食工房がどんな協力をしたかについて種明かしをしておきます。

番組前半の再現ドラマ映像の中で、農民が袋から麦を手で掬い取る場面がありました。
あの麦の粒は、食工房が提供いたしました。

袋から掬い取る場面だと聞かされていましたので、ある程度ボリュームが無いと絵にならないと考え、10㎏ほど送りました。
そして撮影が済んだ後、送り返していただきました。
というわけで、登場したのは我が圃場で収穫した麦(デュラム小麦原穀)でした。

それはそれとして、番組の作品としての内容は素晴らしかったと思います。
この日本に長年暮らす実在のウクライナ人の家族が登場して実話を語ることは、真実に迫る力があったと思います。

中でも、ソフィヤさんが冒頭に語っていた、「何も楽しめなくなった・・・」との一言に胸が詰まりました。
実は、私もこの一年いつもそんな感じがしていました。
あんまりいろいろ楽しいことをしたいと思わなかったのです。

訴えんとするテーマが、とてもよく伝わる内容だったと思います。

ほんの一瞬のシーンではありましたが、食工房も一つの関りを持てたことをとても誇りに思っています。

この後、世界はこのウクライナ戦争にどのような結論を導くのか、しっかりと見届けて行きたいと思います。

今夜は夜更かし

画像クリックで番組のホームページへ

今朝午前3時に起きた私ですが、今夜はETV特集をみるために日付が変わる時間まで起きていることになります。
ちょうど今頃、急速に眠くなって来ました。
当然と言えば当然ですが、体を動かすなどして目を覚まそうと思っています。

一方、本日もパンの出来は上々でした。
このところ、パンの出来にも安定感が出て来ました。
酵母の管理、生地の管理をより厳格にしているからだと思います。

経験と勘も大切な時はありますが、ベースとしてきっちりと計量計測管理を実行していれば、ミスが無くなります。
ただそれだけのことに気が付くのに、何年かかったのでしょう・・・?
いやいや、これからもただただ真面目にやることですね。

明日も、ご来店、お待ちしております。

明日は寒い一日に

明日土曜日は、雪または雨模様の寒い一日になる模様です。
あいにくのお天気ですね。
もっとも、食工房はいつもどおりパンを焼いて、皆さまのご来店をお待ちしております。

ふり返って見ると、この仕事も長くなりました。
来年は、いよいよ開店20周年となります。

年明け早々の記念日を迎えることになりますで、今年のうちから何か記念事業を準備しようと思っています。
何が出来るかまだ分かりませんが、多くの方々に喜んでいただき、そして食工房の今後に期待していただけるような提案が出来たらいいなと思っています。

娘たちのがんばりにも期待したいと思います。
今後とも、よろしくお願いいたします。

食工房

食工房 開店一年半2005年6月頃

春めいた一日、ご来店御礼

ワインケーキ

Kitchen Aid ハンドミキサーを新調


ワインケーキ

余熱があるうちに、ワインをスプレーします。

一昨日、昨日に続いて今日も暖かい日でした。
パンも順調に焼き上がりました。

で、それを待っていたかのようにお客さまがいらっしゃいました。
あんこが熱々の焼き立てあんパンをお買い上げいただきました。

その後、温泉客の団体さんが乗った送迎バスがやって来ました。
中のお一人が、食工房の常連さんでした。
何とまぁ、ありがたいお計らい・・・。

そして夕方になると、一転してお天気が変わり、冷たい雨混じりの風が吹きつけて来ました。

いろいろありましたが、パン焼きの後にワインケーキも焼いたりして、仕事量の多い一日でした。

いやしかし、ありがたい、ありがたい一日でした。

パンを焼きます

昨日と今日、暖かい日が続いています。

昨日は、大きな木の伐採を計画していましたが、風が強かったので中止しました。
代わりに、圃場周りの細々とした整備に時間を費やしました。

それから一部ですが雪囲いも外しました。
思い出して見ると、昨年よりはずいぶん早いのですね。

それだけ雪融けが早く、もう春がやって来たという実感があります。
明日もさらに暖かい一日になるようです。

明日は、定休日明けの木曜日、パンを焼きます。

雪が解けて暖かい日が続くようになったせいでしょう、ひと頃よりはご来店のお客さまが増えたような気がします。

今週末からは、この近くの沼の平地区で「福寿草まつり」も始まります。
例年多くの観光客が訪れる有名なイベントになりましたから、食工房に立ち寄ってくださるお客さまもそれなりに多くなることを期待しています。

何はともあれ、明日も皆さまのご来店をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

ソフィヤ 百年の記憶

画像クリックで番組のホームページへ

先日一度ご案内申し上げましたが、件のETV特集が今週末3/18(土)午後11:00 放送されます。
番組のホームページでは、今予告の動画も見られます。

ウクライナの歴史に触れながら、今起こっている戦争を考える内容になっています。
重い中身になっていると思いますが、ぜひとも多くの方にご覧いただきたいと思っています。

このところ戦況もますます激しく厳しくなって来ているウクライナの現状です。
まだまだ本当の春は遠いのかも知れません。
支援を続ける所存です。