投稿者「MIKIO AOKI」のアーカイブ

ライ麦、まだ早い

すっかり枯れ色になって気も焦るライ麦の様子でしたが、改めてよく観察して見ればまだまだ粒が軟らかく、収穫作業には早過ぎるとの結論に達しました。

このところの晴天続きで強い日差しに焼かれ、表面だけが日焼けして色付いたということのようです。

茎はまだ水分を吸い上げており、活動を停止していない様子です。
これでは実も硬くなることが出来ません。
と言うか、まだ仕上がっていないと言うことなのですね。

この後雨が降ることが分かっていましたから、今日がチャンスと気が逸りましたが、そうは問屋が卸しませんでした。
台風もやって来ることですし、もう一度雨風に晒されることは避けられなくなりましたが、ここは腹を括って時を待つことにしました。

それにしても、麦作りに限らず農作業は、毎年毎年違う状況に対応しなければならないことを思い知らされますね。
そしてその経験の一部始終を記憶記録して決して忘れず、どんな状況にも対応出来るように備えて行く賢さが是非とも必要です。

そんなわけで、雨の予報も出ている明日は、食工房の製造仕事にしっかり打ち込むことになりました。


「紙版・飯豊の空の下から・・・」No.69 2022年4月号をご覧いただけます。

IIDE


★馬路村の柚子ジャムと柚子マーマレードが買えるようになりました。

shokuko store

猛暑続く中、南部小麦の脱穀

食工房

店の前にテントを張りました。
ちょっと一休みして行ってください。
冷たい飲み物など差し上げます。


食工房

すぐお隣の農家さんが生産しているキュウリを売っています。


食工房

4本1袋で100円
こんなに安くても、品物は極上です。


食工房

ソーラー電源でスマホの充電が出来ます。
ただし、急速充電は出来ません。


麦ラボ

定点観測220702
ライ麦は、収穫期になりました。
スペルト小麦も、もう間もなく収穫です。


麦ラボ

中島第2圃場(ライ麦)と第3圃場(スペルト小麦)


麦ラボ

ライ麦近影


スペルト小麦近影


麦ラボ

中島第2圃場(ライ麦)
お天気に恵まれて、良い収穫になりそうです。


麦ラボ

ライ麦近影

暑い暑いと言っていても始まりませんので、気分を変えようと店の前にテントを設営しました。

日陰は、それなりに涼しく感じられます。
冷たい飲み物も用意いたします。

また地元の農家さんの野菜も販売いたします。
手始めは、すぐお隣の農家さんのキュウリです。
すごく安い値段を付けていますが、品物は一級品です。
請け合います!
そのうちに他の野菜も何か出て来ると思います。

それからソーラー電源からスマホの充電が出来るように、テントわきに用意しました。
誰でもご自由に使えます。

さて本日は午後から、炎天下にて南部小麦の脱穀作業をしました。
麦畑は、明日以降しばらくの間、収穫作業が続きます。

梅雨明けの真っ青な空と新緑、そして麦畑の黄金色また白銀色、美しくまためでたいこの眺めに癒されまた力づけられつつ、収穫作業が続きます。

猛暑続く

全国的に連日の猛暑、今日は関東で40℃を超えた地点が数ヶ所ありました。
会津も暑かったです。

尤も、パン屋の作業場は、時間によっては室温が40℃を超えることも珍しくありませんので、それがどんな暑さなのか実感はあるのですね。

で、そんなに室温が高くなると、パン生地も保温ではなく冷却維持で管理するようになります。
最近は、低温発酵で風味を増すのが定番の手法になりましたからなおさらです。

高いのは室温だけではなく、水道水の温度も例外ではありません。
パン生地をこねるにも、わざわざぬるま湯を作る必要もなく、水道水そのままでもいいくらいです。
パンの種類によっては、氷を入れて水温を調節することもあります。

年中一定した品質の製品をつくるためには、夏と冬では対応が全く逆のことも多々あるのですね。

そんなわけで、明日もいつも通りにパンが焼ける手はずです。

ま、猛暑で、パンに食欲が向かないかも知れませんが、皆さまのご来店をお待ちしております。

ネットショップの価格改定完了

ただ今、食工房オンラインストアとクリーマの価格設定を更新いたしました。
厳密にいえば、7月1日にならないうちに新価格になるので申し訳ないのですが、夜中の日付が変わるまで起きているわけにはまいりませんので、どうぞ悪しからずご了承ください。
とり急ぎ、本日はこれまで。

古代小麦麺、新発売

麦ラボ

古代小麦麺 500g1袋 5食分 580円にて新発売


麦ラボ

お子さまも安心して召し上がれます。
離乳食にもおすすめです。

件の古代小麦麺を、本日、新発売いたしました。
食工房オンラインストアにて、すでにご購入可能となっております。

店頭は、本日は定休日のため、明日の営業再開から売り出しとなります。

500g1袋(5食分) 580円です。
スペルト小麦を使った製品としては、破格のあり得ない価格でのご提供です。

これは、昨年産のスペルト小麦が使い切れずに残りそうな状況であること、その上今年はさらに豊作が見込める状況となったことなどによります。

スペルト小麦全粒粉の販売も行っておりますが、こちらの価格も値下げすることを検討中です。

いずれにしても、豊作はありがたいですね。
電気柵の設置ももちろん利いています。

そんなこんなで、明日はまたパン焼きの木曜日、蒸し暑い一日になりそうですが降雨の予想はありません。

皆さまのご来店を、心よりお待ちしております。

南部小麦の刈り取り終了

麦ラボ

中島第4圃場 南部小麦の収穫作業中


麦ラボ

中島第4圃場 南部小麦刈り取り終了


麦ラボ

中島第5圃場(試験栽培区) デュラム系古代小麦の種の保存更新中


麦ラボ

中島第5圃場(試験栽培区)にて種の保存更新中
デュラム系古代小麦(古代ペルシャ由来と言われる)

一昨日の夜半から昨日一日、そして今日の早朝未明の頃まで、断続的ではありましたがずっと大雨でした。
否もう、麦にとっては最悪と言えるこの時期の豪雨の襲来に、成す術もなくため息の時間が過ぎました。

しかし今日になって朝から晴れ上がった空の下、意外にも麦たちは持ち堪えていました。
南部小麦は、降雨の最中は圃場に水が溜まるほど浸水しましたが、今朝には水が引いていました。
水はけを良くするための土壌改良の効果が、それなりにあったようです。

しかし、こんな雨がまた襲って来ないとも限りませんから、定休日の今日、刈り取り作業を決行しました。

穂は、完熟までにはまだ時間があるようでしたから、刈り取った麦はバザにかけて追熟自然乾燥の工程を取ることにしました。

実は、この方が理想的です。
この後、頃合いを見て脱穀します。

刈り取り作業中から分かりましたが、昨年に比べて株や穂の密度が断然濃く、当然重量もありました。
まず豊作は間違いありません。
品質も、良いものが得られると思っています。

そこで今年は、この南部小麦を小麦麺にするだけでなく、半分くらいは粉の状態で受け取って、地粉角食パンなどパンづくりに活用するつもりです。

100%自家産の小麦で食パンを焼いて販売するのが、私の長年の夢でしたから、それが今年は限定数ではありますが叶うことになりそうです。
どうぞご期待ください。


麦ラボ

古代小麦麺(スペルト小麦のうどん)
長時間ゆでても煮くずれることなく、モチモチとした食感が心地良い。
もちろん、風味絶佳です。

さて本日のもう一つのトピックは、古代小麦麺です。
今日こそはと、写真を撮りました。

このスペルト小麦100%のうどん、名付けて「古代小麦麺」は、いくつかの優れた特徴があります。

まず、食感です。
長時間ゆでても煮くずれませんから、わざわざ時間をかけて軟らかめにゆで上げます。

すると他の麺には無い、モチモチとした食感が得られます。
十分なコシがあってしかも滑らか、そしてモチモチなのです。

もちろん、スペルト小麦ならではの風味の良さも生きています。
何と言っても、味わいがいい!のです。

こうまで申し上げるからには、早く売り出さなくてはいけませんね。
着々と準備しています。
近日中に発売となります。

いよいよ、値上げのお願いです

6月の内からすでにお伝えしていましたが、いよいよ7月1日より、商品価格を値上げ改定させていただきます。
全品目平均で約10%の値上げとなります。

各品目についての詳細は、一覧表をpdfファイルにて用意しましたのでご覧ください。
ダウンロード、印刷も可能です。
価格改定一覧表2207
※一覧表は、定番品でないもの、限定商品、季節商品などすべてを含みます。

なお、オンラインストアの価格を切り替えるため、6月30日の夜はご注文が出来ない時間帯が生じます。
予めご承知ください。

また、送料無料となるお買い上げ金額も10%増額となります。併せてご了承ください。
送料そのものについては、今のところ値上げの予定はありません。

さて、もう一つお知らせです。
明日と明後日は、食工房は定休日となっております。
お間違えのございませんよう、よろしくお願いいたします。

一日二回、麦を見に行く

麦ラボ

中島第4圃場 南部小麦
今年は、ここが一番乗りで刈り取りとなりそうです。


麦ラボ

南部小麦
一日二回、穂から外して観察します。
毎日、刻々と状態が変化して行きます。
最適な刈り取りのタイミングを掴むために欠かせない重要な観察です。


麦ラボ

となりの水田の稲の新緑とのコントラストが印象的です。
まわりの山も、燃えるような新緑に覆われています。
麦畑だけが、秋を迎えたような情景を見せてくれます。
曰く「麦秋」です。


麦ラボ

定点観測220626
ライ麦は、すっかり色が変わりました。
スペルト小麦も、少し色が変化し始めています。

雨の予報はないのですが、突然予報になかった雨が降ります。

麦畑(中島第4圃場の南部小麦)の様子を見に、朝夕一日二回必ず行きます。
麦の粒を数粒、穂から外して掌にのせて観察します。

また、家に持ち帰って、カッターナイフで切って断面を出し、内部の充実度を見ます。
この観察により、タンパク質の定着の度合いも分かります。
刈り取りまで、あと少しです。

バインダーで刈ってハザがけして追熟+天日乾燥するか、ギリギリのタイミングまで追い込んでコンバインで収穫するか、判断が分かれる局面です。

コンバインで収穫する方がはるかに手間が省けますが、もしもお天気に恵まれなくて刈り遅れることにでもなれば最悪ですから、毎日毎時、インターネットで気象情報を見ています。

今は、リアルタイム雨雲レーダ画像を見られるので、一時間後の雨を正確に予測することが可能です。

明日か、明後日か・・・、食工房の仕事をしながら、ジリジリとした気分を味わう昨日今日です。

古代小麦麺

先日製麺屋さんに加工依頼しておいたスペルト小麦ですが、今日、乾麺になって届きました。

スペルト小麦も、見た目は普通の小麦とそんなに変わっているわけではありませんから、出来上がった乾麺も南部小麦の乾麺と比べて、若干色が濃いかなという程度の違いです。

ところが、ゆで上げて食べてみると、まずモチモチとした食感に驚かされました。
今までに味わったことの無い食感です。
これがまた悪くありません。

そして風味は、小麦の風味が大変濃厚です。
パンの時とはちがいますが、これがスペルト小麦の香りかな?と思える風味も味わえます。

全く期待を裏切らない良い出来だと、大いに気に入りました。
早速、売り出しに向けて準備したいと思います。

スペルト小麦麺、名付けて古代小麦麺。
乞うご期待!

予報にない雨も降る

猛暑が続くと警報まで出して注意を呼びかけていますが、今日などは午前中に突然にわか雨が降りました。
また午後には、会津の広い地域で一時的でしたが猛烈な雨が降りました。

この雨のおかげで、暑さはかなり和らいだと思います。
夕方には、涼しい風も吹いていました。
麦畑は、良いお湿りになったと思います。

明日も、今度は未明の頃に雨が降るとの予報が出されました。
ま、ほどほどにお願いいたします。

ここ数日のうちに、南部小麦の収穫が出来るかどうか、お天気の次第にかかっています。
悪いことにはならないと信じてはいますが。

そして明日はまた、パン焼きの日です。
暑さに比例して、パンの売り上げは少なくなる傾向なので、仕込みは少なめです。
それでも一通りの品目を揃えて、皆さまのご来店をお待ちしております。

南部小麦の麦秋の風景が見頃です。
ぜひ、お出かけください。