投稿者「MIKIO AOKI」のアーカイブ

オミクロン株、混乱する日本

オミクロン株の感染の広がりの速さに驚いています。
早晩、一日当たりの新規感染者数10万人超が現実になることでしょう。

そして岸田さん、しっかりしてもらわなきゃ困ります。
と言うか、この方には何も出来ないかも知れません。

これから日本は、大混乱するか市民の自覚で何とか持ち堪えるか、どちらか二つに一つです。
自治体による対応の格差が際立つことにもなるでしょう。

一方、経済はまたしても萎みますね。
食工房でも、厳しい経営を強いられることになります。

金は無くとも食うものだけはありますので飢え死にすることはありませんが、次々追いかけて来る支払いをどうやって回して行こうか、当分頭が痛いことになります。

あぁ・・・、確定申告の時期が近づいているのですね。
昨年の決算なんて、全く酷いものです。
今年はさらに厳しいかも知れません。

ま、愚痴を言っていても始まりませんから、喰うもの喰ってしっかり体力を養って、気持ちだけは折らないようにがんばります。


「紙版・飯豊の空の下から・・・」No.68 2021年10月号をご覧いただけます。

IIDE


shokuko store

雪、降り続く

一昨日からそして昨日も今日も、雪が降り続いています。
止み間もあり、降り方も波状的ですから、とんでもないほどの豪雪と言うわけではありません。
それでも、じわじわと積雪のカサが上がって行きます。
今のところは、どこかしらが潰れるというほどの危機感はありませんが、この後の降り方次第では、雪下ろしをすることになるかも知れません。

まあでも、こんなことを言うと顰蹙を買うかも知れませんが、私個人としては雪は歓迎です。
何故と言ってさほどの理由もありませんが、やっぱり雪はいいことの方が多いから・・・と思えるのですね。
あと半月ほどで立春になるのですが、そう足早に冬が終わってくれなくてもいいと思っている私です。
春は、待ちに待った末に迎えるのがいいですから。

明日は朝まで雪、その後曇りで経過するようですが、実際のところどうなりますか・・・。
食工房は、いつものようにパンを焼いて、皆さまのご来店をお待ちいたします。
お天気とオミクロンの状況によって、お出かけの気分も変わるかも知れません。
よろしかったら、お出かけください。

フードロスを別な角度から考えてみる

フードロスと言う言葉をよく聞くようになりましたね。
食糧自給率の低い我が日本は、大量の食糧を輸入に頼りながら、一方で食べ残されて廃棄される食品の多さが世界有数と言うことで問題視されています。

輸入してまで捨てる国「日本」と、そんな汚名を着せられるのはうれしいことではありません。
コンビニで売れ残って廃棄されるお弁当とか、スーパーで売れ残って廃棄される食料品とか、誰もが何とかしなくてはと思うのは当然でしょう。

しかしこのフードロスを別な角度から見ると、捉え方は一変します。

自分でつくって自分で食べることが基本の生活、例えばこのあたりの農家がその様子を色濃く残していますが、米でも野菜でもその他何でも、売るためでなくても有り余るほど作ります。
と言うか、そのくらい出来てしまう部分もありますが。

そこで言えることは、足りなくなったら買えばいいというのは自給自足ではないと言うことです。
間に合わせるためには、余ることを前提にして沢山作る必要があるのです。
だって、しくじって穫れなかったら飢えるしかないのですから。

そしてまた、余って最後に捨てることになっても、それらは全て畑に返してやれば肥料になって翌年の収穫に繋がっていくのですから、無駄になるという考え方そのものがありません。

我が家も畑をやるようになって、その感覚が少しずつ分かるようになって来ました。
余るようなら隣近所に分け与えれば良い、その隣近所からは自分ところで作っていないものを恵んでもらえる、それでも余るなら畑に返せば良い、そうやって回っているのですね。

ちなみにわが家では、この冬は白菜と大根は春まで食べても到底食べ切れないほど囲ってあります。
その他、かぼちゃ、さつまいも、じゃがいも、里芋、人参、ネギなども保存しています。

米は、親戚や近所からいただいたもので、だいたい一年間間に合っています。

麦とパンは家業なので、自家消費分は気にすることはありません。

そして、それらの中で余って最後に捨てるものは、すべて畑の肥料して土に返します。

自給自足の暮らしには、フードロスという概念は生まれないと思うのですが、如何でしょう?
翻って、このグローバルな世界の中で、経済の名の下に、自国の食糧確保のために他国の自給自足を妨害するのは、人道に反する行為だと思いますが、これも如何でしょう?

では、フェアトレードならいいかと、そういう問題でもないと思いますが如何?

我が日本、まずは食糧自給率を上げることでしょう。
出来ると思いますが如何?

この冬の最低気温が出るかも

明日の朝は特別冷え込みそうです。
予想気温-10℃以下と言っています。
このあたりは山間なので、もっと冷えるかも知れません。
一方、雪は止んでいるようです。
寒さもいよいよ底に来たか!という感じですね。

明日は定休日明けのパン焼きの日です。
早朝は、寒いでしょうね。
パン生地のためにも、室内を思いっきり暖房しないといけません。
尤も、作業する私たちにとっては楽な環境です。
寒い外でお仕事の方には申し訳ないような気持になります。
その分、しっかり気合を入れておいしいパンを焼かなくては・・・。
ま、うまく行くはずです。
本日の仕込みも、順調に行ってますから。

寒い一日かもしれませんが、元気の出るパンを焼いて、皆さまのご来店をお待ちしております。

凍結深度の思い出

北国の冬は寒いです。
所によって、冬の間地面が凍結することがあります。
その時、地面の下何センチまで凍っているか、それを表すのが凍結深度という言葉です。

私たちは、会津に越してくる前は、同じ福島県内の阿武隈山系の山奥の辺境にいました。
そこでは、冬は雪は少ないのですが、一方寒さはとても厳しく、冬の間は地面は固く凍結して岩のようでした。

当時、そのあたりでは凍結深度40cmと言われていて、地面に穴を掘ろうとしてもスコップが刺さりませんでした。
冷え込む夜など、歩くと足音が金属音のようにカンカンと響きました。

で、誰にでも分かる理屈で、凍った土は膨張します。
と言うことは、地面が盛り上がってくるわけです。

私たちが住んでいたプレハブ小屋は、ちゃんとした基礎工事はしていなくて、ただ地面に置いただけのようなものでしたから、冬になって地面が凍って来ると、先ず初めに日の当たらない北側が持ち上がって来て小屋が傾くのです。

もちろん、ひっくり返る心配はありませんが、床にビー玉を置くと勢いよく転がるくらいは傾斜しているのですね。
そして寒さが極まって南側も凍ると、南側も持ち上がって一旦平らになります。

春には、逆順で南側が先に沈み、間もなく北側も沈んで元に戻ります。

しかし、そう絵に描いたように規則正しく動くわけでは無く、場所によって不等隆起と不等沈下を繰り返しますから、長年の間に小屋の床は凸凹になってしまいます。

後年、その場所に自分たちで家を建てましたが、基礎は凍結深度より深くまで60cmほど掘り下げました。
そうしておかないと、コンクリートの基礎でもひびが入るほどすごい力がかかります。

そんな場所に14年間暮らして会津にやって来た私たちですが、雪国会津では凍結深度はどのくらい?と思ったら、それが凍らないのですね。
地球は温かくて地温を持っていますから、断熱性のある雪を被ると外気が氷点下でも地面は氷点下になりません。

なるほど、雪の効用ってなかなかのものですね。
否それにしても、この冬は豪雪に見舞われています。

ゆっくり休んでリセットします

明日と明後日は定休日です。

明後日は、営業再開に向けて仕込みがありますから実質休みではありませんが、明日は特に予定は無いのでゆっくり休みます。

忙しい毎日には慣れていると思って来ましたが、心の奥底で「それではいかん!」という声がしましたので、その意味を分かるために時間を取ろうと思います。

先ずは、明日の朝は気が済むまで朝寝して起きないでいましょうか。
起きたら、ストレッチやウォーキングで体のメンテをして、それから雪だるまの化粧直しなんかいいかも知れません。

それで一日を無駄にしたと思うかどうか、楽しみです。
まあ、結果はだいたい分かっていますが。

コロナ、丸二年

新型コロナウイルス感染症との付き合いも、早や丸二年になりました。
この時間、本当に長いですね。

二年の間に、社会常識も変わってしまった部分があるような気がしています。
マスク着用とか手指消毒、検温、間を空けて並ぶ等々、いつの間にか習慣化しているように見えます。

まあ、これは悪いことではありません。
対コロナでなくても、インフルエンザ予防の面でも、その他の感染症予防の面でも、共通して有効な手段ですから。

しかしそれにしても、オミクロン株の威力には恐れ入ります。
これほどの急拡大では、何をするにしても対応は追い付きません。

ただ幸いなことに、毒性は低いようです。
重症化率も死亡率も今までよりはずっと低いようですし、潜伏期間が短く治癒も早いそうですから、感染源のほとんどがオミクロン株に置き換われば、その後は違った状況になるのではないかと思います。
インフルエンザと同等のリスクと思って対応出来るようになる可能性があります。

今回のコロナ禍が、どういうシナリオで終わりを迎えるのか、まだもう少し見極めなければ見通すことが出来ませんが、ひょっとするとオミクロン株の出現が最終ステージである可能性は十分ありそうです。

それはそれとして希望的観測として受け止めつつ、せっかく習慣化した感染対策は、この後も続けて行けば良いのではないでしょうか。
例えば、インフルエンザの発生をほとんど0に近いくらい抑制出来ているのは、そのおかげだと思われますから。
いずれにしても、そろそろ終わり方を視野に入れても良い時が来たと思っています。

通販のご利用御礼

このところ、ほとんど寒さと雪の毎日です。
こうなると、ご来店いただくのも難しい状況です。

一方、通販のご利用は、おかげさまで順調てす。
15%割引キャンペーンを展開中ということが追い風になっていることは確かだとは思いますが、昨年のうちから、特に食工房自家産の麦に切り替えてから、パンのご注文が増えています。

その中でも、食パンやハード系の食事系のパンが評価されているという実感があります。
食工房としては、我が意を得た展開となっています。

もはや、麦からつくるパン屋への流れは、食工房の経営の本流となりました。
後退はあり得ませんね。

正直、体が二つ欲しいと思うくらい忙しいのですが、それに倍する大きな達成感と喜びが待っているので、命を懸けてもいいと思ってやっています。
娘たちも、その意志をくみ取り受け継ぎ、一緒に進んでくれています。

その心は、いつでも正直な仕事をすること。
上にバカが付くくらい・・・。
こだわりが強くて融通が利かない面もありますが、何分よろしくお願いいたします。

無事到着

昨日、遅延了承のお願いをいたしました荷物は、全て無事配達完了または順調に輸送中であることを確認いたしました。
否、すごいですね、ありがたいですね。

何がって?
運輸システムと道路網の維持管理の秀逸さに決まっています。
狭い日本と言いますが、全国の隅々まで、翌日または翌々日にはほぼ確実に届くのですから。
こんなことは、私が子どもの頃にはあり得ないことで、全く想像することも出来ませんでした。
でも、これを当たり前だと思い過ぎないよう、感謝を忘れないよう、いつも自分を戒めて居ようと思います。
明日も、今度は15個の出荷です。
お天気は昨日よりはましかも知れませんが、ドライバーさんには、しっかり頭を下げてお願いしようと思っています。

明日は、パン焼きです。
皆さまのご来店をお待ちしております。

遅延了承願います

本日は、合計11個の荷物を出荷しました。

ところが、集荷にやって来た宅配便のドライバーさんの言うことには、昨日からの暴風雪の影響であちこちで輸送状況に遅延が発生しているため、今日引き受けた荷物も規定通りの日時に宛先に届けられる保証はありませんとのこと。

そう言われても、予定通り出荷するだけはしておかないと・・・。
状況が好転すれば予定通りに届くかも知れませんから。

そのようなわけで、すでに出荷日をお知らせ済みの皆さま、到着日時は場合によって変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。

それにしても、今回のような状況でよく分かったのですが、現場は本当に人手不足なのですね。
運送会社のスタッフの皆さんのがんばりのおかげで、食工房の商品もお客さまのお手元に届いているということに、あらためて感謝の念を厚くする私でした。