中島通信」カテゴリーアーカイブ

春を見つけました

飯豊の空の下から・・・

空気が澄んでいて、大日岳(飯豊連峰の主峰)がよく見えました。


飯豊の空の下から・・・

我が家の庭のどうだんツツジ


麦ラボ

手前が中島第二圃場(ライ麦)、奥が中島第三圃場(スペルト小麦)


麦ラボ

越冬のため、草丈を縮めて寒さに耐えているライ麦
先日は水没していたのに、何のダメージも受けていない様子です。


麦ラボ

先日、完全に水没していたスペルト小麦、水が引けばまたたくましく復活しています。


飯豊の空の下から・・・

川岸で見つけたネコヤナギ
開花までもう少しでしょうか。


飯豊の空の下から・・・

川の土手から眺める中島地区
ハウスの骨組みの向こうに麦畑が、右端に見える青い屋根の小屋の後ろにわが家があります。


飯豊の空の下から・・・

高野の旧宅の庭で見つけた福寿草
今までで一番早い開花です。

昨日も今日も、日中は日差しもあり暖かでした。
特に今日は、快晴の青空が広がり、飯豊連峰もよく見えました。

こんなお天気は、このあたりでは春先によく見られます。
ということは、もう春が近づいているのでしょうか。

食工房の昼休み時間に、外に出て歩き回って見ました。
庭のどうだんつつじの芽も、何となく動き出しているように見えたのは、気のせいばかりではないかも知れません。

麦畑では、ライ麦もスペルト小麦も、私たちの心配をよそにたくましく寒さに耐えていました。
ま、これなら収穫までたどり着けそうだと、安心した次第。

近くの川岸では、ネコヤナギの芽が膨らみかけていました。
もうそんなにしないうちに、あのモコモコの毛に包まれた花芽が膨らんでくることでしょう。

そして、一昨年まで住んでいた旧宅の庭に行くと、何と!福寿草が咲いていました。
よく見れば、そこら中で花芽が土を破って顔を出し、早や膨らんでいました。

わずかの時間でしたが、今日は外に出て歩き回れて、本当にうれしかったです。

この後また雪が降ると言っていますが、それはそれでまたうれしいかも知れません。

このまま春が来るかもしれない!?

相変わらず降雪がありません。
と言うか、厳密には少しは降っているのですが、ほとんど雨混じりで朝までにせいぜい数cmで、午前中には融けて消えてしまいます。
そして今日の暖かさと言ったら、もうこのまま春が来るかも知れない!?と思わせました。

まあしかし、この後また寒くなるとしても、植物たちを観察すると、どうやら春に向かって動き出しているのですね。
だから、やっぱりこの冬は間もなく終わるらしいのです。

そして旧暦では今年は閏月があって、4月が二回あるのですね。
そうすると、春になったものの順調に暖かくならず、遅霜などで農作業もやりにくいなんてことになるのでしょうか。

そう言えば、一昨日あたりから猿がこの周辺をウロウロしているらしく、追い払い用の花火の音がしていました。
にわかに騒がしくなって来て、やっぱり春が来るのか・・・。
しかしそれにしても何だかなァ。

雪のない冬

雪国会津でここまで雪が無い状況は、私はもちろんですが地元で生まれ育った方でも初めてのことのようですね。
ひょっとするとこのまま春に向かうのではないかと思える、昨日今日のお天気です。

一方、雨は度々降ります。
寒ければ雪になっているはずで、もし雪だとしたら結構な豪雪になっていることは確かです。
やはり暖かいのですね。

仮にこれからそこそこの降雪があったしても、根雪になることはないかも知れません。
そうなると、農業にもいろいろと影響が出ると思います。

わが家のことで言えば、越冬中の麦の状態が心配です。
中途半端に暖かかったり寒かったりを繰り返すのは、良くないような気がするのですね。

もう少し経過を見ないと正確なところは分かりませんが、今、圃場は水浸しのような状態になっているのです。
乾燥を好む麦にとって、決していい状況ではありませんからね。
ライ麦もスペルト小麦も、元来とても生命力の強い作物ですから、持ち堪えてくれると思ってはいるのですが・・・。

そんな状況の下、そろそろ春に備えて農作業の準備など始めた方がいいのか・・・?などと、何とも気持ちが落ち着きません。
いくら何でもまだ1月のそれも寒の内なんですから、戸惑うことしきりの毎日を過ごしています。

新年あけましておめでとうございます

ドコノモリ

2020年 あけましておめでとう!

西暦 2020年

令和 2年

皆さま、新年あけましておめでとうございます。
旧年中のご愛顧ご厚情に感謝申し上げますとともに、本年も相変わらずご愛顧ご厚情賜りますよう、よろしくお願いいたします。
また本年が、どなたにとっても良い年でありますよう、お祈り申し上げております。

なお、ただ今食工房は年末年始休業中です。
営業再開は、1月11日(土)からになります。

オンラインストアにてご注文いただくことは可能ですが、出荷は営業再開後になります。


冬季限定・サプライズクーポンのご案内

食工房オンラインストアにて、冬季限定サプライズクーポンを差し上げています。
適用期間は、1月1日~2月29日までの2ヶ月間です。

3000円以上のご注文に対し、500円値引きが適用になります。
購入精算画面にて、以下のクーポンコードを入力してください。
9hGtKdd1Vu お一人さま一回限り有効です。

また、7000円以上のご注文に対し、1000円値引きが適用になります。
購入精算画面にて、以下のクーポンコードを入力してください。
fXQAyPFHCO お一人さま一回限り有効です。

皆さまのご利用をお待ちしております。

冬至

食工房

燃える炎の明かりは、電灯とは根本的に何かが違う気がします。
いつまで眺めていても、飽きることがありません。

今日は、冬至です。
一年の中で一番日が短い日です。

明日からまた少しずつ日が長くなって行きます。
夜の長い北国では、冬至は明日からまたお日さまが帰ってくる日ということで、お祝いをするのですね。

山暮らしをしていた頃、家では焚火をして盛大に周りを明るくし、外で火にあたりながら飲み食いするなんてこともやっていました。

今日は、本当は畑の隅で焚火をしたかったけれど、仕事が忙しかったし、昨夜の雨で何もかも湿気ていましたし、代わりにランタンに火を灯して店の前にかけました。

燃える炎の明かりは、何かとても心を癒す力がありますね。
そのせいだか、いつまで眺めていても飽きが来ないと言うより、虜になってしまいます。

LEDは明るいし省エネだし、それはそれで素晴らしいかも知れませんが、やっぱり何かが欠けているような気がするのは私だけでしょうか・・・。

ライトアップは、好きじゃありません。
木々の枝をくぐり抜けて来る月明りや星の瞬きに心震わす私です。

あとは、柚子風呂に入ります。

今ごろ、小春日和

今日は、穏やかな晴天、しかも春を思わせるように寒さも緩んでいました。

12月の今ごろになって、これが11月中なら不思議はありませんが、冬の厳しい寒さがやって来るのが遅くなっているなという印象です。

上の娘が、庭の楓の木の選定をしようと鋸を入れたところ樹液が吹き出してきたそうで、この時期になってもまだ休眠していない・・・と驚いていました。

しかし外で作業をするには持って来いの一日でしたから、午後から家のまわりの残材などを片付けて畑の隅に運び焚火をしました。

こうして少しずつですが、片付けたいと思っていた箇所がきれいになると、何だかとてもうれしい気もちになりますね。

こんな風に、田舎暮らしは家や周りの環境のメンテナンスも、周りのお家の方々を見習って、自分でやるものと心得ています。

今日は、外で作業なんかしたおかげで、晩ご飯が特別おいしかったことは言うまでもありません。

雪の予報に雨が降る

天気図

12月5日(木)のお天気・喜多方市

今日あたりは降雪の予報が出ていましたが、夜通し降ったのは雨で、朝方雪になって屋根の上が白くなりましたが、その後また雨になりました。

明日にかけてまた降雪との予報が出されていますが、現在も雨粒がバラバラと屋根を打つ音が聞こえています。
雪になるほどの寒さではないということなのですね。
つまり、これが温暖化の現れということなのでしょう。
明日の朝、地面が白くなっているかどうか、その次第でこの冬のお天気の傾向が読めるかも知れません。

このところの雨がちのお天気で、圃場はもう水浸し寸前ですから、麦にとっては大変厳しい状態で冬に突入です。
雪が降って地面を厚く覆えば、水気を吸ってくれますから、過度に水浸しになる心配もなくなります。
越冬する植物たちにとって、この上ないとても良い環境です。
ですから、本当に雪を待っているのです。

明日未明午前3時に起きた時、雨か雪か・・・、先ずはそれを確かめることになります。
それからパン焼きの支度です。

どの道晴れ間は望めそうもありませんが、皆さまのご来店をお待ちしております。
ほんの一時でも雪が降ったら、ポイントが2倍になります。

紙版・飯豊の空の下から・・・ 12月号公開

紙版・飯豊の空の下から・・・ の12月号が出来ました。
pdfファイルを公開しましたので、ご覧いただければ幸いです。
いつものように、記事の末尾に設置してあるリンクバナーをクリックしてご覧ください。

今日はそこまで出来ましたので大満足。
この後はちょっと小休止です。

今日の会津は、冷たい雨が降っています。
夜には雪に変わるかも知れません。
こんな時、家の中の暖かさが殊更にありがたく思えます。

週末の気分

食工房は土日は営業、明日(火)と明後日(水)が定休日ですから、今日が週末の気分です。
月曜日の夜が一番リラックス出来るタイミングというわけです。

ただ、その時間にIIDEの編集などやるのですから、休んでいるんだか仕事しているんだか、そんなことたァどうでもいいというのが私の人生観です。
仕事して遊んでいるんだ!って気分なんですね。
でも、真剣に・・・ですけどね。
ま、そういうわけで、この後はIIDEの編集作業です。

明日と明後日は定休日、お間違えのございませんように。

IIDE編集、そしてボイラーは

昨日から、IIDEこと紙版・飯豊の空の下から・・・ の12月号の編集作業を始めています。

今回も楽しい通信にしたいと、張り切ると言うよりは楽しみながらやっています。
草案は早くから出来ていましたので、文章に起こすのとイラストを描く作業を今やっているところです。

ツールは、Adbe InDesignsとPhotoshopを使っています。
カメラで撮影した画像を使う時は、Adbe Lightroomも使います。

こうした高機能のアプリケーションソフトとパソコンのおかげで、プロの印刷屋さんと同じ仕事が、プライベートでも出来る今という時代は、まったくすごいなと思います。

使い方が分からなくても、ネット上でいくらでも勉強出来る機会がありますから、好奇心とやる気さえあれば誰でもその道に入ることが出来ます。
私にとっては、どんな娯楽よりも楽しみなライフワークになっています。

さて話は変わって、昨日のボイラーです。

今日、日中の明かりの下でさらに詳細な点検をして、もう少しましな応急処置をしました。

とりあえず問題なく使えていますが、いつまでもそれでいいわけはありませんので、明日、ネットで注文した道具と資材が届いたら、折を見て本格的な修理に挑戦したいと思っています。
何しろ今は一番忙しい時ですから。

と言うわけで、今夜も風呂には入れます。
給湯もOK。

昨日の夜は、寝床でいろいろと思案してなかなか眠れませんでしたが、何とかなるものですね。
やれやれ・・・。
今夜は、昨日よりはぐっすり眠れるでしょうか。