中島通信」カテゴリーアーカイブ

台風を気にしつつ、店は営業いたします

昨日からニュースをにぎわしている台風12号ですが、コースが少し東へそれたようです。
それでも大雨の恐れと、注意喚起もやかましい報道です。

ま、実際どれほど降るのか分かりませんが、食工房はいつも通りパンを焼いて店を開け営業いたします。
大荒れでさえなければ、ご来店も支障ないと思います。

麦にとってほど良い雨になりますように。
稲刈りにはお気の毒と言う他ありませんが・・・。

そして連休明けの今日、先日の熊の足跡の件を市役所の支所に報告して来ました。
早速、獣害担当の方が現場を確認に来られ、案内しました。
プリントして置いた写真を数枚(ブログに掲載したもの)もお渡ししました。

現段階では熊が何をしに来てどこに行ったかなど動向が分からないので、罠を設置するにもポイントが掴めないということで、もう少し様子を見ることになりました。

早いうちに熊の行動の痕跡を発見することですね。
と言っても、やみくもにパトロールするのは、場合によっては危険も伴うのでくれぐれも注意して・・・と、担当の方に助言いただきました。
当分の間、緊張が続きそうです。


獣害対策マップ2

以前のマップがレイヤーの制限数に達して更新出来なくなりましたので、新しい地図を作成しました。


★喜多方市による、ニホンザルの群れの行動域調査と位置情報のページ


「紙版・飯豊の空の下から・・・」No.62 2020年7月号
をご覧いただけます。

IIDE


shokuko store
ご了承ください。

台風接近が心配です

台風12号

関東は上陸でも、福島は微妙に逸れる可能性大、と思いたい。

台風12号が、関東東北に近づいて来るらしいです。
東に逸れて行く可能性もありますが、どの道雨は降るでしょうね。

大雨になると、芽が出たばかりのまだ浅い麦の根が洗い出されてしまう恐れがあります。
大雨でさえなければ、逆に成長を助ける恵みの雨になります。
どんな様子になるのか、当然のことながら心配です。

一方、もう一つ心配なのは、稲刈りをしている周りの農家さんたちのことです。
ここ数日は晴天続きで、ほとんど終わった農家さんもいる一方、まだこれからという方もいます。

一番お気の毒なのは、機械の故障などのトラブルで、終わるはずの収穫が終わらない農家さんです。
自分の麦の収穫の時のことを思い出しても、トラブルで中断は絶対に避けたいですからね。
夜中も眠れないくらい気が揉めてどうにもなりません。

昔は、人ごとのように眺めていたこうしたトラブルも、自分も農業に関わるようになってみると、全く感じ方が違って来るのですね。
周りの農家さんの気持ちがよく分かるようになりました。
だから、自分のためだけでなく周りの農家さんたちのためにも、空に向かって祈る私です。

播種完了、しかし熊

熊出没

大きな足跡です。
立派な大人の熊のものです。


熊出没

熊が歩いたところを白線で示しています。


熊出没

中島第5圃場を横切って、集落の方向(つまり我が家の方向)に向かっています。


熊出没

中島第5圃場を横切って、集落の方向に向かっています。


麦ラボ

中島第5圃場に南部小麦を播いているところ
残念ながら、熊の足跡は残せません。


麦ラボ

中島第5圃場、播種完了


麦ラボ

中島第4圃場にライ小麦を播いています。


麦ラボ

中島第4圃場、播種完了


麦ラボ

中島第2圃場のライ麦の様子
一日にしてこれだけはっきりと視認できるまでになりました。
夕日に輝いています。

今日は晴天に恵まれ、予定通り麦播きを終わらせることが出来ました。
中島第4圃場にライ小麦を、中島第5圃場に南部小麦を播きました。
また、第5圃場の一角に、オートミールの原料となる燕麦を播いてみました。

さてこれで、今シーズンの播種が完了しました。

大変目出度い一日で終わるはずでしたが、一つだけケチが付きました。
中島第5圃場に熊の足跡を発見したのです。
昨日の夕方耕うん整地したばかりでしたから、昨夜から今朝までの間に熊が歩いて通ったということになります。
道路の側から隣地の水田の稲の中を漕いで侵入しています。

足跡は、集落の人家のある方に向かう一方向のみでしたから、その先どこへ行ったのかは全く不明です。
おかげで、麦播きの後は熊対策に奔走しなくてはなりませんでした。
何しろ、まだそこらに隠れているかも知れず、近所の方にも注意するよう触れて回りました。
また今夜は、夜通し籾殻を燃やして煙を立てる方策も実行中です。

今日は、生パスタもつくってみたのですが、熊出没対応で慌ただしく、落ち着いて味わうことが出来ませんでした。
否、おいしかったはずなんですけど・・・。

コロナはいっそう身近に迫っている

相変わらず新規感染者の確認が相次いでいます。
安定して減少傾向になるにはどう言った条件が必要なのか、多くの市民は分かりかねている・・・、そんな感じがします。

政府などの施策(公)がいくら完璧でも(もちろん完璧ではないのですが)、もう一つ、我々一人一人の対策が完璧でなければ、効果は上がりません。
感染症とはそういうものであると理解すべきです。

しかしながら、そこのところがどうも心許ないと言うか、あてになりません。
5月の緊急事態宣言の頃に比べても、今の方がはるかにリスクのレベルは高いと思います。

あの頃は、会津にはまだ感染者はいませんでしたが、8月19日に初めて感染者が出て以来一ヶ月足らずの間に36人です。
リスクは一気に身辺に迫って来たと感じます。
皆さん、もっと緊張感を持ってもいいのじゃないかと思いますが、相変わらずマスクをしないで人と対面している人もいますし、消毒液を携行している人は、未だに一人も見かけません。

まだまだ増え続けることは避けられないでしょう。
不特定の方が出入りする店舗を営業している者として、今後なお一層感染対策を徹底したいと思っています。

そして、ご来店くださる皆さまにもお願いいたします。
体調がよろしくない時、発熱時には、ご来店そのものをお控えください。
入店の際は、マスクをご着用ください。
手指の消毒は、確実に実行してください。
以上3点、よろしくお願いいたします。

明日と明後日は定休日です

明日と明後日は定休日です。
お間違えのございませんように。

このお知らせをするのも、何だか久しぶりですね。
やっといつものペースに戻りました。

明日は運転免許証の更新手続きに行ってまいります。
お天気が良いようなので、畑もやると思います。

今、会津では、福島県内でも初めてになる、医療機関でのクラスター発生があったため、多くの方の心に動揺が起こっているのではないかと思います。

この際私たちに出来ることは、三密の回避、手洗い、うがい、マスクの着用です。
それに加えて、消毒液の携行があれば完璧です。

これらを着実に実行出来るなら、コロナもインフルエンザも両方同時に防げます。

感染症対策の基本は、私たち一人一人の防護であることを、先ず肝に銘じておきたいと思います。

種まきのタイミングを待っています

麦ラボ

左側が第2圃場と第3圃場をつなげて第2圃場としたところ、右側は近所の農家さんから借り上げた圃場で第3圃場となりました。
二つの圃場を合わせて約25aの面積があります。

もうすぐ麦の種まきです。
圃場の準備は出来ています。

もう少し気温が下がった方が良いので、季節が進むのを待っています。

しかしそうしている間にも、台風が来たりして大雨が降るかも知れません。

今日の夕方、ほんの一時でしたが物凄い豪雨に見舞われました。
時間雨量50ミリを超えていたと思います。

ちょうど畑に居ましたので、圃場の様子を観察していました。
場所によって、5分もしないうちに水が溜まって来ました。

今シーズンから新たに借地することになった数ヶ所のうち、元水田で低地の場所が一箇所、水浸しになってしまいました。
ま、年々土壌改良するしかありませんね。

そして今年3シーズン目を迎える元水田の第2圃場は、今ではすっかり水はけが良くなっていて、降っている最中は水たまりが出来ていましたが、止んですぐに水が引いて行きました。
泥濘にもならず固まりもせず、畑地として理想の土壌になってくれたようです。

麦を作ること自体が土壌改良に寄与することになるそうですから、麦作は農地の使い方として大変優れた作戦なのですね。
家は、この先も麦しか作りませんが、後々何を作っても良く出来る畑になることは間違いありません。

おいしいパンに直結していて、やりがいと喜びに満ちた、良い仕事をさせていただいています。

この台風が過ぎるまでは

いやはや何とも落ち着きません。
他でもない台風10号が、九州に接近中です。
四国も影響を受けています。

皆さまご存じのとおり、私の郷里は高知県です。
実家には妹が、そして県内のあちこちに親戚、友人知人が数多く暮らしています。

そして九州には全県に、食工房のお得意さまあるいは友人知人がいらして、これからどんな被害に遭われるかも知れないと、気を揉んでいるところです。

かと言って、全くの話し何が出来るわけではありません。
だからですね、この無力感は。

この台風が通り過ぎるまでは。遠く離れた東北会津の地より、ただただ祈るのみです。
どうか皆さま、ご無事で・・・。

今日は、汗をかかなかった

昨日あたりから曇り空から時折雨、今日も日差しは無く雨粒も落ちて来ました。
気温はずい分下がって、今日は外に出て何かしていても汗をかくほどになりませんでした。
いやー楽ですね。

そして今日は、集落の熊野神社の例大祭神事が執り行われ、会計役の私は、お供え物の用意をしたり、宮司さんに差し上げる御初穂や諸々会計の用を果たすために、食工房の仕事を休んで出席していました。

農村地帯の集落は、およそどこに行っても祭礼行事をとても大切にしていて、集落内のどなたも何らかの役目を帯びて居たり、いろいろな負担を引き受けたりします。
どなたもそうしたことに疑いを入れるということがありません。

都会の暮らしに慣れてしまった人には、こうした行事が非合理的に見えたり、お札をいただくのにお金を払うのなら自分は要らないと断ったりする例も聞き及んでいます。
しかし、この集落の方々は、どなたも神事を軽んじるような言動をすることはありません。

農業という仕事が、一面自然界との濃厚なつ付き合いによって成立するものであってみれば、これは何も不思議な事ではありません。
私も、ここに来た当初から、家の裏手にある屋敷稲荷に毎日のように参拝しましたし、熊野神社にも年に何度か手を合わせに行きました。

土と向かい合っていると、周りの者すべてが神さまだという気持ちになりますね。
もちろん熊も猿もイノシシもです。
彼らは、私たちに時に危害を及ぼしますが、そういう時にはそういう時の付き合いをするだけです。
彼らに神性を感じることと、時にこちらから危害を加えたり威嚇して圧力をかけることの間には、何も矛盾はないと思っています。

ただただ、自然はありがたい!ここの暮らしはありがたい!と、いつも思っています。

猛暑の次は台風

ここ数日の暑さと言ったらありませんでした。
会津が全国でも一番の最高気温を記録したそうですから、それもうなずけます。
外にいても家の中(冷房はしていない)にいても。たらたらと汗が流れます。

今日は食工房でビスケット焼きの作業をしていましたから、オーブンの排熱で作業場は物凄い熱気でした。
一体何度になっていたことやら、正確に測っていませんから分かりませんが、40℃あっても不思議はない環境です。

一方、南の海上では台風の動きが気になります。
今度の台風9号は、福島への影響は微妙なコースですから、油断することなく注視していたいと思います。

麦の種まきを控えている9月は、台風の影響次第で臨機応変な対応を迫られることになりそうです。
と言うか、農業はいつだって臨機応変でやるものです。
いろいろ大変ですが、麦づくりだけは手放したくないと思っています。

とにかく暑いので

今日も猛暑でしたね。
こちら東北会津でも35℃を超える猛暑となりました。

とにかく暑いので、何をやっていても息が切れます。
こうした暑さに耐える体力も若かった時のようには行かず、年齢を感じる瞬間もありますね。

それでも山間のこのあたりでは、日が落ちれば急に気温が下がって過ごしやすく、早朝はとても気持ちの良い時間です。
比べて日中の猛烈且つ暴力的なほどの暑さです。

どちらさまもくれぐれもお気をつけてお過ごしください。