中島通信」カテゴリーアーカイブ

高野第二圃場を整備

麦ラボ

高野第二圃場全景

高野第二圃場

高野第二圃場近景

高野第二圃場

まずはじゃがいもを植えました。

今日は、昨日にも増してさらに暖かいと言うより、もはや暑いと言える一日になりました。

そして気持ちの良い晴天はとりあえず今日まで、明日から数日間は雨模様の寒い日が続くとの予報が出されていましたので、畑仕事をするなら今日の内にというわけで、とにかく出来るところまでやるだけやると決めて一日が始まりました。

高野の圃場は、今年は麦しか植わっていませんが、ただ一つネギが残してありました。
これを、新しい住まいの側の畑に植え替えるために、掘り上げて来ました。

食工房の作業場のすぐ裏側には、自家菜園にちょうど良いくらいの広さの畑があります。
昨日までにそこをきれいに耕しておきました。
その一角に、掘り上げて来たネギを一本ずつばらして植えるところまで終えることが出来ました。

これで高野の圃場の整理が終わったというわけで、かねてより準備を進めていた、高野第二圃場を整備しました。

高野圃場のすぐ隣の畑で、昨年まで近所の方が自家菜園として使っていましたが、今年からやらないと言われるので、私が貸していただきました。
高野圃場とほぼ同面積で、よく手入れされた畑です。

ここを高野第二圃場としましたので、今までの高野圃場は高野第一圃場とすることにしました。

今日は、堆肥を撒いてトラクターで耕うんして、いつでも使えるように整備しました。
夏までの間、じゃがいもやかぼちゃなどを植えようと思っています。
今日は、早速手始めに、じゃがいもを植えました。

明日から雨模様ということで、ちょうど良いタイミングで作業することが出来ました。
明日はまた、パン屋さんとコーヒー屋さんです。

忙しいけど、うまく回して行きたいですね。
だって、おいしいパンが食べたーい!おいしいコーヒーが飲みたーい!ですからね。

でも、私たちの力だけでは足りません。
多くの皆さまにご愛顧いただき、またご支援いただかなくてはなりません。

そんな食工房にお付き合いいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

桜咲く、麦育つ

飯豊の空の下から・・・

旧宅、高野の種まき桜が、ほぼ満開でした。

飯豊の空の下から・・・

わが家のすぐ下の一ノ戸川沿い、中島の桜スポットです。

飯豊の空の下から・・・

現在7分咲きくらいでしょうか。
ソメイヨシノもなかなか美しい。

麦ラボ

高野圃場のスペルト小麦
すごい勢いと言う他ない状態です。

麦ラボ

高野圃場のスペルト小麦
茎立ちが始まっているのがお分かりになると思います。

麦ラボ

高野圃場のスペルト小麦
逆光に透けて光る葉の緑色がとてもきれい!

麦ラボ

試験栽培中の?麦
ライ麦の特徴と小麦の特徴を合わせ持っています。

麦ラボ

これは、ご近所の農家さんのニラ畑です。
今の時期、遠目に麦畑と言われても、にわかに判別できないかも知れません。

麦ラボ

中島第二圃場
畝が途中で止まっている5列がパスタ用デュラム小麦

麦ラボ

中島第二圃場
ライ麦とスペルト小麦

麦ラボ

中島第二圃場のライ麦
茎立ちが始まっています。

麦ラボ

畔を切って、排水路を設けました。
もっと早くやるべきでした。

麦ラボ

中島第一圃場のライ麦
追肥と中耕が終わったばかりなのがよく分かります。

麦ラボ

中島第一圃場のライ麦
こちらも茎立ちしています。
第二圃場のよりも、先に進んでいるようです。

今日は、この春一番の暖かさとなりました。
食工房の中は、窓を開けていても30℃超。
外も20℃を超えていたようです。
午前中、作業の合間に麦畑と桜の写真を撮って来ました。
いい所に住んでいるな・・・と、うれしくなるような情景がそこここにありました。
ご近所の方からは、コゴミをいただきました。
本当に豊かな暮らしだなァ・・・と思います。

曇れば、やはり寒い

今朝は冷たい曇り空、時折ポツリポツリと水滴も落ちて来る微妙な空模様でした。
件のおんば様祭りにとっては、余りありがたくないお天気です。

まあしかし寒かったのは午前中で、午後からは寒さも和らぎました。
祭りは、昨年同様滞りなく終わり、お昼前には片づけまで終えて家に帰って来ました。

一方、ご来店のお客さまは今日は少なく、ちょっと寂しい一日になりました。
統一地方選挙で我が喜多方市をはじめ会津管内はもとより、近隣市町村でもいくつか選挙が行われていましたから、何となくでもお出かけの気分を削がれたということはあったかも知れませんね。

午前中を村の行事のために費やしたので、午後から何をしようかと考えた末、私は外で畑仕事を、上の娘は小豆を炊いてあんこを造っていました。

食工房の仕事も実はいろいろあって、まあ何しろ元の元からつくっているので、畑の仕事もあんこづくりも食工房の仕事の一環なのですね。

それで畑の作業なのですが、今までと違って耕作面積が一気に農家規模になりましたので、鍬一本なんかではとても間に合いません。
専業ならともかく、パン屋をやりながらなのですから、機械も使えるところは徹底して機械化し、時間を節約しなくてはなりません。
でも、こういった工夫は、考えることも実践することも、やってみると分かりますがとても楽しいのですね。

農業機械は、どれ一つ取っても高額ですから、家はすべて中古品と言うかジャンク品と言っても良い程度のものを、安く買うかタダでもらってメンテしながら使っています。
そうした工夫もまた、日々の暮らしの中の楽しみの一コマです。

麦が育っています。
明日は、画像をご覧に入れたいと思っています。

暖かい日が続きます

ここ数日、暖かい日が続いています。
今夜も暖房を止めています。

そんな中私は相も変わらず忙しい毎日です。
本日は、早朝からパン焼き作業の後、荷造り出荷などを途中までやって一時仮眠、それから集落の会計の仕事で集落内を回りました。

明日は恒例のおんば様祭りが開催されるため、会計役の私は、お供え物の果物やお菓子などを買い出しに行く役目もありました。

明日は、喜多方市の市議会議員選挙があり、我が区長は投票所で立会人の役があるため、おんば様祭りは会計の私が代理区長として仕切らなくてはなりません。
午前中で終わる予定ですが、まあそこそこ大変な役割です。

ところでこのおんば様ですが、安産祈願の神様なので、当集落以外の離れた場所からもお参りに来る方がいるのですね。
もし妊婦さんがおいででしたら、明日の祭りにいらっしゃると良いと思います。

食工房にお立ち寄りいただければ、場所をご案内いたします。
申し遅れましたが、食工房は普段通り営業しております。
明日も、皆さまのご来店をお待ちしております。

「紙版・飯豊の空の下から・・・ 」pdfファイル公開

飯豊の空の下から・・・

画像クリックで、pdfファイルが開きます。

昨日は、早朝3時からパン焼きの仕事をして、配達を終えて家に戻った夕方6時頃から、IIDEの編集作業をしていました。
夕食を挟んで、その後午後11時頃までかかって、編集を完了し印刷所に入稿するところまでやりました。

今は、遠く離れた印刷所にインターネットを使って印刷のオーダーと入稿まですべて完了出来るのですね。
私が子どもの頃、そして大人になってからでもしばらくは、こんなことは夢物語でした。
まったく隔世の感がありますね。

そのおかげでブログはお休み、今朝もそんなに早起きは出来ませんでした。
それでもマフィンとスコーンを焼いて配達にも出かけて、その後ホームページのメンテナンスをして、そのpdfファイルを公開しました。

ホームページのトップページのShokuko Newsのタイトルバックも毎回変えているのですが、お気づきだったでしょうか。
このブログ上のリンクバナーも、リンク先を新しい号に入れ替えました。
多くの方にご覧いただければ、ありがたく幸いに存じます。

尤も、紙版と言うからには、実際に印刷されたものこそが本命です。
早くも明日には、宅配便で実物が届きます。
店頭配布と郵送の他、取り引き先にお願いして配布していただいています。

この時代、何でもインターネット上で事足りる感がありますが、この先いつまで経っても世にアナログ的なものが無くなることは無いし、かえって存在感が強まるだろうと思っています。
この「紙版・飯豊の空の下から・・・ 」のような手法も、根強く残って行くでしょう。

だって、何か楽しい感じがしませんか?
・・・と、そう思っていただけるような紙面づくりを、いつも心がけています。

暖かくなるようです

少し前は、気温が低めでお天気もグズグズだったのですが、ここ数日来次第に暖かい日が多くなって来ました。
今日も暖かかったのですが、明日の日中は5月並みの気温になると言っています。
すでに今夜は、暖房を止めていますので、それだけでもずい分暖かいのだなと思います。

明日のパン焼きは、作業場の室温が高くなりそうですから、今までとは違った対応が必要になるかも知れません。
ドゥコンディショナーの庫内温度を、室温より下げることもあり得ます。

以前の場所に比べると、こちらの作業場は直射日光が入りますから明るくていいのですが、これからの季節は室温が上がり過ぎることを警戒しなくてはなりません。
パン焼きはまだいいとしても、スコーンはなかなか厳しいことになると思います。

エアコンの導入も一応想定していますが、窓を開けて(もちろん網戸を入れています。)換気扇を回し、外気を入れることで凌げないものかと、淡い希望も捨ててはいません。

一方、これからしばらくは、本当に過ごしやすい季節です。
家の中でも外でも、気持ちよく過ごせます。
お出かけの気分も増して来ることでしょう。

ここ東北会津の地でも、ようやく桜の花が咲き始めました。
わが家のすぐ下の川沿いの桜並木も、もう間もなく開花すると思います。

食工房は、わざわざ出かけなくてもいいような眺めの良い場所にありますので、しっかりとおいしいパンを焼いて、皆さまのご来店をお待ちすることといたします。

飯豊の空の下から・・・

飯豊の空の下から・・・

快晴の空の下、全容を見せる飯豊連峰

定休日の本日、うれしいことに午後から快晴の空となりました。

ホームセンターに、農業資材を買い出しに出かける途中、いつものビューポイントにて飯豊山の写真を撮りました。

お休みの日にこんないい条件に恵まれるのは、本当に幸運としか言いようがありません。
カメラを持って行かなくてどうする!というわけで、ご覧のような画像を撮影することが出来ました。

私、もうこんなことで、100倍も元気が出ます。
家に帰ってから、夕方暗くなるまでずっと麦畑で作業しました。

麦ラボ

管理機で中耕しているところが中島第一圃場のライ麦
後方、上の段が、第二圃場です。

麦ラボ

管理機の使い方も、やっと慣れて来ました。

追肥と中耕が、意外に手間がかかるのです。
まだ終わりません。

飯豊の空の下から・・・

ふと見上げた空に月が・・・。
やなぎの芽も膨らんでいるようです。

でも、心地良い疲労感で、気分は悪くありません。
麦が良く育っていましたし。

今夜は、またIIDEの編集です。
色んな事をやれて、楽しいです。

がんばります。

IIDE編集中

一度やりかけたのですが、その後しばらく中断していました。
何と言ったら良いのでしょう、いわゆるノリというものも大事ですね。

特にこうした刊行物の編集は、義務感や使命感で、あるいは必要に迫られても、それだけではうまく進みません。
でも、このところの季節の移り変わりと麦の育ちに刺激されて、やる気が出て来ました。

ま、途中までは出来ていましたから、多分明日のうちにはテキストは完了し、イラストの編集も半分くらいは出来ると思います。
毎回、完成が近づいて来ると、次の号がすぐまた出来そうな気になっているのですが、実際にはそうも行きませんね。

食工房、明日と明後日は定休日です。
その間に、出来るところまでやりましょう。

まだまだ寒い

4月になってからでも数回の降雪を見たこの春、10日を過ぎた今もなかなか暖かくなりません。
今朝も、白い霜の朝でした。

もっとも日中は、快晴の下明るい日差しに照らされて暖かい感じがしていましたが、意外に気温は最高でも15℃くらいでそれほど高くなかったのですね。
風はひんやりしていましたもの。

それでもここ数日の中では一番暖かったのではないでしょうか。
お昼前後の食工房の中は、オーブンの余熱で少し暑いと感じるくらいでしたから。

ま、人間の我々の体感はともかく、圃場の麦を見ると一目瞭然、やはり寒いのですね。
成長が足踏みしています。

あぁ、早く暖かくなって欲しい・・・。

と言っているうちに、ゴールデンウィークの頃に、季節外れの真夏日になったりするのかも知れませんが・・・。
お天気には、本当に振り回される感がありますね。

とりあえず明日は、少なくとも日中穏やかな晴天でいてくれるようです。
その後天気が崩れるらしいので、明日は朝のうちに圃場で追肥と中耕作業の続きをする予定です。

食工房は、もちろん営業中です。
皆さまのご来店をお待ちしております。

ゴールデンウィークの予定

期間中に新元号「令和元年」となる今年のゴールデンウィークは、天皇陛下のご退位と皇太子のご即位などの行事が重なり、合わせて10日間もの連休になるのですね。
官庁関係は言うに及ばず、郵便局や銀行、一般企業も大半が休業になる模様です。
一方、この機を稼ぎ時と見定めて営業する店舗、事業所も少なくありません。
そこで食工房はどうするのかと言えば、昨年同様、期間中の定休日も休まず営業を続行する予定です。
その一番の理由は、日頃お目にかかることが出来ない遠方のお客さまが、わざわざ訪ねて来てくださることが少なくないことです。
長いお休みの間に遠出をするという方は、沢山いらっしゃると思います。
ゴールデンウィークは、私たちにとって、一年に一度かあるいは数年に一度しかお目にかかれない方々に再会出来るかも知れない貴重な機会なのです。
と言うわけで今年は、4月25日(木)から5月6日(月)まで、ずっと営業を続けます。
いつもなら定休日前になる4月29日(月)には、臨時にパンを焼きます。
また期間中、店頭コーヒーサービスを実施します。
お天気に恵まれれば、庭にテントと椅子とテーブルを出して、くつろいでいただこうと考えています。
麦畑も茎立ちして、中には穂を出すものもあるかも知れません。
圃場もご覧いただけますので、どうぞ期待してお出でください。
皆さまのご来店をお待ちしております。