カテゴリー別アーカイブ: 健康

年寄りは、体を冷やすな

年を取ったら、体を冷やさないように注意しなくてはいけないと、聞いたことがあります。

私も早や六十代も後半に入り、確かにそうかも知れないと思うようになりました。
そうでなくても痩身の私は、冷えやすいのです。

逆に温まりやすいかどうかは微妙ですが、年を取ると一旦冷えた体はなかなか温まってくれないような気がします。
だから常々気を付けるようにしてはいるのですが、一方気温に対する感受性が鈍るということもあり得るので、温度計を見たり天気情報を見聞きして、頭で考えて判断しなければならないことも気に留めておかなくてはなりません。

で、昨日のことだったのですが、一昨日から昨日の朝にかけて寝ている間に体を冷やしてしまったらしく、おまけに風邪に感染もしていたらしく、朝から一気に具合が悪くなってしまいました。

こなさなくてはならない仕事がありましたので、何とか頑張って持ち堪えましたが、終わった途端立って居られず、すぐに床に就きました。
ところが、悪寒がするばかりで体が温まらず熱が出て来ないのですね。

しばらくの間本当に苦しくて進退窮まる感じでしたが、夕方頃になってやっと体が温まって来て、熱が出ているのが分かるようになるとしだいに楽になって来ました。

今日のパン焼きが出来るかどうか危ぶまれる状況で、娘たちに大方を任せることにしてとにかく休み続けました。
おかげさまで、その後は寝汗をかくくらいになり、一応3時起きして休み休みしながらではありましたが一通りの作業をこなし、その後また横になりました。

その甲斐あって、午後にはずっと起きていられるようになり、家のまわりの散歩コースを一周した後は、便通もありぐんと調子が良くなりました。
この間、喉の痛みや咳が出る瞬間もありましたので、風邪だったのでしょうね。

まだ汗をかくほど体を動かす気にはなれませんが、明日にはもっと良くなると思います。
とにもかくにも、体を冷やしてはいけないのだと思い知った昨日今日でした。

風邪でした

一昨日、ボディーチェックなんて記事を書きましたが、実は微妙な変調を自覚していました。

昨日の朝、いつものように体操をしましたが、体が重いし集中力が続きません。
それにその前の日当たりから、鼻から喉にかけて軽い痛みを自覚していました。

風邪を引いたかもしれないな・・・、感染症の風邪だったらいやだな・・・と思いつつ、ここでうんと体を使って発散させるか、休んで回復を待つか迷いましたが、どうも時間が経過する毎に重くなって行くようなので、午後から横になりました。

間もなく熱が出て来て、寝汗をかきました。
それから後夕食に起きた他は、ずっと寝て過ごしました。

今朝は、まだちょっと微妙でもっと休んでいた方が良いと判断し、朝食の後また寝ていました。
さらに昼食の後、一時起き出してコーヒー焙煎を一回と酵母のメンテナンスをして、あとは娘たちに任せてまた寝て過ごしました。

夕方になってやっと、喉の痛みも無くなり痰が切れて来ました。
夕食もしっかり食べられて、どうやら峠は越えたようです。
この後は早めに休みます。
明日のパン焼きは、大丈夫そうです。
一人親方の自営業ゆえ、うっかり風邪も引けないというわけで、緊張の昨日今日でした。

ボディーチェック

自分の体力や健康度を推測するために、毎日体操をしながらいろいろとチェックをしています。
その他にも、日常の生活場面でこんなことが出来る、あるいは出来ないで、判断出来る項目もあります。

先ずは頭のてっぺんから。

★首を前後に曲げる。
前に曲げた時、自分の足元が見える。
後ろに曲げた時、真上よりも後ろが見える。
首を左右に曲げた時、耳が肩につく。
首を左右に捻った時、真反対側が視野に入る。
気持ち良く、グルグル回せる。

★両手両腕のチェック。
腕をまっすぐ伸ばし、頭の上に上げて合掌。
腕をまっすぐ伸ばし、体の後ろで合掌。

★上体の前屈と後ろ反り
前は、指先が床に届く。
後ろは、後ろに立っている人の顔が見える。

★上体の捻り 首も一緒に捻る
左右それぞれ、反対側が視野に入る。

★腰の関節・足腰全体
足を広げて、ひざを曲げ腰を落とす。
その状態のまま、ゆっくりと腰を前後に6回くらい動かす。
痛みなどを伴わずにしなやかに動く

★足指の体操
足指を閉じたり開いたりする。
足指でジャンケンが出来る?

まあざっと紹介しましたが、毎日やっていると、毎日状態が違うのが分かります。
実際には、これよりもっとずっと多い項目を課しています。
ラジオ体操第二も入れています。

※木曜と土曜は、どうしても時間が無くて出来ません。

その後、家の周り一周1kmを2周。(雨の時、忙しい時は、省くこともあります。)

★その他
目をつぶって、片足立ち 1分間
片足立ちで、靴下を履く

そして大切なことは、ちょっとした痛みや違和感を見逃さないことです。

風邪を引きかけている時など、体がおかしいのがすぐに分かります。


食工房、明日と明後日は定休日です。

少しは効果が出ているのかも・・・

この年末は、今のところ風邪を引いていません。
過去記事を辿って見ると、いつもの年12月に1度か2度、風邪を引いているのですね。
それが今年は、まだありません。

風邪は感染することもあるのですから、体力だけで防げるわけではありませんが、例えば除雪のような体力を使う仕事をしてみると良く分かるのですが、以前より作業が進むのですね。
もう還暦を過ぎた体ですから、いくらでも鍛えられるわけはありませんが、現状維持プラスアルファくらいは可能かも知れません。
同じ作業をしても、確かに疲れ方が軽くなったような気がします。
風邪を引かずにいられるというのも、同じ効果かも知れません。
寒さに対する感覚もずい分違って来たように思います。

毎日の体操とジョギング。
尤も、雪の朝は、代えて除雪作業に時間を割かねばなりませんが。
(かえってこちらの方が体力を使います。)
そこそこ運動が足りているということでしょうか。
本当は、もっともっと体を動かしたいのですが・・・。
やっぱり運動することは、何より重要と思うこの頃です。

去年より体力が上がっているかも知れない

何しろ還暦を過ぎた身ですから、何事につけ無理はしないと肝に銘じています。
しかしながら人間の体というものは、疲れたからと言って休んでばかりいては次第に弱って行くだけです。

ある時は休みつつ、またある時は少々無理をして運動に努めることも大切です。
要はバランスと言うことなのですね。

それが上手く行ったかどうか分かりませんが、今年は確かに体力が上がったと実感しています。
今朝方、河川の草刈り作業で約一時間余り、人の背丈ほどに伸びた草と格闘しましたが、去年のことを思い出して比べると、断然体が楽に動いているのですね。
去年は、最後の方は息が上がって、早く終わらないかな・・・と情けない状態でしたから。

その作業の後、すぐに食工房の製造仕事にかかりましたが、これも最後まで淡々とこなすことが出来ました。
さらに夕方からは、工具を出して来て、風車作りの続きを暗くなるまでやっていました。

あと一つ気が付いていることですが、食べられるようになったことです。
近年、食が細って行く一方で、ちょっと冷えるとすぐに腹具合がおかしくなって油断が出来ませんでしたが、この頃はしっかり食べてしかもお腹の調子もいいのです。

体重も少しですが増えました。
見た目もほんの少しですが、ガリ痩せでなくなったような・・・。

何はともあれ、日々爽快感があるということが、健康の証拠だと思っています。
こんな年齢から、体力が上がるってこともあるのですね。
ありがたい、ありがたい、ありがたい・・・。
生きている間は、とにかく健康でいたいものです。

一生を健康であるために

一生を健康であるために、どうすれば良いか、何をすべきか、何が出来るか・・・、老年期に差しかかった私の世代の者にとって、これは最も重要な人生のテーマではないかと思います。

60代前半は、まだまだ老年期の入口ですが、これからあと何年生きられるだろうかを考える時期でもあります。
もう時間は無制限ではない、与えられた時間を有意義にそして健康に過ごすことは、誰にとってもそうありたいと願う理想ではないでしょうか。

実際には、病気もするし怪我もするかも知れません。
それでも、いつも思うことですが、日頃の心がけとして、病気や怪我をしないように気を付けることは、決して無駄なことではないはずです。

高名なアニメ作家、宮崎駿さんのインタビュー記事を読んだことがありますが、その中で「毎朝2時間を体操など自分の体のために使わないと仕事に出る気力がなくなって来た。」と仰っているのですね。

私も最近の実感として、朝起きてすぐに仕事は厳しいです。
私の場合は、ウォーミングアップのために小一時間は必要です。
否、無理に仕事することは出来るかも知れないけれど、それは良い結果を生まないと分かるのです。

第一に、集中力の欠如からミスを誘う。
第二に、体がシャキシャキ動かないので、作業が捗らない。

否それより何より、朝一番に時間をかけて爽快な気分を味わうところまで体のメンテナンスをしてから一日を始めると、その日一日ずっと気分が良いのです。
これは、とても大切なことだと思っています。
一生を健康であるために、それはまず初めの一歩ではないかと。

若い頃は、こんなこと考えもしませんでした。
もっと体を鍛えていれば良かったと、少し後悔もしているのです。

食べ物のことには、ちよっとこだわり過ぎるくらいいろいろやったのですが・・・。
それは、車の片輪でしかないということに気が付いていませんでした。

ま、これから死ぬまで、あと何年か分かりませんが、少しはうまくやれそうだと思っている私です。

この次は、食べ物の話でもしましょうか。

老化は膝から?

「老化は膝から。」と、よく言われます。
私の周辺でも、年配の方が膝が痛いとか水が溜まって抜いてもらったとか、膝の故障を訴える方が結構いらっしゃいます。

膝が痛くで曲げ伸ばしが不自由になると、次は腰に来るというのが通例のようで、これは理屈で考えても分かることです。
でもそこで私は思うのですね。
膝よりも、足首や足指の不全が先にあるのではないかと。

例えばしゃがむ姿勢を取ろうとすると、必ず足首やつま先の動きが伴います。
そもそもしゃがむという動作は、実際には全身運動であるわけで、バランスを崩さないためには足先はもちろん、上半身も柔軟に動かないことには不可能です。
とにかく立っているだけでも、その安定を保つのに、足首と足指はとても複雑な力学的な仕事をしているのです。

で、今の私たちは、靴を履きますからそれだけで足先を殺しているようなものなのですね。
長年のこの習慣が、足首と足指を含む足先全体の機能を不全にしていることは、間違いないと思います。
あと、凹凸のない平らな地面や床面の上しか歩かないので、ますます機能不全に拍車がかかるのですね。

こんなことを申し上げるのは、山暮らしの時、デコボコの地面や山の斜面を歩き回ることが日常だった私たちと比べて、都会から訪ねて来た方がちょっとしたことで転んで、足首を捻挫するのを度々目にした記憶があるからです。

私の子どもたちは、足指で地面を掴む感覚があると言います。
上の娘などは、こちらに来てどこもかしこも平らな舗装路の上を歩くようになって、当初はとても疲れたと言います。

足先が固まると、次に膝、そして腰に来るというのが、本当の所じゃないかと思うのですね。
そんな考えもあって、私は毎朝、足先を入念に動かすトレーニングを欠かさないようにしています。
膝も腰も、もちろんですが。

それよりも、デコボコの地面と不規則な地形、きつい斜面を上ったり下りたり・・・、山の暮らしは知らず知らずのうちにも体の機能を鍛えてくれていたのだと、今さらながらありがたく思う私です。
そして、平坦な地面の上にいる今だからこそ、なおさら意識して足先を動かさなくてはならないと思っています。
おかげさまで、膝も腰も、今のところ大丈夫です。