カテゴリー別アーカイブ: 麦畑通信

久々に畑へ

中耕

中耕が終わったライ麦


ライ麦

芽が出た頃は、パラパラとまばらな感じがしていたのに、どうでしょうこの様子!
一体何倍になったの?って感じです。


スペルト小麦

製パン用原料として販売されているものです。
種子用ではありませんが、発芽しました。


スペルト小麦

種蒔きの状態


スペルト小麦

筋状に蒔かれているのが分かると思います。
手で薄く覆土しています。


モニタリング

圃場の環境線量です。
土を掘り返しても変化はありません。

今日も、暖かい一日でした。
お天気は下り坂との予報でしたが、日中は雨が降ることもありませんでした。

今日は、食工房の製造仕事を早めに切り上げて、畑に出ました。
久しぶりに鍬を振るって畑を耕しました。

おかげで、夜の今頃になって、腕や肩がちょっと痛みます。
いきなり過負荷にならないように、ずい分控えめにやったつもりでしたが、やはり体が鈍っていたということなのですね。

今日は、生育中のライ麦の畝間を中耕しました。
これは、筋状に麦が生えている合間を鍬で耕して、雑草の根を浮かせて抑制するのと同時に麦の根を適度に傷めることにより刺激を与えて活性化するのが目的です。
必要な時は、追肥も施します。

今シーズンのライ麦は、昨年とは変えて筋蒔きにしています。
これも、この中耕をするための計らいです。

生育はとても順調で、極薄蒔きしたはずなのに、ご覧のように分けつしてものすごく旺盛です。
娘の談によれば、種まきの前に種子の選別を徹底的に厳しくやったことが、好結果に結びついているとのことです。

確かに、昨年までとは全然様子が違います。
生育も揃っているし、弱弱しい株が全くありません。

さて一方で娘は、スペルト小麦の種まきをしていました。
そもそも種子用のものではなく、発芽するかどうかさえ分からなかったのですが、発芽実験をして芽が出ることを確認していましたので、先ずは春蒔きを試しているわけです。

麦は、秋蒔き越冬栽培のものと春蒔きのものがありますが、このスペルト小麦がどちらに適応しているのか不明なので、両方やって見ようということになっています。
したがって、今年の秋にはまた残りの種を蒔きます。

畑には、まだこの他に、南部小麦、デュラム小麦、品種不明の小麦が数種類育っています。
全滅したと思われたライ麦の品種改良実験種も、少しですが生き残ったものがあり、様子を見ています。

そしてひとつ残念だったのが、国産初のデュラム小麦「瀬戸デュール」でした。
耐雪性を調べるのが目的でしたが、降雪前に育ち過ぎたことも原因してか、根腐れを起こして跡形もなく枯死してしまいました。
さらなる挑戦を続けたいと思っています。

そのようなわけで今、畑はさながら麦の実験圃場の様相を呈しています。
尤もこの後、じゃがいもやかぼちゃ、キュウリやトマトも植えるのですが・・・。
おかげで、畑が狭くなって来ました。

パタポン、厚みの限界に挑戦

パタポン

どのくらいの厚みか分かるように、つまようじを置いてみました。


パタポン

ラベルがかわいいと好評です。

薄焼き穀物クッキー “パタポン” を焼きました。
クッキーと言うより、せんべいと言った方が当たっているかも知れません。

このパタポンは、とにかく薄いほど食感が良く、おいしく感じる焼き菓子なので、成形にはとても手間がかかります。
そして、天板の枚数をやたらに食うので、オーブン効率が悪いのです。
焼き時間は短いのですが、その代わり少しでも油断すると焦がしてしまいます。

手間暇がかかって、しかも焼く時の緊張感が高い。
しかしそこもまた、追求と向上を何より楽しみとする、食工房病のなせる業なのですね。

今日は、生地を延ばす機械のローラーの隙間を目盛いっぱいまで狭くしました。
ですから、今後これ以上薄くは出来ません。
まあでも、これで十分でしょう。
これ以上薄いと、壊れやすくなるでしょうから。

ノーシュガーで何の飾り気もないシンプルな風味、しかし妙にはまってしまう不思議な焼き菓子、それがパタポンです。

食工房

クッキー類が全種類揃いました。
滅多にない風景です。


飯豊の空の下から・・・

飯豊の空の下から・・・

会津坂下町旧宮川沿いの土手から飯豊山を望む

気持ちの良い晴天、風向きが良く飯豊山に雲がかかっていません。
こんな日は、年に何日あるかないかです。

仕事を放り出して、写真を撮りに行きました。

そのついでに麦畑にも立ち寄って、こちらでも写真です。

麦畑通信

渡辺農圓第一圃場のライ麦
奥に隣り合ってほぼ同じ面積の圃場がもう一枚あります。
飯豊山を望む絶好の場所です。


麦畑通信

春になって再生したばかりのライ麦の若葉
地表からの目線でも、飯豊山が見えます。

ライ麦の圃場は、飯豊山を望む絶好の場所にあるのです。
ここで育ったライ麦が、プンパニッケルや堅焼き黒パン、ライ麦入り角食パンなどになるのですよ。

ありがたいですねぇ。目出度いですねぇ。


明日と明後日、食工房は定休日となっております。
お間違えのございませんように。

六条大麦

麦畑

新緑とコントラストを成す、麦秋の眺め
黄金の輝きに勝るとも劣らぬ素晴らしい色合いです。


麦畑

穂を真上から見たところ
ノゲが、きれいに六方向に伸びているのがよく分かります。


麦畑

まさに豊かな稔り!

今日は、微風快晴の空の下、山都町のすぐお隣の地区高郷町の農家さんを訪ねて、刈り取り間近になった大麦の圃場を見せていただきました。

食工房でいつもご好評いただいている大麦パンに使用される大麦は、こちらで生産されたものです。
品種的には、六条大麦でうるち種だそうです。
麦にも、うるちともちの二種あるというのは、今まで知りませんでした。
少し離れた圃場では、もち種の試験栽培も行われていました。

それにしても先ず感激したのは、いち早く麦秋の風景になった大麦畑の美しさでした。
六条というのは、真上から見ると良く分かりますが、茎の周りに六列実が付いているのですね。
ちょうど六角形をなしていて、ノゲも六方向に長く伸びて幾何学的な形状です。

とにかく見た目がにぎやか!
今日は、明るい日差しの下でノゲが光って、まさに最上の麦秋の眺めでした。

こんな素晴らしい風景を見せてもらったのですから、その麦で最高においしいパンを焼かなくては・・・という気にならないわけがありませんね。
本当にありがたい自然の営み!
パン屋も、がんばります。

麦畑通信16.05.22

今シーズンは、ライ麦を2軒の農家さんに、小麦も2軒の農家さんに、そして大麦を1軒の農家さんに作っていただいています。
今日は、ライ麦の圃場と小麦の圃場を見て来ました。

この冬は特別雪が少なかったので、春先の芽吹きが早まり、穂が出る時期も二週間以上早くなっています。
そして、晴れの日と雨の日がうまい具合に交互にやって来たせいもあって、生育はとても順調です。
この後のお天気次第で、昨年よりも豊作になる可能性十分です。
ライ麦も小麦も、何とか食工房の一年間の必要量を満たすことが出来るのではないかと、大いに期待しているところです。

この次、美しい麦秋の風景をお目にかけることが出来ると、今から楽しみにしています。

麦畑通信

沼ノ平 中川圃場(ライ麦) 元水田で初の試みです。


麦畑通信

沼ノ平 中川圃場(ライ麦) 近影 少し雑草が多いですが、生育は順調です。


麦畑通信

千咲原 大江第一圃場(小麦) 今シーズン3年目の連作になり、やや生育状態に不安を感じました。


麦畑通信

千咲原 大江第二圃場(小麦) こちらも3年目になりました。


麦畑通信

千咲原 渡辺第一圃場Ⅰ(ライ麦) 昨年コンバインからこぼれた種で、このような見事なライ麦畑になってしまいました。
耕転、種まきなど、一切手をかけていません。全くの自然生えです。


麦畑通信

渡辺第一圃場Ⅱ(ライ麦) こちらは、耕して種まきした圃場です。
左側半分が、極端に発芽率が悪いですね。(種が悪かった可能性があります。)
全体に草に負けてしまっています。いいところは、全体の1/4くらい・・・。


麦畑通信

千咲原 渡辺第二圃場(小麦) ここでの小麦は初作です。
生育は、まずまず順調です。収量も期待出来ます。

夜も宝

早朝の気持ち良さは格別と喜んでいる私ですが、今日日が暮れて涼しくなってから、オーブンの余熱を冷ますために店の扉を全て開け放って、換気をしていました。

誰もいないのはさすがに用心が悪いですから、店の前に椅子を出して涼みながら番をするのですね。
そうすると、夜空一面に星が瞬いていて見事!見事!
そうでした、「お空眺め」の楽しみは夜でした。
と言うわけで、夜も宝です。

そしてもう一つ、涼みついでに畑の方も見張っています。
暗くなると、すぐに獣たちは動き出します。

お隣の畑のとうもろこしが、気の毒なことに全滅させられそうです。
うちの畑にも来るのですが、網を張り巡らしてあるので手が出せないようです。

センサーライトも2つ設置してあり、今夜も突然作動しました。
今夜は、ロケット花火を持って待ち構えていましたので、すかさず一発放ちました。
畑をめがけて飛んで、ちょうど真上あたりでバーンと破裂音が鳴りました。
多分、一目散に逃げたことでしょう。

そんなこんなで、作物は何とか大丈夫です。
とうもろこしもスイカも楽しんでいます。

クマも、あれ以来気配がありません。
もちろん油断はしていませんが。


パン生地に触りました。

パンづくり
パンづくり

にぎやかな毎日です。

孫

白無地のTシャツに、好きなように絵を描いてオリジナルTシャツを作っています。

滞在4日目、孫たちはまだまだこれからという勢いのハイテンションです。
まあでも、元気をもらいますね。
ボンヤリはしていられませんが、それがいいのでしょう。
明日は、じゃがいもを掘ることになるかも知れません。

それはそうと今日、スイカの初食いで感激しました。
うちの畑のスイカを、初めて食べました。

まあその甘かったこと!
晴天続きなのが、幸いしていますね。
大成功です。

尤も、裏で上の娘の働きが功を奏しているのですが・・・。
畑の秘密を、いずれ明かしましょう。

さて、明日から仕事もこなしながら孫の相手もしなくてはなりません。
自営業の緊張感を、少し感じてもらうのもいいかも知れません。

手加減はしないで、バリバリやります。


食工房畑のライ麦

ライ麦

2015年収穫のライ麦原穀

麦畑通信・2015.07.01

麦畑通信

山都町千咲原 渡辺圃場 ライ麦


麦畑通信

山都町千咲原 大江圃場 南部小麦

今日は雨模様の一日でした。
畑の作物には恵みの雨となりました。

ここしばらく麦畑の様子を見に行ってなかったので、思い立って見に行きました。
うちの畑のライ麦の様子を見て、あちらも色づいた頃に違いないと思ったわけです。

ライ麦も小麦も、素晴らしい成長を遂げていました。
特に、ライ麦の実の入り方がすごいです。
順調に行けば、初めて全量地元産で賄えるかも知れません。

さて一方、明日のパン焼き、いかが相成りますか?
酵母の調子は、上々ですが・・・。

今まで長年の間、酵母の培養だけは経験と勘に頼って手加減していましたが、今度からきっちりと計量して、記録も残しながらやることにしています。
娘も傍に貼りついて、一緒に覚えています。

先週出荷分も合わせて焼くので大量です。
失敗は許されません。
さあこれからまた酵母の様子を見ます。

今夜は、気が張って眠れないかも・・・。