Do it yourself」カテゴリーアーカイブ

現金の消毒を考えてみる

ネットで検索して見ると、今回のコロナウイルス騒動で、やはり現金に触れることのリスクが話題になっている様子です。
確かに昔からお金はある意味汚いと言われて来ましたから。
何時どこで誰が、どんな手で触れたか分かりませんからね。

今の状況では、店で商品と現金を交換する際のリスクは、売る側にも買う側にも同じように存在します。
ほとんどの場合心配はないと言えるのかも知れませんが、万が一当たってしまったら誰のせいにするわけにも行きませんから、ま、店を構えている側としての社会的責任を考えて、何とか消毒する方法はないものかと模索中です。

それでとりあえずイケるのではないかと試し始めたのは、やはり次亜塩素酸水を使う方法です。
空間除菌にも使われる次亜塩素酸水ですから、現金の消毒に使えるのではないかと考えたわけです。

レジスターのキャッシュトレーに次亜塩素酸水を浸み込ませたキッチンペーパーを敷き、その上に紙幣や硬貨の入ったボックスを置きます。
引き出しを閉めれば、中は密閉されたごく狭い空間ですから、すぐに次亜塩素酸が充満します。
トレーを開く度に、かすかに塩素臭がしますので、一応効果は上がっているのではないかと思っています。

さらに、一日が終わって現金を引き上げたら、シール容器に次亜塩素酸水を浸み込ませたキッチンペーパーを敷き、紙幣はそのまま硬貨はボックスに入ったごと入れて蓋をします。
翌日の営業開始時間まで開けないようにしておけば、かなり効果的に殺菌出るのではないかと考えています。

低濃度でも効果が減少しない次亜塩素酸水、しかもコスト的にはアルコールの1/200以下です。
そしてこれが最も重要なことですが、ウイルスも細菌も、次亜塩素酸に対しては耐性が生じないことが知られています。
※注 次亜塩素酸水は、次亜塩素酸が溶け込んだ水溶液のことを言います。

なお引き続き情報を調査して、効果の程度を確かめたいと思っています。

温水ボイラーの修理完了

Do it yourself

暖房用温水ボイラー 前の家主が設置したもので、20年近く前の旧型です。
家の軒下に設置されていて、冬の間は雪囲いの中に閉じ込められることになります。


Do it yourself

全面カバーパネルを外したところ。
左側底面に振動センサーが取り付けられています。
リード線は、仮復旧のため短絡してあるのがお分かりになるでしょうか。
赤い線、緑色のビニールテープが巻いてある部分。


Do it yourself

これが振動センサーです。右側が新品、左側が故障して取り外したもの
感度は、100~170ガル 直径が100円玉くらいの小さいものです。

先日の記事で取り上げた暖房用温水ボイラーのパーツが届きましたので、取り付けて修理完了しました。

ま、この程度のことを自慢してもしょうがないのですが、何かの参考になればと思いまして・・・。

次亜塩素酸水をつくる

今や市中でほとんど手に入らなくなったアルコール消毒液ですが、それに代わるものがあるはずと、いろいろ調べているうちに見つけたのが、次亜塩素酸水というものでした。

水道の滅菌用として使われている次亜塩素酸ナトリウムは、漂白剤としてまた除菌消臭剤として家庭でも使われており、ウイルスを不活化させる働きがあることから、調理業務の現場でもよく使われています。
しかしアルカリ性が強いので、手洗いなど身体に直接触れる使い方には適しません。

この次亜塩素酸ナトリウムを酸で中和してpH6.5~7.0の中性にした水溶液が次亜塩素酸水です。
次亜塩素酸ナトリウムよりさらに強い殺菌力やウイルス不活化力があり、低濃度でも効果が減少せず、しかも身体に対して安全だとされています。

次亜塩素酸水についての詳細は、以下のリンクより参考資料を見てください。
<参照1> 「次亜塩素酸水」
<参照2> 「いつかここに」

さてこの次亜塩素酸水を家庭で簡単に作ることが出来ると言うので、紹介されている方法でつくって見ることにしました。
材料の次亜塩素酸ナトリウムは食品添加物として容易に入手可能ですし、炭酸水も飲料水ですからこれも入手は容易です。
あとは、pH試験紙またはpH計、保存容器やスプレーボトルなどを用意します。

今日はそれらが揃いましたので、早速調合して見ました。
薄めずに使える範囲で最高濃度の250mg/ℓのものを10ℓつくりました。

これを霧吹きに入れてアルコールと同じように使います。
アルコールと違って短時間に蒸発しませんので、少し待ってから濡れた手をティッシュペーパーで拭きます。
もう少し濃度を下げれば、口の周りや鼻や喉に向かってスプレーしてもいいみたいです。
詳しいことは、<参照2>のブログ「いつかここに」を詳しくご覧になってください。

眠いです

いつもなら昼寝をして3時起きの睡眠不足を解消出来るのですが、今日は朝から暖房用の温水ボイラーが故障し、雪が降る屋外で修理をしたせいで、もはや起きてはいられません。

このボイラー、数か月前から挙動がおかしくなり、地震でもないのに対震感知エラーが出て起動出来ないことが度重なるようになっていました。
これまでは、電源再投入で復帰することがほとんどでしたが、今日は何度やってもダメ。
折しも明日にかけて降雪との予報が出される中、寒いのは敵わんと、修理に挑戦しました。

まずは、雪囲いの一部を外してボイラーにアクセス出来るようにすることから始めなくてはなりませんでした。
本体カバーを外し、振動センサーが取り付けられているあたりを点検しましたが、外見上は何の異変もありません。

多分電気的な接触不良だろうと考え、電極を掃除して再接続したところ、立ちどころに復旧しました。
と思ったら、しばらくしてまた不調。

ひょっとすると振動センサーそのものがイカれているかも知れないと思い、また雪囲いを外すところからやり直しです。

今度はセンサーを外して導通試験をしてみると、やはり導通が不安定でした。
電極を磨いたり、ひょっとしてこれで直るかもと本体を激しく振ったりして再装着して見ましたが、やはりダメ。
仕方がないので、電極を短絡して仮復旧させました。

幸いにも、部品はすぐに見つかり、モノタロウに注文しましたが、部品代が369円なのに送料が500円!には驚きました。
しかし、1000円以内で元通りに直るなら安いものと納得。

明日か明後日、それが届いたら部品を取り替えて修理完了します。

さて、あとは寝るだけです。

小さな部品一個で

DIY

今回は、こんな小さな部品1個で、捨てようと思っていた刈り払い機が生き返りました。


DIY

エンジン始動の時、先ずこのポンプを押して燃料を吸い上げる必要があります。
これが劣化して破けていました。(これは、交換後の画像です。)


DIY

使いが荒いわりには、超長持ちしています。
小さい立ち木くらいは、バツンバツン切っていますし、石やコンクリートに強く当てたことも何度もあります。
それでも壊れないんだから、良く出来ているってことでしょうね。

田舎暮らしで必需品なのが、エンジン式の刈り払い機(草刈り機とも言います)です。
自分の家の庭や家のまわり、畑や田んぼの草刈りはもちろんですが、地域の労働奉仕などで草刈りをする時は、この刈り払い機を持って行かないことには仕事になりません。

私も、かれこれ30年以上も山の中や農村に暮らしていますから、刈り払い機にはずっとお世話になっています。
何しろ使いが激しいので、当然消耗します。
現在、3台目を購入して使っています。

調子が悪くなったり、部品が壊れたりが原因ですが、これまでに出来る修理はすべてやった上で、もうそろそろいいよね・・・と結論を出して買い替えて来ました。
それでもすぐに捨ててしまう気にはなれず、1台目はかれこれ16年近く、2台目は昨年の秋頃から、使われない状態で置いていました。
しかし、上の娘も刈り払い機を使うようになりましたのでどうしても2台必要になり、先日のことお蔵入りしていた古い刈り払い機を引っ張り出して修理しました。

今時、インターネットのおかげで、先ず見つからないだろうと思っていた部品が探し回った結果見つかり、購入することが出来ました。
それを取り換えれば、エンジンがかかることは分かっていましたから、2台目の刈り払い機は部品交換とクリーニングで復活しました。

エアクリーナーのスポンジもボロボロになっていましたが、台所用のスポンジをカッターナイフで加工して作りました。
おかげさまで、1000円程度の出費で、3万円近くする刈り払い機を1台買わなくて済みました。
これで、まだあと10年以上使えるでしょう。

ちなみに初代の刈り払い機も、キャブレターのオーバーホール、そして傷んだパッキンにコーキングを施して組み立てた結果、部品交換することもなく1円の出費も無しにめでたく復活しました。
こちらも、あと10年以上使えるかも知れません。

DIY万歳!

DELL Vostro1000 Windows10 その後

この一年あまり、Windows10に触れた記事へのアクセスが、ずっと一定数あります。
その後のことについて、備忘録を兼ねて少し触れておきます。

家にはPCが合計5台あって、現在全てWindows10で稼働しています。
その中で一番旧式で、WindowsXP後期モデルのDELL Vostro1000がWindows10で稼働していることに、関心が持たれているようです。
これまでの経緯については、過去記事をご覧いただくとして、ごく最近はどうなっているのか、ここに絞ってご報告いたします。

まず、現在のバージョンですが、昨年8月Windows10 Anniversary Update を適用後、公開された更新は全て適用してしている状態です。
今、Windows10 Creators Update が公開されたばかりですが、これについては後で少し触れます。

現状でどのくらいのことが出来ているかですが、WordやExelでの作業、メールの送受信に関しては、全く問題なしです。
ブラウザによるWebページの閲覧は、概ね問題はありませんが、例えばGoogleマップのストリートビューを表示させると、グラフィックプロセスが追い付かなくてスムーズに動かせません。

航空写真モードで、Ctrlキーとマウスを使って3Dビューを見ようとしても、全く動作しません。
やはりグラフィックボードの能力が限界のようです。

これはもう仕方ないですね。
対応能力を超えるアプリは、動かなくて当たり前です。

一方、ビデオ再生に関しては、一時全くひどい状態でしたが、最近わずかに良くなったかな・・・と言う感じがしないでもありません。
一時、再生不能で涙を呑んだファイルの中のいくつかは、順調に再生出来るようになりました。
全体的には、起動は速いしシャットダウンも瞬足完了しますし、重い作業をしない範囲では全く不備はありません。

さて最後に、公開されたばかりの Windows10 Creators Update ですが、新しもの好きの好奇心が勝って、先日すでにトライしています。
いち早く手動でアップデートを適用出来るオプションが用意されていましたので、それを試してみたというわけです。

結果から申し上げると、アップデート自体はとてもスムーズに完了したと見えましたが、実はLANボードが動作しなくなっていました。
これでは、インターネットが利用出来ません。

トラブルシューティングの結果は、「ネットワークアダプターのドライバーに問題があります。」とメッセージが出るのみです。
ところがインターネットにつながらないのでは、ドライバーの更新を試すことは出来ません。

苦肉の策で、別のPCでドライバーを探してダウンロードし、USBメモリーを介して適用してみましたが、「最新のドライバーが適用済みです。」と出て、いっこうに解決しません。

やはりこれは、アップデート自体に問題があるなと判断して、元のバージョンに戻しました。
元のバージョンへのロールバックは全く問題なく短い時間で完了し、また今まで通りに稼働するようになりました。

と言うことで、Vostro1000 に関しては Windows10 Creators Update の適用には、慎重になった方がよろしいようです。
以上、ご参考までに。

Windows10の記事が読まれているようです

このブログのカテゴリー”Do it yourself”の中にまとめてある、Windows10に関する記事が多数閲覧されているようです。
古いPCでもWindows10が動くというのは、Windows10がそれだけ融通の利くOSだという証拠です。
それを実証しているところが、皆さまの興味を引くのでしょうね。
移行時には、複数のトラブルもありましたが、現在は問題はほぼすべて解決済みで、PCの中の問題に頭を悩ますことはほとんどなくなりました。
最近は、OSが何であるか・・・ということも考えなくなりました。
Windows10で全く何の不満もないし、仕事も順調にこなせます。
セキュリティーも、わざわざ別なソフトを使うこともありません。
敢えて取り上げるとすれば、Windows10は変化し進化するOSだということでしょうか。
この一年余りの間にも、大きなアップグレードが二つあり、当初のWindows10とは別物と考えても良いくらい機能の更新が進んでいます。
Microsoftが好きじゃないとか気に入らないという人はともかく、Windows10は今までのWindowsの中では一番ありがたいOSです。
断然Good!です。
例えばXPマシン(Vistaダウングレードバージョン程度以上)で、Windows10の最新アプリを使えますし、Windows7対応のデバイスを、Windows7用のドライバーで問題なく動かせたりするのですから。
現在Windows7またはWindows8で、無料アップグレードを見送ってチャンスを逃した方、惜しかったですね!
でも、まだ無料で移行出来る裏技があるみたいですよ。
私が、保証は出来ませんが・・・。
でも、ある程度のスキルがないと出来ませんので、ここでは具体的な方法は申し上げません。
やって見たい方は、ご自分で検索して見つけてくださいね。

期限内にWindows10に移行出来なかった・・・

先月7月29日で、Windows10への無償アップグレード期間が終了しました。
その日までに、Windows10に移行しなかった人は、案外多いようです。

私の身内にも、二人いました。
二人に共通しているのは、日頃PCは使うことがなく専らスマホで用が足りているということです。
Windows10への無償アップグレードのことは知っていたようですが、何しろ取りかかる時間がないどころか詳しいことを調べる時間さえもなかったようです。

そのうちの一人のPCのメンテをする機会があり、中を見ることが出来ましたが、OSの更新やセキュリティーソフトの更新が出来ておらず、いろいろと厄介なことになっていて、すっかり調子が悪い状態でした。
こんな様子では、Windows10へのアップグレードを実行しても、多分トラブルに見舞われただろうと思います。

どの道出来なかったのだからいいのですが、PCという道具は、多くの人が思っているほど簡単な機械ではないのですね。
そこらへんのことを全く知らなくても、使い方だけ覚えて何とか役に立てることは出来るのですが、一旦トラブルに見舞われたが最後、手も足も出せなくなるというのがよくあるパターンです。
メーカー製のPCなのに、最初からメモリー要件を満たしていない(メモリー不足)なんてことも実際にあって驚きました。

まあそれはさておき、無償アップグレード期間を過ぎても、今のところ無償でWindows10を手に入れることは出来るようです。
ただし、今までのようなアップグレードではありません。
クリーンインストールという方法をとる必要があります。
この時に、古いPC(Windows7またはWindows8.1)のプロダクトキーを使って認証を受けられるらしいです。

尤もこの方法は、初心者にはお勧め出来るものではありません。
でも、堪能な人に頼んでやってもらうことは出来ますね。
参考になる記事を見つけましたので、気になる人はアクセスしてみてください。
<参照>
※いつまでこの方法が通用するのか、もちろん保証はありません。

Dell Vostro1000 Windows10 64bit

今日は、またパソコンの話です。
興味の無い方には、さっぱりかも知れません。
どうぞ悪しからず。

今回は、敢えてやらなくてもいいと言えばいい程度のことでしたが、私の興味が勝って実行と相成りました。

Vostro1000のCPUは、元々64bit処理に対応していましたから、64bitOSで動くことは間違いなかったのです。
ただ、搭載可能メモリーが公称2GBまでですから、その通りだとしたら64bitOSにする意味はありません。

しかし、4GBまで増設して何の問題もなかったので、これを有効に活かしたいなら64bitOSも意味のある選択となります。
このPCはメインで使用するわけではなく、重要なデータはおいていませんので、教材用と考えて思い切った実験もしてみたかったのです。

で、ネットで調べたら、いかにもあっさりとWindows10 で32bitバージョンから64bitバージョンにした例が見つかりました。<参照>
そこでそれに倣って、私も64bitにしてみました。
結果は、うまく行きました。

やることは、Windows10 32bitバージョン環境のPCに、64bitバージョンをクリーンインストールする、これだけです。

そのために先ず、MicrosoftのサイトでWindows10 64bitのセットアップツールをダウンロードして、USBメモリーに入れてインストールメディアとして用意しておきます。

すでにWindows10 32bitがインストールされている状態のVostro1000に、このUSBメモリーを挿して電源を入れます。
最初の起動画面が出たらすぐにF12キーを連打して、Boot Menu画面を出します。

その画面上で、USBメモリーで起動するよう設定してEnterキーを押して先に進みます。
後は、画面の指示に従って進めるだけです。

途中、インストールオプションを聞いて来るので、Windowsのみをインストールするを選択。
次にインストール場所を聞かれるので、Cドライブを選んでフォーマットを指定します。
それが終わったら「次へ」をクリックして先に進みます。

プロダクトキーを聞かれることが途中2回ほどありますが、スキップして先に進んで大丈夫。
インストールが終わった後、自動的に認証されます。

大事なデータが沢山入っている場合は、確実にバックアップを取っておくようにします。
クリーンインストールは、データもアプリケーションも全て削除されて、真っ新の状態になると言うことですから。
バージョンを変えるには、これ以外方法はないみたいです。

まあでも、意外なほどあっさりと64bitになります。
メモリー領域が広がるのはうれしいですね。

このあたりは半分趣味みたいなものですから、勉強を兼ねて楽しみながらやっています。
実はそれが、PCに関するトラブル解決のノウハウの構築に繋がっているので、本当は大きな実益にもなっているのです。

あと補足ですが、グラフィックドライバーは、もう一度入れ直さないと、最大解像度が出ませんので要注意です。
ドライバーは、32bit 64bit 共通です。
どこかに保存しておいて後で呼び出せるようにしておく必要があります。

もう一つ、電源オプションのシャットダウン設定で、「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外すのを忘れないように。
あとはアプリケーションのインストール、データの呼び戻し、詳細なカスタマイズをやり直して、元の環境を復旧します。

たまにこういうことをやると、忘れかけていた設定のプロセスを復習出来て、その度にスキルアップして行けるのでいいと思っています。

ほぼすべてうまく行った64bit化ですが、グラフィックドライバーに関する問題が残っていて、それは解決出来ていません。
相変わらず、動画の再生が良くないです。
それでもYouTube は、ちゃんと再生するみたいです。
もっと勉強しないと、このへんのことは分かりません。

以上備忘録も兼ねて、ご参考になれば幸いです。
<こちら>もご参考に。

※Windows10に関する記事は、”Do it yoursef”カテゴリーにまとめています。

Windows10

64bit OS になって、メモリー領域が大きくなっているのが分かります。


Windows10

利用可能領域が2倍近くに増えています。


Windows10

リソースモニター画面のメモリーの状態を見ています。
4GBのメモリー空間が有効に使えることが確認出来ます。


今日の気分は、これ

Windows10に関する記事が読まれているようなので

PC

デスクトップ背景も、2枚のディスプレーにオーバービューで表示しました。
おっと、机の上のゴタゴタはお見逃しのほど・・・。

このブログ(Wordpress)の管理者用画面を見ると、アクセスの多い記事がランキングされています。
それを見ると、このところずっと、「Windows10入れてみました。」というタイトルの記事にアクセスが集中しています。
Windows10への無料アップグレードが、あと1か月足らずで期限切れになることから、皆さまの関心も高いのだと思います。

実のところ自分のための備忘録なので、どの程度皆さまのご参考になるのか・・・、甚だ自信がありません。
Windows10に関する記事は他にもあって、すべてカテゴリー Do it yourself 収まっていますので、よろしかったらご覧ください。

私個人的には、Windowsを使い続けるのなら、早いところWindows10にした方が具合がいいと申し上げたいところです。
しかしPCユーザーは千差万別で、本当は、どのくらいのレベルでPCを使っているのか、リテラシーという言葉で包括される、例えばPCのハードウェアやソフトウェアに対する理解度、また操作や使いこなしに関する熟練度、それらを総合的に評価して、その人がどのレベルのユーザーかによって、セルフサービスでのWindows10への移行を推奨出来るかどうかが決まるのだと思います。

Windows7やWindows8・8.1を使い続けても、それぞれあと数年はサポートが継続されますから、それが切れるころにはPCそのものを買い替える方が得策という場合もあるでしょうし、そうせざるを得ない状況(故障などで)になることもあるでしょう。
あるいは、スマホやタブレットがあるから、あとはPCは要らないと考える人もいるでしょう。
そういう方は、現行のまま使い続けた方がよろしいと思います。

また、私の友人の一人は、さっさとMacに乗り換えて大満足していますから、そういう選択もありです。

自分でやるという場合、やはりある程度の知識と経験はあった方がいいと言うか、必須かも知れません。
Microsoftが言うほど簡単には行かないことは結構ありますから。

私の場合も、いろいろトラブルを克服しなければなりませんでしたが、それでもその後の状況からすれば、Windows10環境の方がずっと仕事がしやすいことは間違いありません。

Windows7上で動いていたアプリは、すべて動いています。
家で一番古くなったデバイス、Canon MP-600 (インクジェット複合機)も、Windows7用のドライバーで、プリンター、スキャナー共に問題なく動作しています。

以上ご参考になれば幸いです。

Vostro1000、Windows10を追い切れなくなった?

WindowsXPの時代から使って来たノートPC、Dell Vostro1000にWindows10をインストールして調子よく使って来たことは、何度か申し上げましたが、最新ビルドへの更新後、ちょっとした異変が起こりました。

動画の再生が不調なのです。
ビットレートの低いものはほとんど目立ちませんが、高さ720px以上の動画では音声も映像もプツプツとノイズを伴って途切れ途切れに再生されるようになりました。

以前はそういうことはなく、映像も音声も十分楽しめたのです。

動画の種類には関係がないようなので、ディスプレーアダプターのドライバーがマッチしなくなったのだろうと思うのですが、何しろこの機種のドライバーのアップデートは当の昔に打ち切られています。
Windows10を入れた時に当てたドライバーを見つけたサイトに行ってみましたが、新しいドライバーはありませんでした。

後は、Windows10の方で対応してくれる可能性があるかどうかです。
以前は、ちゃんと再生していたのですからね。

動画の再生以外は、全く不具合はないようです。
静止画像なら問題ありません。
ブラウザの動作も普通だと思いますし、音楽もwavでもmp3でも再生に不具合はありません。

ハードディスクを250GBのSSDに換装し、メモリーも4GB積んですこぶる調子良く動いていただけに、ここに来て「それはないだろう・・・!」というのが実感です。
どうにかならんか、Windows10!

以前のバージョンに戻すことを試しましたが、これがとんでもない曲者で、一つ前のビルドに戻ってくれるのかと思ったらそうではなく、見かけはWindows10なのに、既定のプログラム(メール・Microsoft Edge ・Groobeミュージック・映画テレビ・One Note など)がすべてグレーアウトで動作しません。

仕方なく、もう一度Windows10へのアップグレードをやり直しました。
ま、それ自体はスムーズに完了して、元のWindows10最新ビルドに戻りましたが、やはり動画再生は不調です。
もうしばらく様子を見ながら付き合って見ようかなと思っているところです。

ちなみに我が家には、計5台Windows10環境のPCがありますが、Vostro1000以外ではこうした問題は起こっていません。

似たような状況下にある方、以前のバージョンに戻そうとしても正常に復元されませんので、ご注意ください。