食工房のパンだより」カテゴリーアーカイブ

ライ麦の収穫、確定

昨日から乾燥機で水分を減らしていたライ麦が仕上がり、今年産のライ麦の収穫が確定しました。
食工房の材料室に保管中です。
来週には、一旦町営の保冷庫「雪むろ」に預けます。

それで、気になっていた収量ですが、思っていたよりかなり少なく約200㎏程度でした。
一方、品質に関しては、昨年より良いと思っています。

昨年の種まき以後、生育状態を撮影した写真を見ると、ずい分肥料むらがあってそれがそのまま穂の付きに反映されているようです。
結局、収量が上がらなかった面積がかなりあって、その部分で収量を落としたものと思われます。

尤も、生育の悪いところでも、どんなに小さくても穂は付きますし実もなりますが、粒形は小さく数も少なくなります。
一方、草丈も短く最後まで倒れることもありませんから、収穫時の作業性は格段に良くなります。

だからと言って、収量を欲張って、穂が重くなって倒れるのも困りますから、そこはバランスでしょうね。
やはり、水はけが良くしっかりとした有機土壌を養って、基本的な地力をつけておくのが一番でしょう。

来年は、またもう少しうまくやれるでしょう。
年々進歩して行けばいいと思っていますので。

ところで、出来るだけ早いうちに、一度試食用のパンを焼いてみなくてはなりませんね。
ちなみに、昨年は8月8日に、スペルト小麦とともに残留放射能検査を終えてから、試食用のパン焼きをしています。

今年は、残留放射能検査をする前でも、一度焼いてみようという判断です。
最早、残留放射能の懸念は無いも同然ですから。

差し当たり、7月16日または23日の木曜日を考えています。
詳細を、追ってお知らせいたします。

ライ麦収穫

麦ラボ

中島第2圃場、2020年産ライ麦原穀

本日は、後にも先にも無い貴重な梅雨の晴れ間となりました。
曇りがちながら時折日差しもあり、圃場はよく乾きました。

この機を逃してなるものかと、ライ麦の収穫作業にとりかかり、残っていた分すべてを収穫しました。
先に収穫を終えた分がすでに乾燥機に入っていますから、残りを今日収穫して一緒にしてしまいたかったのです。
そうしないと、最低処理量というものがあって、少量過ぎると乾燥機が上手く回らないのです。
おかげさまで、コンバインで刈り取り同時脱穀し、余裕で間に合いました。

作柄は、昨年よりはいいのじゃないかと思います。
収量は、乾燥が終わらないと正確なところが分かりませんが、昨年よりは多くなりそうです。
期待していたよりは、ちよっと少ないかも知れません。

さて、明日は予定通りパンを焼くことにして、先ほど仕込みも終えました。

今夜はこの後雨が降り出し、明日にかけてまとまった降雨となり、その後はすっきりしない空模様が続くそうですから、今日の首尾のおかげでいくらかでも枕を高くして眠れそうです。
圃場には、まだスペルト小麦が収穫を待っています。
この次の晴れ間はいつでしょうか・・・。

明日は、久しぶりに私も一日店に居られそうです。
ご来店をお待ちしております。

明日も、平常通り営業

とにかくお天気が微妙です。
臨機応変です。

今日は、いつも通りパンを焼いて店も開けました。
その甲斐あって、平日にも関わらず少なからぬお客さまにご来店いただきました。
本当にありがたく、改めて感謝を申し上げます。

私は、カミさんに店番を任せて、パン焼き作業が終わった午後から、上の娘と圃場にてライ麦の収穫作業をやりました。

今にも降って来そうな空を見上げながら、祈る気持ちでコンバインを動かして昨日までに刈り終えて稲架にかけて置いた分を脱穀しました。

まだ乾燥が足りず少し軟らかさが残る状態でしたが、この後のお天気がどう変わるか予測が付きませんから、今しかないと判断しての作業でした。

そしてまだ圃場に残っている分の一部を、試しにコンバインで刈り取り同時脱穀で収穫して見ました。
ちょっと難しい部分もあるのですが、概ね上手く行って、これなら明日のうちにライ麦の収穫を終わらせることが出来そうです。
先に脱穀した分も含めて、幸いにも実の状態は悪くなく、今日収穫した分は全て乾燥機に入れました。

いずれにしても明日は、午前中は食工房にてスコーンを焼かねばなりません。
店はもちろん営業しております。

午後は、お天気が良ければ、カミさんに任せて圃場へ。

一つしかない体を時間で二つに振り分けて、二つの仕事をこなします。
それが出来る体の健康が本当にありがたい、誰にというわけではありませんが、手を合わせて拝みたくなるくらい。
だから、がんばります。

明日は、平常通り営業

定休日明けの明日、いつも通りパンを焼きます。
店も開けて、皆さまのご来店をお待ちいたしております。

さて今日は、否、今日も、稲架が倒れました。
今日のは、夕方の激しい突風と豪雨でした。

竹竿で急ごしらえした昨日の稲架は、いとも簡単に吹き飛ばされていました。
それどころか、鉄パイプで作って補強も入れて置いた稲架が、杭が半ば引き抜かれて支柱が傾いていました。

ほんの一瞬ではありましたが台風並みの強い風が吹きましたから、それもまあ無理もありません。
嵐が収まるとすぐに対策に駆け付けました。

来年のことも考えると、今回作った稲架は、根本から作り直しですね。
一体、どれほどの強度を持たせれば良いのか、今日みたいな突風はこれからもあるものと思っていなくてはならないでしょうから。

稲架干しなんてしなければいいのに・・・という考えも浮かびますが、それがそうも行かないのですね。
やはり、品質に影響があるのです。
尤も、今回のように二度も地面に落として濡らしてしまったのでは、どうなることか・・・・ですが。
とにかく、この収穫作業がすべて終わって、それから総括したいと思います。

とりあえず、明日はパン焼き、店は営業です。

食工房、明日と明後日は定休日です

麦ラボ

最初に作った稲架がいっぱいになりました。


麦ラボ

現場に椅子を持ち込んで、冷たい物を飲んで休憩しながら・・・。

毎度申し上げて恐縮ですが、明日と明後日は定休日休業となっております。
お間違えのございませんよう、よろしくお願いいたします。

このところの如何にも梅雨らしい空模様、湿気を含んだ風そして雨、晴れ間があるといきなり蒸し暑くなります。

今日の圃場も、すっきり乾くまでは行きませんでしたが、ライ麦の収穫を進めました。
思った通り、収量の多さに喜びは大きかったのですが、今日の時点で、まだあと半分近く刈り残しています。

明日以降、ほとんど曇りまたは雨のお天気が続きそうですから、刈った後の脱穀作業でも悩むことになりそうです。

脱穀が終わって乾燥機に入れてしまえば、もうお天気の影響は受けませんから、そこまでたどり着ければ、やっと今年の収穫も確定することになります。

昨年秋の種まきから始まって、本当に長い道のりです。
もうあと一息、がんばります。

麦刈り近づく

麦の穂が黄色く色づいて来ました。
収穫期が近づいています。

ライ麦、スペルト小麦、デュラム小麦、それぞれ時期はずれますが、収穫適期は大変短いので、作業の予定を立てるのが大変です。

昨年よりは、少し早まることになりそうですが、麦の状態とお天気の動きの兼ね合いで、直前になってから作業開始を決定することになると思います。

突然パン焼きを中止してでも・・・ということになるかも知れません。
その時は、各方面にご迷惑が及ぶことになりますが、ご了承ください。
予め、お願いをしておきます。

酵母とともに、パンの出来を大きく左右するのが麦の品質です。
自分で麦を作って、このことに気づいてからというもの、麦作りに命を懸ける気になりました。
これから先、もっともっとおいしいパンを食べていただきます。

スコーンの賞味期間短縮

夏が近づくにつれて気温が高くなって来ています。
先日は、早くも最高気温が35℃を超えて真夏日となりました。
例年6月から9月の間、パンをはじめとして、製品の賞味期間を短縮しております。

今回、スコーンについて、特に大幅に期間を短縮いたしますので、詳しくお知らせ申し上げます。

実は以前から、気温の高い季節にプレーンスコーンに糸引き減少が発生しておりました。
これまでにも何件か、ご購入いただいたお客さまからお問い合わせがあり、その都度商品交換などで対応して来ました。
またこちらでも残しておいた製品を期間をおいてチェックするなどした結果、だいたい二週間を過ぎた頃からこの現象が発生することが分かりました。

今までのところ、食べて具合が悪くなったなどのご報告もありませんし、自分たちも気にせず食べていましたが、賞味期間内(1ヶ月)にこうした異変が生じることは問題ありと判断し、夏場の賞味期間を二週間とすることにいたしました。

今回、プレーンスコーンの変更に合わせて類似する仕様の商品として、カレンツとくるみ入りスコーン、マフィン4種類も賞味期間を二週間に変更いたします。
なお、パンの賞味期限も1~2日、クッキー類は製品により1~2ヶ月短くなります。
急なお知らせになりますが、この次の製造(6月18日)分から適用いたしますので、ご了承ください。

通販ご利用御礼

今回のコロナ騒ぎが始まって以来、通販の売り上げに助けられて、どうにかこうにか経営を維持しています。

何しろ、外出自粛が要請されている間は、店舗営業は頑張り様が無いわけですから。

今、緊急事態宣言が解除されはしましたが、そうそう一気に元に戻るわけもなく、また慎重であるべきとも思いますから、ここはまだしばらくの間、通販頼みの状況が続きます。

先日出した「紙版・飯豊の空の下から・・・ 」の5月号に、早速、こだまが帰って来るようにご注文をいただいています。

このような皆さま方のあたたかいお心遣いに、全く感謝に堪えない私たちです。
ありがとうございます。
明日も、しっかりとおいしいパンを焼いて、出荷いたします。

もちろん店頭にも品揃えいたしますから、事情の許す方は直接ご来店ください。

ただ今、麦畑が素晴らしい眺めになっております。
ご来店の折は、ちよっとご覧になって行ってください。
インスタ映えどころじゃありませんよ!

それから、麦の穂のドライフラワーがもうすぐ仕上がります。
今月末くらいから皆さまへのお荷物の中に入れて差し上げられるかなと思っています。
ご来店のお客さまにも差し上げますので、どうぞお楽しみに。

今日のパンも良かったゾ!

酵母の調整がうまく行っている証拠、今日のパンも良い出来でした。
このところずっと良い状態が続いています。

昨日から今日の気温の下でも、十分コントロール出来るってことですね。
今後もずっとこの状態を維持して行きたいと思っています。
否、出来そうです。

ところで、期待の雨が少ししか降りません。
関東では大雨になった所もあったようですが、こちらは雀の涙です。

明日は・・・と期待していますが、どうもそれも望み薄のようです。

天の神さま、雨降らしてください!
お願いします!

それにしても、降るところでは災害になるほど降るというのは、いったいどう理解したらよろしいのか、いつかは自分たちの番が来ると覚悟して置けということでしょうか。

ライ麦の収穫まであと一ヶ月、お天気次第でどんなことになるか、最後の最後まで分かりません。

明日と明後日は、定休日です

ここ数日、暑さが増して来ています。
明日は猛暑日になるかも知れないとの予想です。

否、そこまで行かなくても、今日も十分暑かった・・・。
お天気は良いので、外作業もやりたいところでしたが、暑い最中に外に出て作業するなど、老人のすることではありません。

危険です。
と言うわけで、食工房の製造作業のあと少し長めの休憩を取って、夕方になってから畑に出ました。

それでも暑かったのですが、気を付けながら草刈り作業と稲架づくりなど、2時間余り作業しました。
途中、木陰に椅子を置き、収穫が近づいているライ麦畑を眺め、水筒に入れて持って行った冷たい麦茶を飲みながら休憩するのが、何と言っても最高!至福の時間でした。

明日も暑い一日になるのは確実ですから、外作業は早朝と夕方にして、昼間はゆっくりしていましょうか。
とは言え、明々後日以降長雨になると言っていますから、この晴れが続いている間に出来ることを・・・と、逸る気持ちをどうやって抑えられるか、それが問題です。

さてさて、タイトルから外れたことばかり申し上げましたが、食工房の営業の一週間が無事終わりました。
この一週間、久しぶりに遠方のお客さまのお顔を拝見することも出来ました。
ご来店くださいました皆さまに対し、改めて厚く御礼申し上げます。

明日と明後日は定休日、店は営業しておりませんのでお間違え無きようご注意ください。

また木曜日から、パンを焼いて皆さまのお越しをお待ちいたします。