食工房のパンだより」カテゴリーアーカイブ

明日と明後日は定休日です

今日は敬老の日で休日、先週末から3連休でしたが、食工房へのご来店はごく少数。
コロナ禍の影響は、まだまだ大きいと感じます。

いつだったか、久しぶりに来られたお客さまが、こんな状況で行っちゃあ悪いかも・・・と言っておられました。
そうした気持ちが働くことも、影響しているのでしょうね。

思い出して見ると、この一年半ほどの間ずっと、店頭の様子はすっかり変わってしまいました。
静かと言うか、さみしいと言うか、にぎわいとはおよそ無縁な風景です。

以前のように、試食品を手に取ってもらったり、コーヒーサービスをしたりすることは、今はしたくても出来ません。
何だかなぁ・・・。

一方、娘たちのワクチン接種後の副反応が結構強くて、今日も食工房の製造仕事は出来ませんでした。
私は、一人でも出来る作業を細々こなして、後は圃場の整備に時間を充てました。

そんなこんなで営業の一週間も、静かに終わりました。
明日と明後日は定休日です。

本日の喜ばしい成果

食工房

食工房自家圃場の南部小麦の粉で焼いたパン
ほんのり甘みがあって、もっちり食感で、皮の部分の香ばしさは最高でした。


食工房

切り口を見ています


食工房

食工房自家圃場産の南部小麦の粉を使って焼いた地粉角食パン
型いっぱいに気持ち良く膨らんでくれました。


食工房

生地は、ストレスなく伸びています。
焼き色もきれい!
風味も食感も、定番の地粉角食パンより上です。

まずは画像をご覧ください。

食工房の自家圃場にて収穫した南部小麦を、佐藤製麺さんに小麦麺加工をお願いした際、一部を粉のまま送ってくださるよう頼んで置きました。
その粉が麺と一緒に昨日届いて、今日は昨日予告申し上げた通り、食パンを焼きました。

生地をこねた時は、定番の粉より吸水がやや少なめで、腰もやや弱いかなと思いましたが、成形発行が完了する頃でも案外腰が抜けず、焼き上がって見るとちゃんと釜伸びして型いっぱいに膨らんでいました。
以前から知っている南部小麦の性質そのままの動きに、安堵させられる一幕でした。

風味、食感申し分ありません。
何と言っても香りがいいのです。
明日の朝食に、バタートーストでいただくつもりです。

さてこれで、南部小麦を増やして行けば小麦粉の完全自給が叶うか?というところですが、何しろ佐藤製麺さんは遠方です。
小麦を送って、粉にしてまた送り返してもらうのでは、ダブル運賃が高いコストとなってパンの値段を押し上げます。

誰か、この近くで粉屋をやる人はいないか?
面白い素材はいっぱいあるし、需要も必ずあると思います。
第一、食工房が仕事を回しますよ!

そして、本日の喜ばしい成果のもう一つが小麦麺です。
夕食に煮込みうどんでいただきました。

驚いたのは、煮込んでもぬめりが少なくツルっとして素晴らしい食感でした。
第一、漂って来る香りがもうたまりません。
小麦の香りって、こんなに食欲をそそるの!と思えるくらい。
冷麺でいただけば、さらに素晴らしい食感でしょうね。

しかし、それもこれも、原料素材の小麦の出来が良かったからこその成果なんです。
これまで何度も、異なる生産者の小麦を持ち込んで製麺加工してもらっていますが、自慢じゃありませんが今回のが最高です。

こんなおいしいものを、イノシシに喰わせてなるものですか!

否、これでまた麦の作付けになお一層気合が入ろうというものです。
こんな質の高い満足は、他のことでは得られませんから。

そしてこの喜びを、パンのおいしさに変える魔法を日々研究することも、こんな楽しいことは他にありません。

明日は、生パスタをつくります。

明日のお楽しみ3題

今日、佐藤製麺さんから、加工依頼してあった小麦麺と小麦精粉が届きました。
我が食工房の自家圃場にて収穫された南部小麦です。

麺は早速店頭に並べて販売開始しました。
試食はまだですが、明日にも食べてみようと思っています。

そして精粉の方は、明日のパン焼きで食パンを試作します。
どんな生地になるのか、どのくらい膨らむのか、風味は、食感は、いろいろ確かめて見なくてはなりません。

もしうまく行くようなら、小麦粉の全面的自給に道が開けます。
とてもとても楽しみです。

そしてあと一つ、ネットで購入して届くのを待ちかねていた、押し出し式のパスタマシンが今日届きました。

こちらは、同じく食工房自家圃場にて収穫したデュラム小麦のセモリナ粉を使って、生パスタをつくります。

一度は、そば打ちの要領で包丁切りして試しましたが、やはり押し出し式で製麺したものを試して見たかったのです。
これも、明日か明後日には試せると思っています。

食欲の秋に向かって、大きな楽しみが3つ、ちょっとハイテンションになっている私です。

明日は、その試作パンを試食していただけるかも知れません。
どうぞお楽しみに。

そして小麦麺もあります。

皆さまのご来店をお待ちしております。

紙版・飯豊の空の下から・・・ №67

「紙版。飯豊の空の下から・・・ №67 長月号」の編集が終わり、pdfファイルを公開しました。
いつものように、記事の末尾にあるリンクバナーをクリックしてご覧ください。

編集後記の中でも申し上げていますが、これからまた毎月一号の発刊ペースを守りたいと想いも新たにしています。

もっとインターネットを使いこなして、例えばSNSも導入という手もあるのですが、どうも私は古い人間のようで、印刷物を手に取ってもらってお手紙やお葉書きでお返事をもらう方が、しっくり来るのですね。

そう言う一方で、少しでも早く見ていただこうとpdfファイルをネット上に公開するのですから、本当はシャレにもならないことかも知れません。

でも、多分ネットで見てくださったかも知れなくても、実際に印刷したものを封書でお送りしている方が、実は沢山いらっしゃるのです。
あまり合理的じゃないかもですね。

どの道好きでやっていることなので、お付き合いくださるだけでもありがたいと思っています。

さて明日は、定休日明けの木曜日、パン焼きの日です。
いつものように仕込みをしています。

焼き上がりは、お昼前頃から順次。

皆さまのご来店を、お待ちしております。

明日と明後日は定休日です

営業の一週間が終わりました。
明日と明後日は定休日です。
お間違えのございませんように。

このところお天気が不安定で、晴れていると思っても急に雨が降り出すこともあり、農作業が進みません。

明日は、一日晴れてくれるようです。
しかも一日だけの晴天で、明後日はまた雨模様の予報ですから、明日は忙しい一日になりそうです。

そこにまた、IIDEの編集も進めています。
毎月発行を何とか続けたいと、やる気になっているのです。
それもまあいいところまで仕上がっていますので、明日の夜には目鼻を付けたいと思っています。

それにしても、体が動くのはありがたいですね。
日々の健康は何より大切、今、何を我慢してもコロナに感染だけは絶対に避けたいものです。
2回のワクチン接種は完了していますが、だからと言って油断はしていません。

明日も、パンを焼きます

世の中は、何かと騒がしいですが、私の日々の生活に大きな変更はありません。
と言うか、変えるわけにも行きませんし。
パン屋の私は、明日はパン焼きと決まっています。

今回から、少しだけプロセスに変更を加えています。
時間の流れを30分だけ遅らせています。
つまり、生地をこねるまでの酵母種の仕込み時間が、30分短くなるわけです。
どんな結果が出るでしょうか。

もちろん大きな変化は起こりません。
それを望んでいるわけでもありませんから。
でも、少しでもパンの風味が向上すれば、それで良し!です。

さあ、もう寝る時間です。

明日も、皆さまのご来店をお待ちしております。

グンと涼しくなりました

9月になって、さすがに暑さも下火になって来たということでしょう。
雨模様の昨日今日は、もう長袖下着でちょうど良いくらいです。

一方、この涼しさで、酵母種やパン生地の発酵管理も、注意のポイントが変わって来るのですね。

水道水の温度もこの一週間くらいの間に2~3℃下がりましたし、気温が下がればそこに置いてある小麦粉の温度も下がるわけですから、パン生地に捏ねあがった時の仕上がり温度を狙い通りにするにも、微妙な調節の変更が必要です。

そうした調節がうまく行ったと見えて、今日のパンはとても良く出来ました。
もはや暑さにうだりながら作業することもなく、今日は本当に楽でした。

これからの季節、食欲も戻って来ますし、パンもおいしく感じられることでしょうから、パン屋にとっては良い季節です。

がんばっておいしいパンを焼いて、稼がなくては・・・。

皆さまのご愛顧、ご来店、どうぞよろしくお願いいたします。

スペルト小麦全粒粉、新発売

食工房

スペルト小麦全粒粉 500g入 1袋 550円


食工房

フスマは、やや粗挽きになっています。

すでに発売していましたが、今回オンラインストア でも購入いただけるようになりましたので、改めて新発売のご案内をいたします。

言うまでも無くこの商品は、食工房麦ラボの取り組みにより実現したスペルト小麦の自給体制により、確実に収量を増やしてきた結果、販売が可能となりました。

小麦の中でも特別風味の豊かなスペルト小麦の全粒粉を、ご家庭でもお使いいただけます。

製粉に当たっては、ゴミやほこりなどを取り除くために、精麦機にて表面処理(クリーニング)をしてあります。
どうぞ安心してご使用ください。

パンやお菓子を手づくりされる方に、特におすすめいたします。
新たな風味を、レパートリーに加えてください。
きっとお役に立ちます。

スペルト小麦全粒粉 500g入 1袋 550円
※脱酸素包装しています。賞味期限は、製造後3ヶ月です。
開封後は、湿気を避け冷暗所で保管し、出来るだけ早く使い切ってください。

食工房、明日8/31と明後日9/1は、定休日休業です。
店は、閉まっております。
お間違えのございませんように。
なお通販サイトは、24時間年中無休、いつでもご利用いただけます。

明日もよろしくお願いいたします。

明日は、二日間の定休日明け、営業再開となります。

皆さまのご来店をお待ちしておりますと、申し上げるのはいいのですが、新型コロナの状況はもはや酷いことになっていて、遠方からのご来店はもちろんのこと、お近くの方でも外出を敬遠される方は多いと思われますので、多くの方のご来店は望むべくもありません。
なかなか厳しい経営環境となっております。

ワクチン接種が進めば状況は良くなると言う予想もありましたが、そのワクチン接種がここに来て足踏み状態だというのですから、どうにも困りました。
今、人流を減らすために外出自粛を呼びかけるのではなく外出制限(ロックダウン)のような強制力を伴う措置を検討すべきとの意見が出て来ていますが、私は、同じ強制力を行使するのであればワクチン接種を義務化する方が、はるかに効果が高いと思っています。

いずれにせよすぐに状況が変わることはありそうもありません。

皆さまに置かれましては、無理の無いご判断の上で食工房にご来店いただけるのであれば、大変ありがたく幸いに存じます。
もちろん、店内の感染対策には念には念を入れて対処しております。

小麦麺の再開に向けて

以前ご好評いただき、その後中断しているにも関わらず、度々お問い合わせやリクエストをいただいているのが、他ならぬ”小麦麺”です。

小麦の麵なら”うどん”でいいじゃないかと言われそうですが、まあまあそこは少しばかりのこだわりで、そこいらの”うどん”とは違うのだと主張したいがために”小麦麺”と称しております。

以前は、農家さんに作付けしていただいた小麦を原材料にしていましたが、今回初めて、我が食工房の麦畑にて自ら収穫した小麦を使う運びとなりました。
私的には、大変めでたくまた意義深い小麦麺です。

その加工をお願いしに、今日は、少し離れた滝根町という所にある佐藤製麺所さんに、原材料の南部小麦を持って出かけて来ました。
こちらで、精麦、製粉、製麺まで、一手に引き受けてくださるのです。

農家ご用達の大変便利で、そして今や大変貴重な加工所です。
昔は、界隈に何軒かあったと言われる製粉・製麺加工所ですが、麦を作る農家が減るに連れ、ほとんどが店じまいしてしまいました。

今回、製麺適正が良いと言われる南部小麦を持ち込みましたので、出来上がりがとても楽しみです。
また一部を製粉のままもらうようにしましたので、パンも焼いて見ることが出来ます。
こちらも、とても期待しています。

出来上がり次第、発売となりますので、皆さまもどうぞお楽しみにしていてください。