カテゴリー別アーカイブ: 食工房のパンだより

小麦の発芽

食工房

高郷町塩坪第一圃場
南部小麦が発芽しました。


食工房

南部小麦の発芽
一見たよりなく見えますが、この先を見ていてください。

高郷町の農家さんに作付けをお願いした南部小麦が発芽しました。
今日は、写真を撮りに行って来ました。

この農家さんのやり方だと、筋蒔きでしかも畝幅を60cmも開けています。
もっと有効に面積を利用しないのかな・・・と思いましたが、ちゃんと理由があったのですね。

60cmの畝間に、後々管理機という機械を走らせるのです。
中耕と言いますが、除草と追肥を効率良く行うための手法です。

麦は、追肥で育てよと言うのだそうで、元肥はある程度にして初めのうちは小さく育て、冬を越してからその後成長に合わせるように何度かに分けて追肥を施し、増収につなげられるということのようです。

いろいろノウハウがあるのですね。
小面積だと、このような手間をかける農法も可能ですが、海外あるいは北海道にみられるような大面積の圃場では不可能でしょう。

いずれにしても、まずは品質が最優先です。
品質の良い小麦が沢山取れるというなら、それは大いに結構なことです。
経過を見せていただこうと思っています。

明日は、定休日を使って、食工房麦ラボの種蒔きです。
お天気も良いようですし、時期としてもちょうど良いタイミングです。

ライ麦、南部小麦、デュラム小麦、スペルト小麦を蒔きます。
いずれも、種を切らさないようにするための栽培です。


ライ麦ごはんの素 お徳用500g 新発売!

ライ麦ごはんの素

ライ麦ごはんの素 お徳用500g 490円にて新発売

ライ麦ごはんの素のお徳用バージョンとして、500g包装品を新発売しました。
価格は490円、グンとお得です。
リゾットにしてもおいしく食べられます。


「紙版・飯豊の空の下から・・・」№40をご覧いただけます。

IIDE


★ドコモケータイ払いで、500円割引キャンペーン 9/30まで!

shokuko store

今日は、クッキー3種類

クッキー類が品薄だと申し上げました。
10品目のうち、7品目が品切れなのですから、全くひどいものです。

今日は、奮起して3品目焼きました。
うまい具合に時間が取れただけのことなのですが、今日はやる気も十分でした。
おかげさまで、焦がすこともなく終えることが出来ました。

いつぞやのように、4品目がんばったものの1品目焦がしてダメにしてしまった時よりは、ずっと気持ちが良かったですね。

あと4品目は、また来週です。
入れ替わりに、いくつか品切れするかも知れません。

明日は、例によってスコーン焼きです。
100袋の予定ですが、追加があるかも知れません。

実は、製品をつくる時間よりも、出荷のための梱包作業の方が手間も時間も多くかかります。
今日のうちから準備を始めています。
明日焼いて包装して、出荷は明後日です。


小麦の芽が出たそうです。

先日、小麦の種を届けに行った農家さんのご報告によると、小麦が発芽しているのを確認したとのこと。
この間、雨がたっぷり降りましたから、あるいはと思っていましたが、やっぱり予想どおり期待どおりでした。

明日か明後日、写真を撮りに行って来ます。

スペルト小麦とデュラム小麦の種まきも準備中です。

うまく行きました!

今日のパン焼きで、一昨日の焼き上がりを再現することが出来ました。
良かったです。

特に、ドライフルーツが入っているパンを成形している時気が付いたのですが、ドライフルーツの品質が数段上がったかのようないい香りが漂いました。

これは・・・、とても楽しみなことになりました。
そうです。シュトレンですね。

ドライフルーツのおいしさと香りの良さが決め手ですから、そこに酵母の醸し出す芳香が加わったら、今まで以上のグレードになりますよ、きっと。

このノウハウをさらに磨きます。
完全に安定するまで。

材料の良さ+技術の高さ+センスの良さが光るまで。
と言うことは、つまり一生勉強です。


来週末、スコーンの行き先

来週末(9月30日・10月1日)、東京都内で開催のイベントで、食工房のスコーンが出品販売されます。
イベント詳細は<こちら>をご覧ください。
私も行ってみたい!

クッキー類が品薄なわけ

このところクッキー類の在庫切れが常態化しています。
そのわけは、スコーンの大量出荷が続いているからです。

郡山のビックメイツさんと言えばご存知の方もいらっしゃるでしょう。
福島県内及び首都圏のイベント会場に出店して、福島県の物産の売り込みに大活躍してくださっている、貴重な業者さんです。

食工房のプレーンスコーンもその中の一つに選ばれて、これまで数年間に数千袋を出荷しています。
今回も、先週今週と続けて、プレーンスコーン・5個入りを80袋、100袋、製造出荷、来週も続けて100袋出荷を予定しています。

それ以外に、他の業者さんや個人の方からのご注文、そして店頭販売分も合わせると、一日でこなせない仕事になります。
これはこれで大変ありがたいことで、売り上げの悪かったこの夏の損失を取り戻すべく頑張っているところです。

人手も時間も限られている中、優先順位を付けて仕事をすると、どうしてもクッキー類の製造が後回しになります。
これもこれで、全く困ったことなのですが、決定的な解決策は見つかりません。

それでも、毎週一品目でも二品目でも、必ず製造するよう心がけてはいるのです。
そのようなわけで、一つ増えては一つ減りの状況が、この後もしばらく続くと思います。

お客さまのリクエストがあれば、その品目の優先順位が上がりますので、在庫切れ云々に関わりなく、お問い合わせやご注文をいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

おいしいパンが焼けました。

酵母の状態と生地の温度管理が良かったのでしょうね。
今日のパンは、何と言ったら良いのでしょう、口に入れて噛んだ瞬間、口の中に芳香が広がりました。
小麦の風味と酵母の風味のバランスも、、ちょうど良かったと思います。

それにしても、30年近くもこの酵母と付き合っているのに、こんないい香りを醸し出す瞬間があるなんて、多分初めての出会いです。

今日のこのプロセスをしっかり頭に入れて忘れないようにしなくては・・・。
明後日のパン焼きで、再現出来るか挑戦します。

彼岸の入り

今日は彼岸の入りの日です。
23日のお中日をはさんで前後に3日ずつ計7日一週間、冥土からご先祖様の霊が帰って来るのでしたね。

この時節に合わせて催される「会津まつり」には、きっと関係者、参加者、見物客の数以上にご先祖の方々が沢山訪れているのでしょうね。

さて明日から数日、秋晴れの良いお天気に恵まれそうです。
暑くもなく、かと言って寒くもなく、過ごしやすい数日になるでしょう。

酵母にとっても、これは良い条件なのです。
明日は、いつも以上においしいパンが焼けることでしょう。

ところで、精麦機を導入して早や2ヶ月近く、もはや手放せない道具になっています。
プンパニッケル、堅焼き黒パン、小麦丸、ライ麦入り角食パン、飯豊山食パン、ライ麦や小麦の全粒粉を使うパン全体の味が良くなっていることに、皆さまお気づきでしょうか。

パンづくりは、まず麦づくりから!食工房は、これからますます農業に近づいて行きます。
精麦機導入も、その一歩です。

おいしいパン、日々の健康に資する食糧としてのパンをめざして、これからも努力してまいります。

かぼちゃの検査

食工房

画像クリックで拡大します。

食工房自前の畑で収穫したかぼちゃの、残留放射能検査を受けました。
サンプルの重量が十分あったため、一桁Bq/kg台で不検出の結果となりました。

これでかぼちゃあんぱんの製造に向けて準備開始です。
本日は、上の娘は定休日返上で検査結果を待ちながら、並行してかぼちゃあんを造っていました。

今週末から、いよいよかぼちゃあんぱんを再会出来ると思います。
どうぞお楽しみに。

麦ラボ

高郷町塩坪第一圃場
ここを、もう一度耕転してから、小麦の種を蒔きます。


麦ラボ

高郷町塩坪第二圃場
こちらは、農家さんの都合で先行しています。
早や、発芽していました。


麦ラボ

先行して蒔いていた小麦が発芽していました。

そしてもう一つは、小麦の種まきの準備です。
実はいろいろと事情が生じて、今年から同じ山都町の別な農家さんともう一軒、お隣の高郷町の農家さんに、それぞれ作付けをお願いすることになりました。

お二方とも、畑作に力を入れている方で、お一人は特に小麦の栽培の経験が豊富な方です。
食工房の麦ラボの方針もよくご理解くださり、全面的なご協力をいただけることになりました。

念願のスペルト小麦やデュラム小麦の作付けが、早や今年から実現することになりそうです。
こちらもどうぞお楽しみに。