パンの出来が良くてうれしい

最近、と言うか、ここ2ヶ月くらいの間ずっとですが、パンの出来がとても良くて喜んでいます。
これは、酵母の発酵状態が良好な証拠です。

酵母の発行管理について、何か変わったことがあるかと言えば、かき混ぜ方に一工夫加えたということでしょうか。
良くかき混ぜて、酸素の供給を十分にするということですね。
それ以外には、影響を与える可能性のあることは何もしていませんので、よくかき混ぜれば良かっただけのことかも知れません。

それにしても、このところのパンの出来は、自分でも気持ちがいいくらい焼き上がりも美しいのです。
あとは、この線を崩さないように、外さないように、安定してこの状態を維持して行くことですね。

この前、上の娘と話していた時、「このパン屋の仕事って、高い山に登っている時のような緊張感があるね。」「でも、登山ならエベレストでおしまい、それ以上高い山はないけれど(実際はそんな単純なものじゃないことは、もちろん分かっていますよ!)、職人は自分でもっと高い山を作ってでも登ろうとするんだよね。」と。

まさにそのとおり、終わりはありません。
これって、どんな仕事でも・・・、かも知れませんが。

その境地に入れば、意欲は、楽しいかどうかなんてことには関係のないところから生まれて来ますね。
ただ、知りたい、確かめたい、そうせずにはいられない、それが動機であり意欲の源泉です。

あ、そうか!登山も同じでしたね。
何故、山に登るのか?と訊かれて、答えは、「そこに山があるから」でしたね。

明日は、平常通り営業

先週末は臨時休業で変則的な営業となりましたが、今週からまた平常通り営業再開です。
明日は、パンを焼いて皆さまのご来店をお待ちしております。

食工房畑のライ麦を、今週のパン焼きで使い切るかも知れません。
残っても僅かなので、自家産ライ麦のパンが食べられるのは、今週が最後のチャンスです。

あとは、夏の収穫期まで待つことになります。
スペルト小麦の方は、もう一週間か二週間先まで持ちそうです。

ライ麦に関しては、その後はドイツ産またはカナダ産あるいは北海道産の全粒粉を使用します。
仕入先の在庫状況などにより、臨機応変に対応します。
予めご了承ください。

それから、オンラインストア でクーポン適用が出来ないトラブルがあったようです。
今のところ1件のみ、ご報告をいただいています。

こちらの設定には間違いはありませんでしたので、システム上のエラーだと思われます。
もし、さらに1件または2件トラブルが相次ぐようなら、運用会社に調査を申し入れます。

先の1件については、別途対応を考慮中です。

通販のご利用、さらによろしくお願いいたします。

今一度、次亜塩素酸水を考察する

一年前の今頃、手指消毒用のアルコールが品薄となり、どこを探しても手に入りませんでした。
ネット上では、法外な高値で転売されていたりして、こんな時に何という不心得な行為だと憤りを禁じ得ませんでした。

そんな折、次亜塩素酸水が注目され、自治体の中には簡易な方法で調合した次亜塩素酸水を、市民に無料で配給するところもありました。

ところがその後、経済産業省の中の一団体である「独立行政法人 製品評価技術基盤機構(nite)」が、各種消毒液に関する評価をする中で、次亜塩素酸水については有効性および安全性について未確認(評価の対象外としたため)とする見解を公表しました。
このことがきっかけになり、次亜塩素酸水に対する見方は一気に否定的になりました。
冷静に受け留めれば分かることですが、発表は次亜塩素酸水について評価しなかっただけで、有効とも無効とも、あるいは安全とも危険とも言っているわけではなく、一方で民間の団体の研究では有効性や安全性が確認されているとする情報が沢山あり、危険だとする情報はありませんでした。

唯一注意しなければならなかったのは、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムを混同する事例があったことです。

メディアの報道でも、次亜塩素酸水は否定的に扱われそのように報道されていました。
そんな状況を見ながら、私は関係者の勉強不足と無理解を嘆いたものです。

その後、niteは次亜塩素酸水の有効性を確認したと発表しましたが、それは必ずしも民間の研究結果と一致するものではなく、次亜塩素酸水に対する否定的な見方を解消することは出来ていません。

そして現在でも、次亜塩素酸水は市民権を得ておらず、その事が逆に次亜塩素酸水に対する理解が深まることを妨害していると、私は思っています。

さて、そこまで申し上げた以上、私が何故次亜塩素酸水を推すのか、そのことに触れて置かなくてはなりません。

次亜塩素酸水とは、次亜塩素酸の水溶液のことを指します。
殺菌あるいはウイルス不活化の効き目の本体は、次亜塩素酸です。

次亜塩素酸の殺菌および不活化の仕組みは、アルコールや界面活性剤のそれとは全く異なり、活性酸素の酸化作用によるものです。
塩素の毒性によるものとする説明も散見しますが、正確ではありません。
あくまでも、主になるのは酸化力です。

そして、私たちの体内でリンパ球(白血球)の一つである好中球が飲み込んだ細菌あるいはウイルスを、酵素反応により生成した次亜塩素酸を作用させて効率的に殺菌、不活化を行うことでも知られているとおり、体内免疫物質の一つです。

この次亜塩素酸による殺菌、不活化の優れている点は、細菌やウイルスの側に耐性が生じないという点です。
またコロナウイルスなどとは違うノロウイルスや芽胞菌にも効果を発揮します。

このように優れた性質を持つ次亜塩素酸を利用することを、否定的に扱うのは何故なのでしょう。
確かに、最低限の化学的知識は必要かも知れません。
しかしそれは、中学校の理科程度のものです。
次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いが分かれば十分と言えます。

一方現在、次亜塩素酸水は、薬機法における消毒液には分類されておらず、一般雑貨としての扱いです。
それを良い事に、次亜塩素酸水をネット上で販売する業者が無数にあります。
中には、決して良心的とは言えないものもあり、いずれ当局から的外れな規制がかかり、せっかくの次亜塩素酸水を使えなくなる可能性があります。

その場合でも、個人が自分のために、調合精製して用いる分には問題ないと思いますから、私が実行している簡易な調合精製方法を、この場に紹介しておきます。

手法としては、炭酸中和法による微酸性または弱酸性次亜塩素酸水精製と言うことになります。

材料となるのは、次亜塩素酸ナトリウム溶液(6%濃度・ピューラックスなどの商品名で販売されています。)、強炭酸水、水道水、これけだけです。

また、正確な計量をするために、100ccのメスシリンダー、正確な目盛の付いた10ℓ程度のプラスチック製調合容器(農薬などを調合するために売られているものがあります。)を用意します。

そして、出来上がった次亜塩素酸水の液性を確認するために、ピペット、ビーカー、pH試験紙またはpH計、有効(残留)次亜塩素酸濃度試験紙を用意します。

いずれも、インターネット上にてAmazonなどで、容易に入手できます。

先ず作るのは、有効次亜塩素酸濃度250mg/L≒250ppmの次亜塩素酸水10ℓです。
アルコールの代わりに、手指の消毒、物の表面の清掃など、広範囲に使用出来ます。

精製した後の保存期間については、1ヶ月以内を目途にしています。
真夏の気温が高い時では、1ヶ月で若干pHが上昇し、有効(残留)次亜塩素酸濃度が20%くらい下がります。
以下、画像を挟みながら説明します。

次亜塩素酸水

主成分になる次亜塩素酸ナトリウム液(6%濃度)は、20Lタンク入りの物を購入。
1.8ℓ入あるいはもっと小さい容器のものもあります。


次亜塩素酸水

一度に使用する量が微量なので、小出ししやすい容器に移し替えます。
6%次亜塩素酸ナトリウム液は、淡い黄緑色をしています。


次亜塩素酸水

メスシリンダーで正確に40mLを計量します。
となりのペットボトルは、炭酸水です。


次亜塩素酸水

正確な目盛の付いたバケツを使って調合します。
はじめに、10ℓ以内で半量以上程度の水道水を入れておきます。
そこに、6%次亜塩素酸ナトリウム液を投入します。


次亜塩素酸水

次に、強炭酸水500mLを投入。


次亜塩素酸水

全体量10Lになるまで水を足します。


次亜塩素酸水

出来上がった次亜塩素酸水の液性を調べるためにpH試験紙またはpH計と次亜塩素酸濃度試験紙は必須です。


次亜塩素酸水

pH値は、6と7の間ですから、約6.5と読み取れます。


次亜塩素酸水

先端の部分が液に触れると発色します。
5段階の色見本と比較しながら、およその濃度が判断出来ます。
この場合は、計算値も参考に約250mg/Lと判別。

出来上がった次亜塩素酸水は、ポリタンクに入れて冷暗所に保管します。
太陽光に当てると、紫外線の作用で分解が進み、効果が失われます。
このままあるいは2倍程度に希釈して、スプレーボトルやポンプボトルに入れて使用します。
アルコールのように手が荒れることもなく、引火の危険もありません。
外出の際はいつも、スプレーボトルをポシェットに入れて首から下げて歩きます。
何かに触る度に、手指にスプレーしています。
★参考資料
家庭で作る次亜塩素酸水 作り方 ノロウイルス、インフルエンザ対策、空間除菌消臭
Wikipedia 「好中球」
「次亜塩素酸水」

明日と明後日は定休日です

一昨日、昨日の二日間臨時休業いたしましたが、義父の葬儀も無事終えて、昨夜会津に帰ってまいりました。

大きな支えを失った虚脱感を、一方でしっかりと自分たちが先達となって歩まねばならないことへの覚悟が埋めて行く、そんな季節の変わり目のような感覚が、この数日間ずっとありました。

これで私の両親、連れ合いの両親、共にこの世の人ではなくなりました。
これから先は、子々孫々への責任を私たちが引き継いで行くのだと、自覚を新たにしているところです。

今日は一日営業いたしましたが、明日と明後日は定休日にて休業となっております。

ま、ちょうど良いタイミングで小休止です。
明日一日くらい、ボーっと思いに耽りたいと思います。

思い返せば、4人とも、私たちには素晴らしい、ありがたい、尊敬と感謝に値する人たちでした。

明後日、明々後日(2/20、2/21)臨時休業のお知らせ

身内に不幸がありました、と言えばお分かりになる人はお分かりになるでしょう。
一昨日は、本当に際どいタイミングでした。

葬儀に参列しますので、食工房は2/20(土)2/21(日)は臨時休業いたします。

早くもドタバタし始めていますが、明日はいつもどおり営業しておりますので、お間違えのございませんように。
本日は、取り急ぎお知らせまで。

さて、明日からまた営業の一週間が始まります

忙しい定休日が終わり、明日からまた営業の一週間が始まります。

昨日、今日、そして明日も、ずっと雪模様で経過中です。
テレビなどで警報級の大雪・・・と騒ぐ割には、我が地域では大したことはありませんが。

ただ風だけはすごかったですね。
地区のゴミステーションになっている小屋がひっくり返りました。

午前中に、5人ほどの人員で起こして設置し直しましたが、何しろ根雪で本格的な工事が出来ませんから、多少の傾きは構わず春までの仮設置ということにして終わりました。

明日にかけてまた大雪だと言っています。
パン焼きには支障はありませんが、お天気次第では開店休業かも知れません。
ま、過度な期待はせずに、皆さまのお越しを待つことといたします。

ポイントは間違いなく2倍になります。
もし吹雪になったら、3倍にいたします。

さ、あとは寝るだけです。
明日朝3時まで。

無事帰宅

一時はどうなることかと危ぶみましたが、関東方面は一日中晴天だとの予報に意を決し出発しました。
会津は雪が降り出し、所々吹雪で視界が確保出来ない瞬間もあるほどでしたが、トンネルをいくつか抜けて奥羽山脈を越えると、天気は一変して別世界でした。

お父さまは、確かにすっかり弱られていて、今日会えて本当に良かったと、連れ合いの涙を流す一幕もありました。

僅かな時間でしたが、連れ合いも納得が行ったようで、「また来るからね。」と言い残してお暇しました。
そして再び、凍結路面と地吹雪の会津に戻って来ました。

「さあ、明日からまた仕事がんばれるねー! それが親孝行だからねー!」
何だか不思議ですが、私も連れ合いも、お父さまから目には見えない何かエネルギーをもらったような気がしています。

ところで、今日は一日車での移動でした。
感染症対策を考え、外食は避け弁当持参、パーキングでのトイレ利用時は、消毒液(次亜塩素酸水)持参で対応しました。

お父さまのいる施設を訪ねた他は、タイヤチェーンを購入するためにタイヤショップに、燃料補給のためにガソリンスタンドに立ち寄ったのみ、リスクを最小限に出来たと思います。

しかし、このコロナ禍の下での移動は、大きなリスクを伴うことになる、相応の対策無くして安全は保証されないと改めて認識させられました。

明日と明後日は定休日です。

営業の一週間が終わって、明日と明後日は定休日です。

今、外は激しい雨が降っています。
昨日の地震に続いて、良くないですね・・・。
被災された方の大変さを思うと、身につまされます。

それだけならまだしも、明日はまた一転して強い風と雪に見舞われそうです。
厳しいですね。

しかしながら、私たちも明日は強行軍をしなければなりません。
連れ合いのお父さまが、御歳百歳を越され最近体調が微妙だとのことで、茨城県まで見舞いに駆けつけることになりました。

果たして出発出来るか、出ても無事にたどり着けるかどうか、無理な時はあきらめるか引き返すことも想定して準備をしています。

私は、自分の母の時に何度も駆け付けたことを思い出しながら、何とか連れ合いを茨城まで送り届けたいと願っています。

地震の被害、ありません

昨夜突然襲って来た大きな地震、3.11のあの時を思い出させる長い揺れでした。
しかしながらわが家では、身に危険を感じるほどではなかったので、静かに様子を見ていました。

家族全員、もうすでに就寝していたのですが、また起き出して来てテレビを点けました。
震源が福島県沖だとの報道に、すぐに津波のことが頭に浮かびましたが、間もなく心配はないとの報道にとりあえず安堵しました。
そして、このニュースが伝わったら、郷里の高知をはじめ全国のあちこちの友人知人の方々に心配をかけるだろうな・・・と思ったことです。

まずは、わが家に関しては、被害は全くなかったことをご報告しておきます。

同じ県内でも、中通りと浜通りの地域では、大きな被害が出ているところもあるようです。
また、関東方面でも意外に大きな揺れがあり被害もあったようですね。

会津のそれも飯豊山の膝元は、3.11の時もそうでしたが、地震の影響を免れる地の利に恵まれているようです。

何はともあれ、自分たちの無事をご報告申し上げるとともに、被害に遭われた方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

何にしても今回津波が無かったことは、それだけでも幸運だったと思います。


本日、多数ご来店御礼

本日は、ここ最近でも一番に春めいて暖かく穏やかな晴天に恵まれました。
どなたもお出かけの気分を誘われたことでしょう。
食工房にも、次々とご来店のお客さまがお見えになりました。

ただ、余りにも狭い店内ゆえ、外でお待ちいただく場面もあり、お久しぶりの方とゆっくりおしゃべりすることも出来ませんでした。

何はともあれ、本日のご来店に対し、改めてこの場を借りまして、厚く御礼申し上げます。

明日も引き続きこのお天気が続くようです。
皆さまのお越しを、お待ちしております。


オーブンのバネ、交換しました

オーブン

今度は、ステンレス製にしました。

先日オーブンの扉の開閉をサポートするバネが折れたことをご報告しています。
その時、即座にありがたいお申し出をくださった兵庫県の方のご尽力により、真新しいバネが左右一組届きました。

特注で、1個でも製作してくれるところをご存じで、本当に助かりました。
注文の際図面が必要なのですが、私にはハードルが高いと申し上げたら、図面も起こしてくださいました。
否、何と何とありがたい!

錆を警戒していることも申し上げたところ、ステンレス製でオーダーしてくださいました。

使用感にも特に問題がありませんので、上段の分としてもう一組お願いしました。
機械設備が万全だと、仕事への意欲が全然違いますね。
うれしいです。
T井さん、ありがとうございます!