明日は、移転新装開店一周年

食工房

昨年の11月24日開店当日
沢山のお花をいただき、売るものが無くなった商品棚に置かせていただきました。

早いものです。
明日11月24日は、移転新装開店一周年の記念日です。<当日のブログ>

昨年のブログを読み返しながら、食工房の移転新装開店を、いかに多くの皆さまが期待してくださっていたかを改めて知り、感謝の思いを噛みしめています。
開店の前後に届けられたお花の数の余りの多さに驚いたことは、この先もずっと忘れることはありません。
そして無事に一年過ぎたことに、改めて感謝を申し上げるとともに、この後の精進を誓う私たちです。

明日は、また新たな気持ちで皆さまをお迎えしたいと思います。
シュトレンの試食品とコーヒーの用意をして、皆さまのご来店をお待ちしております。

また明日から来年1月8日(会津で新規開業した日)までの期間、ご来店くださった方に、プレミアムポイント15点(お買い上げ額に関係なく別途付与します。)をプレゼントいたします。
※ポイントカード(50点満点で500円のお買物券になります。)に専用スタンプを押します。
※チャンスは、お一人さま一回限りとさせていただきます。

皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

トロくなったのか、丁寧か

最近と言うか以前に比べて、次第に仕事に時間がかかるようになったかも知れないと思うことがあります。

やはり歳のせいか・・・と納得してしまいそうですが、そうばかりでもないような気がします。
若い頃に比べれば、何をやるにもテンポが遅くなったのは間違いありませんが、逆に経験を積んだおかげで手早くなっている部分もあります。

そして一方では、経験を積んでいろいろなことに気づくようになったおかげで留意する箇所が増え、結果的に手数が増えてある程度時間もかかると言った側面もあります。

では、昔と比べて仕事の質はどうなったかと言えば、落ちてはいない、むしろ質は上がっていると自負しています。
失敗と言うか、取りこぼしも少なくなりましたし、安定感も増していると思います。

時間がかかるのは、歳のせいでトロくなったのが半分、丁寧に時間をかけているのが半分、それぞれ影響している結果ですね。
この頃は、私のそんな状況を娘たちが見事にカバーしてくれています。

一番大切なことは、お客さまに届ける製品がより良いものであることですから、そのために時間がかかるなら、それは厭いません。

さて今夜はこれから酵母種の最終調整をして、明日のパン焼きに備えます。

落ち葉を掃く喜び

今朝は雪になるかと思っていましたがそうはならず、冷たい雨と風が吹き荒れました。
日中も断続的に雨が降りましたが、風は次第に弱まって来ました。

夕方のひと時、庭の落ち葉を掃きました。

竹箒でザーッザーッと音を立てながら、あとで回収して畑に入れられるよう、所々に集めて山にしておきます。
何故だか分かりませんが、こういうことをしている時が一番幸せだと感じます。
理屈じゃなく、うれしいのです。

しかし忙しい合間でしたから、ほんの少しやったところで終了せざるを得ませんでした。
とても名残り惜しい気持ちでした。

また近いうちにやるさ!と納得して、明日のパン焼きの仕込みを終わらせました。
もうあたりは日が暮れて真っ暗。
季節はどんどん冬に向かっているようです。

明日は、定休日明けの木曜日、パン焼きの日です。
皆さまのご来店をお待ちしております。

雨が多くて困ります。

冬支度も、ある程度は完了しましたが、まだまだしておきたいことが沢山あります。
ところが、どうにも雨が多くて、外での作業が出来ません。

畑の片づけや植木の手入れ、外に出しておけない物の収納などなど・・・、雨に濡れながらでは、また雨に濡れていては捗りません。
そして明日から明後日にかけて、いよいよ雪を見ることになりそうです。

この秋、暖かい晴天の日は、本当に少なかったですね。
小春日和を堪能しないうちに、冬になってしまうようです。
そして時雨ではなく暴風雨になるのですから、この気候変動には本当にまいります。

さて明日と明後日、食工房は定休日です。
この一週間も、ご愛顧ご来店ありがとうございました。

明日は雨模様との予報ですから、ゆっくり休養したいです。


食工房の麦畑初収穫記念パンセット完売しました。

ありがとうございます。
おかげさまで、食工房の麦畑初収穫記念パンセットが50セット完売いたしました。
今回特別価格だったことももちろんですが、パンの内容そのものについても大変ご好評をいただきました。
これを機会に、パンの販売に弾みが付けばありがたいと思っております。
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

雪囲い設置完了

中島通信

こちらの住まいは、溜めないうちに除雪することを前提に、雪囲いは簡単な造りになっています。

今日、シュトレン焼きの合間に、雪囲いの設置を終わらせました。
実はこれまでに大方で来ていて、今日は残っていたわずかの部分だけでしたから、合間の時間でも十分間に合いました。

こちらの住まいでは、以前の所有者の方が作り込んであった雪囲いのための鉄枠があって、そこにパネルを固定するだけなので、本当に仕事が早く進みます。
正直、これなら雪への備えも苦にはなりません。

除雪も残されていた機械がすべて万全に役立ちますので、これはとても助かっています。
加えてありがたいのは、除雪する雪を運ぶ場所があることです。
敷地が崖の上に位置していますので、下に向かって落とせば良いだけという、この上無い計らいになっています。
崖下も、わが家の敷地です。

そんなありがたい地の利を与えられた幸運に感謝を忘れないために、お客さまをお迎えする駐車スペースは、いつも万全に除雪して置くことを自らに課す私です。

さてさて、今度の冬は、雪は、どんな様子になることでしょう。
わが家の苦労が少ないからとは言え、やはり大雪にはならないで欲しいですね。
多くの人が、大変な思いをするだけですから。

ほどほどにお願いします、冬将軍さん。

明日もシュトレンを

シュトレン

表面を、バターと砂糖で固めることによって、保存性を良くしよい香りを閉じ込めておくことが出来ます。

明日もシュトレンを焼きます。

都合3日間かけてつくるシュトレンですから、ここしばらくの間、他の物を製造することが出来ません。
クッキー類は、ほぼ全滅状態です。
どうぞ悪しからずご了承ください。

ところで、そのシュトレンが何かと話題になるこの時期、このブログの中の記事「シュトレンを子どもに食べさせても大丈夫か、との疑問」に多くのアクセスがあります。
当該記事を読んでいただければお分かりになることですが、シュトレンの原材料の中にラム酒漬けしたドライフルーツを沢山入れることから、子どもに食べさせても大丈夫?との疑問が湧いているようです。

まずたいていの場合、高温で焼かれる焼き菓子の中に、揮発しやすいアルコールが残っいてることはありません。
それに、食工房のシュトレンもそうですが、ドライフルーツをラム酒漬けする手法が必ずしも定番と言うわけではありません。

食工房では、焼く前の日に下準備をする際、水洗いして少し水分を含ませたドライフルーツに、ラム酒とバニラオイルを混ぜたものを少量振りかけて一晩馴染ませて香り付けをする程度にしています。
食べてみていただければすぐにお分かりになりますが、とてもいい香りがしています。

これは何もラム酒だけが利いているのではなく、ミックスシュトレンスパイスやバニラオイルの香り、また文旦ピールの柑橘系の香り、レーズンの甘い香り、そしてそこにかすかにラム酒の香りが混ざって、絶妙にバランスして醸し出されたいくつもの香りのハーモニーです。

シュトレンには、そのお店ごとにこだわりと特徴のある香り付けがなされます。
食工房のシュトレンは、食工房だけの香りと味わいを備えています。
お気に召していただければ幸いです。

この時期、いつでも試食していただけますので、ご来店の際はどうぞご遠慮なくお召し上がりください。
もちろん、お子さまもご一緒に。

新小豆入荷

食工房

2019年産新小豆一斗(1.8L)約13kg
大変な時間と手間をかけていただきました。


食工房

今年は、本当に実の入りが悪かったと、嘆くように報告してくださいました。
確かに、粒張りが今一のようにも見えますが、最終的にあんこになった時の風味が一番重要なポイントですから、この後早速あんこにしてみます。

今日、待ちに待った新小豆が入荷しました。

近所のおばあちゃんの一人が、手押し車を押してやって来ました。
コンテナの中には、5升ずつに分けて2袋の小豆が入っていました。

今回、1斗(18ℓ)約13㎏を届けてくれました。
毎日毎日大変な時間と手間をかけているのを知っていますから、今日はほとんど涙が出そうなくらいうれしかったです。
いや、本当にご苦労様でした。

まだあともう二人のおばあちゃんも、こつこつと作業してくれていますから、この後次々と入荷するでしょう。

今年の出来は、天候不順が災いして必ずしも上出来ではありませんが、それも込みでお付き合いすると決めていますから、いつも通りの値段で引き取らせてもらいました。
あとは、あんこに炊いた時の風味が良ければ、何も問題はありません。

それから、残留放射能の検査もこれからですが、これまでの実績から不検出はほぼ確実ですから、検査の結果が出る前でもあんこを造ります。

そして不検出確認後の、あんぱん製造再開に備えます。
小分けした小豆の販売も再開になります。

カフェインの作用

ここ半年近くになるでしょうか。
午後のコーヒータイムに大麦コーヒーを飲むようになりました。
つまり、ノンカフェインですね。
胃腸の弱い私には、良い結果となりました。

一方、朝の眠気覚ましにはやはりカフェインを含むレギュラーコーヒーが必須というわけで、朝はレギュラーコーヒーの毎日が続いています。

それが昨日の午後のことでしたが、たまたま大麦コーヒーを切らしてしまい、レギュラーコーヒーにしました。
飲みなれたコーヒーですから、何の違和感もありませんでした。

ところが夜、床に就いた後に異変が起こりました。
午後9時に布団に入ってそこそこ眠ったと思って目が覚めたのが10時45分でした。
「ええっ!」と思って、小用の後また布団に入って、次に目が覚めたのが12時12分。

その後はもう眠れませんでした。
と言うか、うとうとしてはいるのですが、意識は落ちないのですね。

結局3時に起きて作業場に入りました。
仕事は出来ましたが、何だかすごく疲れました。

午後は、かなりの時間午睡をせざるを得ませんでした。
やはりこれは、カフェインの作用だったということでしょう。
思いがけない体の反応に驚く私でした。

明日からまた、午後はノンカフェインにするしかありません。

漉乃あん丸、一時休止

新小豆の入荷が、少し遅れています。
毎日、おばあちゃんたちの仕事の様子を見ていますので、あと少しなのは分かっているのですが、何しろ80~90代のお歳の方たちですから、急かすわけには行きません。

一方、昨年産の小豆はとうとう使い切ってしまいました。
そのようなわけで、小豆の餡をつくることが出来なくなり、漉乃あん丸は一時休止となります。
またじきに再開の予定ではありますが、はっきり何時とは申し上げられませんので、ここ当分の間お待ちください。

さて明日はまた定休日明け、パン焼きの木曜日というわけですが、どうやらお天気が大荒れになるようです。
いやはや、勘弁して欲しいところですが、こればかりは誰に文句を言っても始まりません。

ま、どんな時でも店は開けておりますので、ご来店いただければありがたく幸いに存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。

初収穫記念パンセット、あとわずか

当初は、50セットも売れるだろうか・・・?と思っていましたが、ここ数日の間にじわじわと追い上げて、気が付けば早や残り6セット(11/12・21:14)です。

食工房としては、赤字覚悟の大出血サービスでしたから、完売になれば二重の意味でうれしいのです。

まあでも、良かったです、この企画は。
私たちの収穫の喜びが、少しは伝わったかなと思えましたから。

そして一方シュトレンですが、こちらも少しずつご予約の数が増えて来ています。
しかし、まだまだ予定数には余裕があり過ぎです。

例年、締め切り直前や締め切り後にご連絡いただくことが少なくありませんので、結局最後には予定数完売になっていますが、それを見込んで製造する側としては、いささか気が揉めるこの頃です。

どうぞよろしくお願いいたします。