千咲原渡辺第一圃場のライ麦

ライ麦
千咲原 渡部第一圃場のライ麦

今日も気温が上がりました。
一方雨が降りませんので、農家はどこも水やりが毎日の仕事になっているのですね。

ここ数年来毎年この時期、いきなり真夏のような陽気になってしかも雨が降りません。
昔とは、季節によるお天気の移り変わりが違って来ていると感じます。

こんな天候も、麦にはそう悪くないのかも知れません。
生来、乾燥を好みますからね。
ライ麦が良く育っています。

今年は、そんなお天気続きに誘われて、またライ麦のドライフラワーに挑戦する気になりました。
食工房畑で生育中のライ麦の一部を、青刈りして乾燥中です。
実が入り始めてからでは、うまく乾燥しないでカビが生えたりするので、開花前に青刈りするのです。

今年は、うまく行くと思います。
上手に出来たら、皆さまに少しずつプレゼントしたいと思っています。
どうぞお楽しみに。

食工房、明日と明後日は、定休日です。
お間違えのございませんように。

飯豊の空の下から・・・
飯豊連峰全景 会津若松市神指町地内より望む

今年の最高気温

気象予報の言ったとおり、今日は日中、今年の最高気温が出ました。
喜多方市でも31℃と記録されています。
局所的には、もっと上がったところもあったのじゃないかと思えました。

オーブン仕事が大変になって来ました。
尤も、今のところ夕方になれば涼しくなって、朝には肌寒いほどになりますから、暑いのは日中だけでそれほど苦にはなりません。

本日は、陽気に誘われてでしょうか、三々五々ご来店のお客さまがお出でになりました。
新緑もきれいですし、飯豊山も良く見えて、道中は気持ちが良かったことでしょう。

おかげさまで品物も良く売れて、売れ残りを心配することもなくなりました。
皆さまのご愛顧に、心より感謝を申し上げます。

明日も、今日と同じくらい気温が上がるようです。
平日ではありますが、ご来店をお待ちしております。
明日は、定休日前の割り引き処分品もございます。

朝、一杯のコーヒーが、幸せ・・・

今日も早朝3時に起き出して、作業場に入りました。
眠かったですね。

いつも決まって早い時間に床に就けるのであれば、何も問題はないのですが、なかなかそうも行かない事情があります。

眠い目をこすりこすり起き出して、ひとしきり作業を終えた午前6時半頃、朝のコーヒータイムになります。
この時間が、私にとって、本当に一番か二番に幸せを感じる時です。
この時のコーヒーは、私が自分で淹れます。

自分が焙煎したコーヒー豆を挽いて自分で淹れて、自分が焼いたパンでコーヒータイムを楽しむのです。
もちろん娘たちや連れ合いの助けがあって成り立っているのですけれど。

この朝のコーヒータイムは、いつも家族全員一緒です。
忙しいパン焼きの日の朝ですが、ほんのひと時でも時間を止めて、ゆっくりとコーヒーを味わいます。

尤もそんな時でも、コーヒーの風味を鑑定する意識が働いていますが・・・。

今朝は、マラウイの新銘柄のミディアムローストと東ティモールのミディアムローストをブレンドしてみました。
なかなかうまいコーヒーでした。

おかげさまで、今日のパン焼きも順調でした。

明日は、スコーンです。

ライ麦
ライ麦の穂が出ました。

スコーンの大量注文

今月また、ビックメイツさんからスコーンの大量ご注文を賜りました。
東京電力パワーグリッドの企業内販売会にて販売されます。
一般の方が入場出来るかどうか、詳細はお知らせいただいていませんので不明です。

本日は一時、作業場がスコーンで埋めつくされる状況がありました。
ありがたいお計らいと、感謝しています。

今日一日の作業では終えることが出来ませんでしたので、続きを明後日の日曜日に予定しています。
明日は、パン焼きの後、スコーンの下ごしらえです。

しかし、自分で言うのも何ですが、やはり食工房のスコーンはおいしいと思います。
第一に、素材の勝利です。
それから、焼き方のノウハウです。
あとは小さな秘密の工夫も。

朴の花 170519

ホウの花
17.05.19 11:59

ホウの花
17.05.19 14:41

ホウの花
170519 12:00

ホウの花
17.05.19 14:41

ホウの花
17.05.19 14:43

本日のご来店感謝

本日は月半ばも平日であり、ご来店のお客さまは少ないものと予想しておりましたが、思いの外ご来店のお客さまが相次ぎました。
こういうことも、まっ、あるのですね。
いや、ありがたいことこの上ありません。

パンが焼けるのを待っていたように、次々お客さまがいらっしゃいましたので忙しいことこの上ありませんでしたが、それでも昼の合間に、朴の花のところまで行って来ました。

ホウの花
2017年5月18日12:02

ホウの花
2017年5月18日15:16
おしべはまだ開いていない。

ホウの花
2017年5月18日17:05

2017年5月18日12:01

ホウの花
2017年5月18日17:02

今日は、本当にドラマチックでした。
お昼に行った時はまだつぼみが開いていなかったのに、午後3時過ぎ配達に出かける時に通りかかると、すでに開花していて驚きました。
膨らんだ蕾が、まさに弾けるように音を立てて割れたのではないかと思える情景でした。
帰り道にもう一度車を止めて確認すると、もう一つの蕾が口を開けたところでした。
それはそれは、えも言われぬ甘い香りが漂い、霊気に満ち満ちて、頭がボーっとするほど・・・。
朴の花は、全く不思議な力を持っています。

ありがたいコーヒーのご注文

今日がコーヒー焙煎の日だということを知ってか知らずか、お二人の方からそれぞれお電話にてまたファックスにて、コーヒー豆のご注文をいただきました。
急な対応になりましたが、追加の作業も間に合いました。

それで、コーヒー豆の話しになるのですが、ブレンドの中で少量ながら欠かせない役どころとして重宝していたグァテマラ・サンタフェリーサ農園産の、ティピカ・ケニアスタイルダブルウォッシュドが在庫切れとなりました。

仕入れ先にないのはもちろんですが、そもそも農園がこの品目の生産を止めてしまったようです。
今後の入荷の望みが絶たれました。
さて、何としましょう・・・。

食工房が評価を高くするものは、得てして売り切れになったり終了になったりするのですね・・・。どうして・・・?
同農園の別な銘柄を試してみたいと考え、銘柄の選定をしているところです。

そんな事情もあって、先にケニアのティムファクトリーという農園産の豆を入荷しましたが似て非なるもの、やはりキャラクターが違いました。
これはこれでいい豆なのですが。

マラウイ産は・・・?とも思いましたが、これも・・・でした。
やはり、深炒りが向いているような気がします。

そのようなわけで、この後しばらくの間ブレンド二品目が休止になります。


朴の花 170517

今日も、正午前に朴の木のところまで行って来ました。
高いところにあるものは、すでに開花しているものもあるようですが、ただ見上げるばかりです。
この分だと、開花はあとニ三日は先になりそうです。

ホウの花
少しずつですが、確実に膨らんでいます。

ホウの花
こちらは、あまり大きな変化はないように見えます。
でも突然パチッと割れるのじゃないかと思っています。

ホウの花
少し高いところに、もう一つ別の蕾があり、こちらは開花直前です。

朴の花

ホウの花
さらにまた一回り膨らみました。
黒い外皮は、片側はすでに取れてしまっています。
残る方側も、今にも取れそうです。

ホウの花
近くにもう一つ、いいポジションにつぼみがありました。
こちらの方が先に開花するかも知れません。

会津では今、朴の花がちょうど開花時期です。
もちろん場所によって、開花の最中のところもあれば、まだやっと蕾が膨らみ始めたところもあります。

今から20年近くも前の話しになりますが、朴の花のまさに開花の瞬間を捉えた写真を撮ることが出来ました。
しかしそれ以来、一度も朴の花の写真を撮ることが出来ません。
カメラがあっても、時間があっても、状況がそれを許さないと言うか、朴の花が撮らせてくれないのです。

こちらで一度だけ決定的なチャンスがありましたが、この時は開花直前の開きかけた大きな蕾が突然消えてなくなりました。
誰かが持ち去ったか?あるいは猿などが食べるということがあるのでしょうか・・・、未だに真相は謎のままです。

デジタル一眼レフを手に入れて、今年はぜひとも朴の花の写真を撮りたいと、心静かに祈る気持ちで願っていました。
それが通じたのかどうか分かりませんが、今年は蕾の状態から撮り始めることが出来ています。

と言うより許されていると言った方がいいと思っています。
そういう時は、吹いていた風が突然止んで、ピタッと動きが止まるのです。

開花に向けて、いいエクササイズになっています。
このデリケートな自然の営み、開花のプロセスが無事完結するのを見届けたいと願っています。