結局、仕事していたような・・・

昨日と今日は店の定休日です。
元々、二日間休めるとは思っていませんが、火曜日一日くらいは完全休養したいのですね。

ところが、何かしら用事が出来たり、暇になればなったで、こんな時しかやる時がない!と思うような用事を思い出し、結局半分仕事のようなことをして過ごしてしまいます。

昨日は、パソコンの勉強みたいなことをして、一日の半分が過ぎてしまいました。
今日はもうコーヒー焙煎でしたから、その後一件納品にも出かけましたので、まあ何やかやと暇ということはなかったのですね。

例えば本を読むってことが、ここ十年くらい出来ていません。 以前は年に数冊は読んでいたと思いますが、この十年間では一冊か二冊くらいしか記憶がありません。
だからと言って、不満だと言うのでもありませんが・・・。

今は、この状況に半分仕方ないと思いつつ、もう半分は納得して満足している私です。

明日はまた、朝早くからパン焼きです。

おっと!早く寝なくては・・・。

雪融け進む

雪の山が融けて、奇妙な形のオブジェが出現
雪の山が融けて、奇妙な形のオブジェが出現
集落の中を流れる一ノ戸川も増水しています。泥濁りは、上流域のあちこちで雪崩が起こった証拠。
集落の中を流れる一ノ戸川も増水しています。
泥濁りは、上流域のあちこちで雪崩が起こった証拠。
2月には、屋根上1m以上の厚みがあり、その重みに耐えかねて歪んでしまった小屋。
2月には、屋根上1m以上の厚みがあり、その重みに耐えかねて歪んでしまった小屋。
立っているものの周りは必ず先に融けます。道祖神か一里塚・・・
立っているものの周りは必ず先に融けます。
道祖神か一里塚・・・
除雪車に押されて折れてしまったか?一旦停止の標識
除雪車に押されて折れてしまったか?
一旦停止の標識
今シーズンは、湿った重い雪質だったため、そこらじゅうで木の枝が折れているのを見かけます。
今シーズンは、湿った重い雪質だったため、
そこらじゅうで木の枝が折れているのを見かけます。
百姓市の小屋です。やはり、冬は何も出来ません。
百姓市の小屋です。
やはり、冬は何も出来ません。
夏の頃とは全く違う風景ですね。手前の部分は、除雪車が除雪してくれています。
夏の頃とは全く違う風景ですね。
手前の部分は、除雪車が除雪してくれています。
店の前の雪の山も、すっかり低くなって残っているのはわずか。
店の前の雪の山も、すっかり低くなって残っているのはわずか。
こちらは、店の前2月23日の様子看板が埋もれています!
こちらは、店の前2月23日の様子
看板が埋もれています!

昨日から今朝にかけて、断続的に雨が降りました。
気温も高めで、夜間の冷え込みも無かったせいか、雪融けが一段と進んだようです。

近くの川も増水しており、しかも泥濁りでした。
これは、上流域のあちこちで雪崩が起こり、表土ごと川に向かって崩落したものと思われます。
それが証拠に、初夏の頃奥山を訪ねると、川沿いに崖崩れのような雪崩の痕を多数見かけます。

この冬は、地元の人でも初めてというくらいの豪雪でしたから、これから先ずっと秋になるまで、川は雪解け水で豊かな水量を維持し続けることでしょう。

これが、会津の農業を支え豊かな稔をもたらす源であることは、言わずとも誰もが承知していることです。
素晴らしい地の利だと思います。

一方、この雪で樹木が痛めつけられた痕も、沢山見かけます。
しかしこれも考えようで、枯れた枝や病気や虫食いで弱くなった部分が取り除かれるわけですから、そこに日が差しこみ風が入ることによって、残った木はかえって元気になるのですね。

雪崩で、立木ごと地表が損なわれることも、生態系が多様化することに一役買っていると、何かの資料で見聞したことがあります。
自然の計らいに間違いはないのですね。

それにしても、こうして雪が消えると、あの2月の雪の山が本当にあったのだろうかと思ってしまいます。

これで畑や田んぼの土が見えだしたら、あとは一気に爆発したように季節が進みます。
今はまだモノトーンの風景も、福寿草から梅桃桜まで、わずか1ヶ月余りの間に次々と花を咲かせ色づいて来ます。

その次は、あのまるで燃えているように見える新緑の季節です。
そうか・・・、「萌え」は「燃え」に通じるのですね。

ぜひぜひ、会津にお出でください!

出入り口開通

玄関前に、切り通しが出現雪の山は、まだ優に2mを超えています。
玄関前に、切り通しが出現
雪の山は、まだ優に2mを超えています。
外から見たところ段差なしは、楽です。
外から見たところ
段差なしは、楽です。

今日は、曇りからのち雨になりました。

3時の休憩までで仕事が終わったので、母屋の出入り口の除雪をして雪の階段を無くしました。

久しぶりに段差なしで玄関に辿り着けるのが、今回は妙にうれしかったですね。
それくらい雪が多くて、少々嫌気がさしていたということでしょうか。

でもまあ、周りはまだまだものすごい量の雪の山です。
これがすっかり融けて消えるまでに、あと一ヶ月では足りないと思います。

その間、家の周りを氷に囲まれているような状態ですから、外の気温が高くても、家の中はひんやりしています。
そのうちしびれを切らして、雪を片付けることになるでしょう。

雪囲いを外すまでは、冬は終わらないのです。
家の中が明るくなって、窓から外の風が入るようになったら、やっと春が来たと実感出来るのですね。

そして雪が多かった分、春は一気にやって来る!
もう種まきの準備だけはしておかなくては・・・。

それからこの季節にもう一つうれしいこと、それは冬の間お顔を拝見出来なかった方が、次々とご来店くださることです。
今日も、お隣山形県の米沢市からお一人。

こうして冬から春へ、メリハリのきいた雪国の季節の変化に、何だかソワソワしている私です。
食工房、明日と明後日は定休日となっております。
お間違えなきよう、よろしくお願いいたします。

ちょっと一息

毎日忙しくしていると、いろいろ想いはあっても言葉を紡ぎ出すことが、とてもとても出来そうにない時があります。

世の中のことも、決して軽くない・・・。

首をかしげたくなること、憤りに堪えないこと、がっかりすること・・・。

でも、それもこれもあれも皆呑み込んで腹に収めて、その上でちょっと一息入れようじゃないか!という今日の私です。

偶然見つけた素敵な音楽、一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。

ブルガリアの女性4人組コーラスグループ・ABAGAR

三々五々ご来店感謝

余り生地のバタールとピストーラ
余り生地のバタールとピストーラ

余り生地のバタール・1本335円
余り生地のバタール・1本335円

たまねぎパン・1個300円
たまねぎパン・1個300円

漉乃あん丸・1個200円
漉乃あん丸・1個200円

本日も暖かい一日となりました。
途中から雨が降り出しましたが、今にも雪になりそうな冷たい雨というのでなく、雪を融かし春を告げる雨でした。

そんな中、遥々南会津から、郡山から、また地元からも、三々五々ご来店を賜りました。
お出でくださった皆さま、ご来店まことにありがとうございました。

タイミング良くお出でくださった方には、焼き立て熱々の漉乃あん丸をお求めいただくことが出来ました。
そんな時は、何だか私まで、すごくうれしい気持ちになります。

明日もまた皆さまのご来店をお待ちしております。

暖かい日が続きます

飯豊連峰 主峰・大日岳2128m  飯豊本山・2105mよろしかったらデスクトップ背景にお使いください。画像クリックで拡大表示します。
飯豊連峰 主峰・大日岳2128m  飯豊本山・2105m
よろしかったらデスクトップ背景にお使いください。画像クリックで拡大表示します。

朝晩の冷え込みは、まだまだ厳しいものがありますが、日中は暖かい日が続いています。
雪融けが進んで、どなたも気持ちが踊り始めたようです。

今日は陽気に誘われて、ご近所の若い夫婦が、ベビーカーに子供さんを乗せてやって来ました。
・・・って、あの百姓市でお馴染みの大ちゃんだったんですけど。

配達先でも、「山都は雪はなくなりましたか?」と聞かれると、「もうすっかり!」と答えている私。
いや、道路の雪は・・・ですが、周りはまだまだ深い雪の下です。

この季節、澄み切った晴天に恵まれることが多く、残雪の飯豊山がとても美しく見えます。

山都町は間近過ぎて、全容を眺めることが出来ませんが、ちょっとお隣の会津坂下町あたりに出ると、写真のような眺めに出会えます。

多分一年のうちで今頃が、残雪の山々が一番美しく見える季節です。
4月初めの頃まで、ずっとチャンスです。

どうぞ、会津にお出でください。

パンだより№84・春分号、公開しました

遅ればせながら、本日ホームページ上に公開しました。

やれば出来るもので、実質2日で仕上げています。
昨日の夜、Illustratorで編集を終え、pdfファイルを作成してサーバーに上げておきました。

今日は、ホームページ上に、リンクを埋め込んだコメントを書き込んだだけ。
そして今こうして、そのことをブログに書いているというわけです。

BROACH(ぷららのブログサービス)では、pdfファイルをアップロード出来ないので、ホームページに置いたファイルにリンクを設定しています。

一方、”Shokuko Space”(”Wordpress”を利用)の方は、pdfファイルもアップロード出来るので、直接ブログ上に置いてアクセスしてもらうように設定しました。

食工房のパンだより・№84・春分号

まあ、こんな話し、どうでもいいことですが、ちょっと触れてみた次第。

地面に置いた車とうしろの景色が見えます。
地面に置いた車とうしろの景色が見えます。

今日は、日中とても良いお天気で、気温もグングン上がり、雪融けが一段と進みました。
つい先日まで7段の雪の階段を上り下りしていた我が家の出入り口も、今は3段の高さまで雪を掘って切り通しになっています。
近いうちに地面まで掘り下げて、真っ直ぐに家の中に入って来られるようにしたいと思っています。

もちろん道路は、もう完全に雪が無くなりました。

待っていた春が、やっと近づいて来たようです。