スコーンが行く・2

食工房のスコーン、ブレイク一歩手前かも知れません。

「ふくしまからはじめよう。キビタン号」・・・、聞いたことありませんか?

軽トラックの荷台部分をキッチンカーに改造して、福島県内の生産・製造品を紹介・販売しながら回っているイベントカーです。
★詳しくは、facebookページをご覧くださいね。<参照>

そのキビタン号の販売品目の中に、食工房のスコーンを加えていただきました。
実は、それが8月からの話しで、その後各会場でご好評いただき、注文数は増える一方と言ううれしい展開です。
今週も、急なご注文をいただき、速攻で用意してお届けいたしました。

現在キビタン号は、福島県内および首都圏を往ったり来たり、本当にいろいろな場所に出没中です。
どこかで見かけたら、あるいは噂を聞いたら、ぜひお立ち寄りください!駆けつけてやってください!
キビタン号の移動スケジュールは<こちら>から。

沢山の福島県産品に交じって、食工房のスコーンも並んでいるはずですので。
どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに明日は、会津中央乳業さんからの急なご注文にお応えして、速攻で焼き上げ即納品です。

ご来店、ありがとうございます。

おかげさまで忙しくしています。
昨日も今日も、三々五々ご来店のお客さまがお見えになりました。

そしてよく言われます。
「こんなところでやっているとは思わなかった。」
「こんなところにパン屋があるとは・・・。」と。

そうなんです。
10年前、ここに越して来たばかりの頃は、すごい街中にやって来た!と思ったものですが・・・。
それまで一体どんなところに居たんだ?ってことになりますが、その話はもうすでに何度か語りました。
たとえば<こちら>

で、10年経ってやっと娑婆の感覚に馴染んで見ると、やっぱりここは商売するのには「ちよっとねー・・・」なのだということが分かったりするわけです。
でもねぇ、私的にはここが気に入っているのですよ。
街中は、どんなに商売に有利でも、肌が合いません。
自然の中にいるって感覚が無いと、私、生きて行けません。

そういうわけですから、これからも、皆さまにお出でいただくしかありません。
「ここまでパン買いに来て良かった!」と言われるパンを焼きます。
そして皆さまのご来店、お待ちしております。
どうぞよろしく。

panda編集、もう少しかかりそうです。

近頃の音楽の聴き方

元々音楽好きの私、仕事中も音楽が流れているとスムーズに捗ります。
作業場には、ミニコンポが置いてあり、これはもう開業以来欠かせない道具の一つです。

音源は、CD、MDの他、USBメモリーも使えるので、お気に入りを録音して聴いています。
そしてごく最近は、予めPCに取り込んでおいた音楽ファイルにアクセスして、ラインアウトでコンポに接続して鳴らすことが多くなっています。

これは本当に手軽と言うか便利なやり方です。
その際やはり音質が良いに越したことはありませんから、CDから取り込む時は無圧縮で取り込みます。
こうしておけば、もし何らかの原因でCDが劣化しても、同等音質のデジタルデータが残っているので、涙を呑むこともありません。
panda編集の時も、家のPCはバックグラウンドで音楽を聴くくらいの負荷には耐えてくれますので、たいてい何か鳴らしています。

昔は、アンプのスイッチを入れて、ターンテーブルに音盤を乗せて、さあ聴くぞ!ってな具合でしたからね。
デジタル時代の音楽の聴き方、ずい分変れば変ったものです。
でも、音、悪くないですよ。

で、今日のお気に入りの一曲はこれ!

さて、panda です。

panda こと「食工房のパンだより」印刷版。
毎度月末の恒例です。

今回は、今日から開始。
先ず、白い紙に鉛筆でざっとアイディアを書き出し、それに添って文章化して行きます。

どのくらい書けば紙面が埋まるかは、長年の経験で分かっていますから、程々のところでPCに向かいます。
Illusratorを起動して、前の号をテンプレート代わりにして、新しい原稿に置き換えて行きます。

テキスト部分は、記事内容が決まってさえいれば、素早く進みます。
今日は、午後の時間にコーヒー焙煎をしながら、いいところまで進みました。

イラストは全て削除して、毎号新しいものを描いてもらいます。
それをスキャナーで取り込んで、Photoshopで編集して、もう一度Illustrator上でレイアウトすれば完成というわけです。

今度の日曜日までに出来るでしょうか、どうでしょうか。

おかげさまで、秋になってから通販のご注文が増えて来ました。
パンもスコーンも、沢山焼かなくてはなりません。

今や最悪の風評に晒されている福島ですが、分かる方は分かっている!何も心配していません。
今後とも、食工房、よろしくお願いいたします!

小春日和の一日

畑

秋も深まる今頃、畑に緑がいっぱいというのは、とても豊かな気分です。


畑

さつまいもとかぼちゃが終わったあとを秋起こししています。


畑

先日麦踏みしたライ麦
踏まれて反って勢いづく生命力の強さ、と言うより、
その性質を知って人間が踏むから旺盛に育つのです。
踏まなかったら、初冬の冷え込みで根が浮いて枯れてしまうこともあります。

私は、この小春日和がよほど好きなのですね。
自分のブログ「飯豊の空の下から・・・」新、旧通して、何度も「小春日和」を取り上げて記事にしています。
この前も言いましたが、この季節がいいのです。妙に・・・。

今日は、その小春日和と言うに相応しい穏やかな一日でした。
霧の朝に始まり、日中は穏やかな晴天。
夕方になっても、急激な冷え込みが来るわけでなく、じわじわと冷たくなって行く大気・・・。
そんな一日、今日は大方外で過ごしました。

午前中と午後のひと時、畑に出て秋起こしを3時間余り。
トラクターを走らせれば僅か15分ほどで終わる面積を、3時間もかけてやって何かご利益があるのか?
さあ、どうでしょうね。
その人次第じゃないでしょうか。
私には、無上至福のひと時だったとだけ、申し上げておきます。

その後、桜の木の剪定をして、それから庭に積み上げていた廃材をチェーンソウで切って、焚き火の準備。
夕方、空気が湿気を帯びて風も凪いだのを見計らって火を付けました。
こうしてたまに煙を立てるのが、一番効果的な熊除け(他の動物に対しても)になります。

かくして久々に充足の一日。最高です。
あぁ、お金にならないことだけをして過ごせたら、どんなにいいことだろうと思う私です。

寒くなりそうです。

台風が通過して行った後に冷たい西風が入り込んで、今日は日中こそ陽ざしのおかげで過ごしやすかったのですが、夕方になって日が陰ってからというもの、どんどん気温が下がっています。
空には星が瞬いていましたから、明日の朝には霜が降りるかも知れません。

いよいよ寒くなりそうです。
そろそろ雪囲いのことも考えないと・・・。
あぁ、もうそんな季節なのですね。

でも、この前も申し上げましたが、この季節の夕暮れ時の何となく心細い感じが私は好きです、と言うか、好きになりました。

今日はまた食工房の一週間の週末、このあとは少しまったりとした時間を過ごしたいと思います。
明日はお天気も良いようなので、畑も少し出来そうですし、たまっている外仕事も片付きそうです。
夕方には、久しぶりに熊避けの焚き火をしたいですね。

さて、業務上のお知らせを一つ。
ただ今、シュトレンのご予約を承っております。

ホームページ上に、特設ページを設置しましたので、ぜひご覧ください。
シュトレンのバナーをクリックしてご覧いただけます。

それでは、どなたさまもお風邪など召されませんように・・・。

昼食会・満席御礼

茶房・千

本日は、本番中写真を撮る余裕は全くありませんでした。
準備中の一コマ、この一枚だけです。
でも、素敵なお店だと思いませんか。

本日は、「パン食メニューの昼食会」でした。

私は、朝一番から「茶房・千へ出張・・・」と言うほど遠くはありません。
すぐ近くですが、出っ放しで夕方まで。

朝方のお電話で2名さまを追加受け入れして、22名さまプラス小さいお子さまお二人で店内はいっぱいになりました。

初めての試みということで、ちょっと混乱した場面もありましたが、茶房・千のスタッフさんたちの甚大なる働きでこれと言ったトラブルもなく、最後までスムーズに皆さまにお楽しみいただけたのではないでしょうか。

途中何度か、「パンがおいしい!」とのお声を頂戴し、先ずはホッと胸を撫で下ろしました。
茶房・千さんが腕を振るってくださったお料理の数々も好評いただき、パンとの相性も良かったのではないかと思っております。

お帰りの際には、皆さまにパンをお買い上げいただき、このイベントを開催して本当に良かったと実感いたしました。
皆さまがお帰りになった後、片づけの途中で休憩の時も、楽しいイベントだったと感想が漏れましたので、また第二回もありかも知れません。
どうぞご期待ください。

そして今一度、ご参加くださったみなさまと茶房・千の皆さまに御礼申し上げたいと思います。

ありがとうございました。