かぼちゃとさつまいも全滅

静かな休養の時間を味わうはずの休業一日目は、畑の大事件で台無しになりました。

旧宅の前の畑地の一角にある食工房の高野圃場、そこに今年もかぼちゃとさつまいもを植えていました。
どちらも良好な生育ぶりで、収穫を楽しみにしていました。

猿の食害を警戒していましたので、この頃は一日のうちに二度は見回りに行っていましたし、折々に除草作業などをして、畑にいる時間が少しでも多くなるように作戦を立てていました。
それに近所のおばあちゃんやおじさんがほとんど一日中畑に出ているので、少し安心もしていました。

しかし猿の方が一枚上手でした。

お盆に入って沢山の方が帰省して来られ、人口も増えているので猿も少しは用心するかも・・・と思ってもいました。
ところが、あちらこちらのお宅で宴会が始まり、畑仕事も暫しお休みになり、畑に人がいなくなりました。

私たちが一日に二度見回りに行ったとしても、その他の時間は無人ですから、猿はそこをちゃんと見ていたのですね。
そして、人目に付きにくいルートで侵入していました。

一体何頭くらいでやって来たのか分かりませんが、カボチャもさつまいももそれはもう見るも無残な状況に喰い荒らされていました。
全滅です。
すぐお隣の圃場のさつまいもも、同じ有様でした。

この一件、最終的には電気柵で囲えばいいのだという話しになるのだと思います。
しかし、そうやって作物を守ることだけは出来たとしても、猿だけではありません、もはや獣たち全体が人間を恐れないどころか、全く気にも留めないようになりつつあることに歯止めをかけて行かないと、やがて家の中に侵入されたり、人身に危害が及ぶ事態にまで進んで行くことは、もうすでに先行例が出始めているのです。

今日は、上の娘は涙を流して悔しがりました。
動物愛護だか何だか知りませんが、そうやって動物たちは保護されているのに、人間は一切手出し無用、動物から全く保護されていないのはどういうことなのでしょう。

せめて殺傷力のあるエアライフルくらい持たせろよ!と本気で思います。
まあ無理でしょうけど。

明日は、その畑を片付けに行きます。

2 thoughts on “かぼちゃとさつまいも全滅

  1. MIKIO AOKI 投稿作成者

    けんさん、コメントありがとうございます。
    慰めと励ましのお言葉、しっかりと受け止めております。
    悔しがるだけではどうにもならない、その先を考えて行かないと・・・。
    来年は、電気柵で囲うことも実行したいと思っています。
    その上で、猿に対してより強力な忌避効果を上げる方策を練ります。

    返信
  2. けん

    おはようございます。

    大変でしたね!!!
    猿害についてはあちこちで耳にいたしております。
    さぞかし無念だったことでしょう。
    気を落とされませんように頑張っていただきたいと思います。
    暑い最中ですのでくれぐれもご自愛のほど。

    返信

コメントを残す