中島通信」カテゴリーアーカイブ

大雪になっています

除雪

営業日でなくて良かったです。
この状態では、入口にたどり着けません。


除雪

長靴でも埋もれてしまう深さでした。


除雪

車も出せない状態、出かける予定が無かったのが幸い。


除雪

バケット一すくいでスコップ30杯分


除雪

40cmはありそうです。
しかし機械の力はすごい!


除雪

こうやって雪を集めれば、カマクラなんかすぐ出来そうですけど、なかなかそのためにわざわざやるわけにも行きません。


除雪

崖下に向かってダンプ出来るのが、とにかくありがたいです。
そのかわり、自分が落ちないように気を付けていなくてはりません。
危ないです!

今日は早朝未明の頃から猛烈に雪が降り出しました。
日中もずっと降り続き、午前9時頃には30cm、その後さらに20cm以上降ったと思います。

道路の除雪が始まったのが、いつもより少し遅く午前4時過ぎからでしたが、終わる頃にはもう一度回って来なくてはならないくらいになっていました。

わが家の敷地内も、あまり積雪が多くなると機械でも対応出来なくなるかも知れないと思い、午前9時頃から降りしきる雪の中除雪作業を開始しました。
雪の量がこれまでとは比較にならない量で、作業の最中屋根から雪が落ちて来る状況もあり、午前中いっぱいかかってやっときれいにはなりました。

しかし昼食の間にも、もう早やあたりは積雪で真っ白。
午後一で二回目の道路の除雪が始まりました。

わが家は、そのまましばらく様子を見ながら、屋根からせり出した雪庇を切って落としたり、建物際の雪を前に押し出したり、あとでローダー(トラクターに装着されているバケット)で除雪しやすいように作業しました。

午後3時過ぎになってやっと降り方が収まって来たので、二回目の除雪を開始。
私が機械を動かしている間、カミさんに、スノーダンプで建物際の狭い場所の雪を運び出してもらいました。

店の駐車スペースになっている部分をきれいにした後、母屋の裏手の雪を除雪機を使って飛ばしました。
こちらも、一度溜めてしまうと、後々機械も使えない状況になってしまいます。

結局、休日のはずが、一日中除雪作業で終わってしまいました。

今日は、写真も撮ったのですが、ネット接続の調子が悪くて写真をアップロード出来ません。
何か具合の悪い所があるらしく、NTTに来てもらわなくてはなりません。
回復にはしばらく時間がかかりそうです。

※早朝試したら、辛うじてアップ出来ました。

今年の除雪事情

今年は新たな環境で冬を迎えています。
昨年の豪雪に比べれば、比較にならないほど降雪は少ないのですが、それでもそこは雪国のこと除雪無用とは行きません。

それで昨年までと大きく違うのは、広い駐車スペースを自前で除雪しなければならないことです。

前の場所では、建物横のスペースに1台分を確保するのがやっと、あとは路駐でした。
その分除雪はしなかったというか、そんな大がかりな除雪は出来なかったのですね。

こちらでは、駐車スペースは私有地ですから自分で除雪するのが当たり前です。
ところがそこは上手くしたもので、こちらでは機械力が使えるわけです。

もし今までのように手作業でとなると、雪が降るたびに除雪で一日費やすことになりかねません。
変わらないのは、どの道忙しいということです。

とは言え、敷地の端が崖になっていて、雪はそこから下に落とせばいいのです。
雪を捨てる場所に困ることはありません。

昨年までなら、スノーダンプですくった雪を、上へ上へと押し上げて大きな山を作りながら片付けていたのです。
この違いは大きいですね。

これから先、歳を取って体力が落ちて行くのですから、それに合わせるように少し楽をさせてもらえる計らいになったことに、正直ホッとするとともに感謝の気持ちが湧いて来る私です。

久しぶりに体力を使って雪かたし

今シーズンは、まだまだ雪は少ない方です。
それでも、日の当たらない側の軒下は、屋根から落ちた雪が溜まってカサが上がり、もともとそれほど高さのない雪囲いの上を越しそうな状況になって来ましたので、今日は仕事の合間に久しぶりに手作業で体力を使って雪かたしをやりました。

トラクターは入れない狭い場所、除雪機でも飛ばすところがないので、スノーダンプですくって表の方まで運び出しました。

やり始めれば、いつもの通り体が覚えていて、手作業も時と場合によっては機械と比べても遜色なく捗ります。
まあしかし大変な所はごく一部、集めた雪はトラクターでサッサと運んでしまいますし、除雪機が使えるところは機械も使いましたから、これまでのようにすべて手作業に頼っていた時とは比較になりません。

仕事の合間でも、手作業で丸一日分の除雪が出来ました。
それでも汗はかきましたし、ほど良い疲労感と達成感で気分は上々です。
ご飯もおいしく食べられます。

やはり、健康のためにも、体は使わなくてはなりませんね。
スノーダンプとスコップ、万歳!

明日も明後日も、少しずつ続きをやります。

融けるのも早い!

昨日は大雪、今日は曇りがちながら時折薄日も差すお天気でした。

気温も少し上がり、屋根の上に残っていた雪が、日が当たり出したとたん落ち始め、昼前にはすべて無くなりました。
地面の雪もどんどんカサが下がって、昨日の積雪がウソのようでした。

気象庁の情報によれば、南米沖でエルニーニョ発生中だそうで、これが日本の暖冬傾向にしている原因の一つだそうです。
エルニーニョ発生時の日本のそれも東日本の気候の傾向は、気温は高め、降水量は多め、かと言って日照も多めだそうです。
つまり振れ幅の大きいお天気模様ということでしょうか。

降水量が多いということは、暖冬で雨になることが多いとしても、一旦雪になれば大雪になるということです。
一方で日照も多めということは、止み間は晴れて気温も上がり、降った雪もすぐ融けるということなのですね。
まさに、昨日今日の状況そのままじゃありませんか。

それで明日の日中は、晴れ時々曇りだそうです。
もうすでに道路の雪は消えてしまいましたし、日中なら凍結の心配もありませんから、お出かけには好都合ですね。

否、ご来店をお誘いするにしても、条件が良ければ、それだけ力が入るというものです。
皆さまのご来店をお待ちしております。


紙版・飯豊の空の下から・・・ №49 公開しました。

久しぶりの発行です。
やっぱりこれが出なくちゃ、食工房じゃありません。

ネット上にpdfファイルを公開いたしました。
ご覧いただければ幸いです。 <こちら>

必要に応じて、プリントアウトしてご覧いただいてもけっこうです。
こちらで印刷もオーダー済みですので、出来上がり次第、ご希望の方に無料配布したいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

体調、良くなって来ました

先週あたりは本当にひどい状態で、自分の健康に半ば自信が無くなりそうな気分でした。
これでは、この先が思いやられると、かなりのところガックリ来てましたね。

でも今週になってからは、雲が切れて空が晴れて来るように、すっきりとして体調が良くなって来ました。
病院には行かないので本当のところは分かりませんが、インフルエンザだったことはほぼ間違いないでしょう。

調子が悪い時には、何でこの程度のことをやる気になれないのかと情けないものですが、調子が良くなればそれがウソのように楽々とこなせるのですから、健康とは本当にありがたいものです。

おかげさまで、コーヒーもパンもとびきりおいしくいただくことが出来ます。
寒さも苦にならないので、暖房を節約することも出来ます。

ま、それでも油断はしないことですね。
感染症だけは、どこからでもやって来ますから。

それにこの歳になると、一旦体調を崩すと回復に時間がかかります。
これはもう仕方がありません。
そういうものだと思って、慎重に養生することですね。
でも、ここ当分は、バリバリ行けそうです。

明日はパン焼き。
雪の予報も出ていますが、皆さまのご来店をお待ちしています。
雪の日、ポイント2倍です。

雪が少なくて楽をしています・・・が

今のところ、とお断りしておきますが、雪が少なくて助かっています。
楽をさせてもらっています。

今日あたりは、屋根の上に残っている雪は、日陰も含めて完全に無くなっていました。
店の前の駐車スペースは、きれいに乾いて冬の様ではありません。

昨日も今日も、日中は日が差していましたし、寒に入ったこの時期にこんなに穏やかなお天気でいいのかなと思ってしまいます。
このあと、とんでもないどんでん返しがなければいいのですが。
まあまあ、2月が過ぎるまでは油断はしないでおくことに・・・。

しかしそれにしても、緩いですねぇ。
ところがです、サルの群れが出て来たのです。

昨日、すぐ近くの集落に出没したとの情報を得ていましたので、今朝は我が集落の旧宅の裏当たりに・・・と予想して、追立のための道具を揃えてパトロールに行ってみたところ、予想通り来ていました。
もうすでに、あたりの柿の木に残っていた熟柿を、散々に喰い荒らした後でした。

しかしここ何度か出没の度に厳しく追い立てているので、私たちの姿を認めただけで威嚇することも無く一目散に逃げて行きました。

これで分かることは、猿が、いつでもどこでも何をしていても、絶対に気を許さないこと、厳しく追い立てることですね。
どこかで油断して、一度でも猿にここは自分たちの居場所と認識されたら、その力関係をひっくり返すのは、余程大変な手間と時間がかかると思っていなくてはなりません。

雪が少なくて楽・・・と思ったら、猿のせいでそうも行かなかったというオチでした。

最期に、忘れるところでしたが、明日と明後日は定休日です。
お間違えのございませんように。

本当に暖冬だ!

昨日の朝、20cmくらいの積雪がありました。
新雪のうちに除雪した方が楽なので、早々に片付けておきました。

ところが後になってまわりを見ると、どんどん融けてほとんど雪なんか残っていません。
今日も日中はそこそこ暖かくて、路面は早くも乾き始めたところがありました。

尤も、少しでも水分が残っていると、それが凍ってツルツルになりますので危ないのですが。
ところが夜半の現在、雪の予報のところに雨が降っています。
本当に暖冬なんですね。
とは言え、まだまだ寒はこれからですから、突然のドカ雪もあるかも知れません。

まあ明日から数日は、その心配もなく穏やかなお天気になるようです。

体調崩してしまいました。

昨日から寝てます。
疲れですね。
ひどい風邪です。

前ぶれがあったのに、何だかボーッと油断していました。
その時点ですでに病気でしたね。

咳がきついので、風邪薬を飲んで、あとは暖かくしてひたすら寝ていました。
昨日は一日時間が消えてしまったような感覚で過ぎてしまいました。

今日はずいぶん良くなりましたが、食事とトイレの時以外は寝て過ごしました。
夕方になって、やっと人心地が付いた感じになりましたので、ブログなどを書いてみる気になりました。

明日は雪も積もるようですし、営業再開に向けて業務も開始です。
棚卸は、今回寝込む前に終わっていました。

明日は、体が動くかな・・・?
朝目覚めた時の様子で判断します。

斎藤清美術館へ

斎藤清美術館

遠くの山が雪に煙って、会場外からすでに展示が始まっているような気分にさせてくれました。

昨日のブログに取り上げたからかも知れません、やっぱり早く見に行きたい気持ちが募って来るのですね。
小雪でしたが雪もちらついていましたから、カミさんと二人、上機嫌で出かけました。

斎藤清の作品の中でも、「会津の冬」をテーマにしたものは私の一番のお気に入りです。
今回の企画展は、全展示がそのテーマに添っていましたから、展示室に足を踏み入れ最初の作品が目に入った瞬間から、もう心は現実の世界から離れていました。
あぁ、いつまでもここに居たいと思ったものです。
会津に暮らすようになって16年、斎藤清の版画の世界は私自身の現実の世界と重なって見えることも少なくないのです。

今日は初めて、今日一番強い印象を受けた作品のアートポスターを購入しました。
部屋に飾って、いつでもその世界に浸れるようにしておこうと思っています。

会津の冬

休んでいました

今日は1月4日、御用始めでしたね。
官庁関係は、規定通り今日から業務開始です。
尤も、明日はもう土曜日ですから、お休みになるのですね。

食工房は、営業再開はまだ一週間先ですが、一部の業務は今日から再開しています。
再開したのは、言わずと知れた経理業務ですね。
昨年なかなか大変な思いをした、あの棚卸です。
とは言えそこは二回目のこと、書式は出来ていますから、若干の修正をしただけですぐに調べた数値を入力して行けば、たちどころに棚卸高が出せるというわけです。

あと、今日は金融機関が動いていましたから、年末にかけて振り込まれてきた売り上げを、各支払先に向けて振り返る作業もしました。
その他、発注業務もありました。

何だかんだと、動き出せば次から次へとやるべきことが浮上して来るのですね。
まあでも、忙しさも中くらいなり年始め、ってところでしょうか。

話しは前後しますが、今年の正月三が日は、ほんとうに何もせずに過ごしました。
息子や孫たちの帰省や来訪もなく、誰も来ない静かな正月でした。

軽い体操と外歩きをする以外は、テレビを見たりビデオを見たり昼寝をしたりするくらいでした。
雪もほとんど降りませんでしたから、除雪に汗を流すこともなく、あるいは雪だるまを作って遊ぶことも出来ませんでした。

何だか本当に暇で、ダラーっと時間が過ぎましたが、あえてそれに任せていました。
ここで時間がもったいないとか言うのは止めよう!
体も脳みそも腐るまで休めばいいのだと思うことにしました。
ですが、わずか三日間くらいでは、とても体も脳みそも腐るまでは行きませんね。

今日は、世の中も動き出したし、もういいや!という気分になって、朝からぼちぼちと動き出したら、先に申し上げた通りです。

でも、休みの間に一つだけ決めていること、それは斎藤清美術館に企画展を見に行くことです。
会津の冬〜白からはじまる「ふぶく日のシルエット」展
楽しみにしています。
出来れば、雪の降る日に訪ねたいと思っています。