マイブログ10年

2007年の3月27日より、「飯豊の空の下から・・・ 」を書き始めて10年が過ぎました。

何をしていたって時間だけは過ぎて行くのですから、10年を過ぎる時もいつかはやって来るには違いなかったのでしたが、それが今日という日だったというわけです。

とても長い時間だと思います。
決してあっという間なんかではなかった・・・。

中でも、東日本大震災と原発の過酷事故を間に挟んでいることは、前後の時間が完全に分断されていると感じさせます。
ちょうどその時、私自身も還暦でしたし、本当に長い長い10年でした。

さて、長い時間続けて来たのはいいのですが、その意義と言うか中身はどうか・・・。

まあ、食工房の広告媒体としての役割は、十分果たして来たしこれからも果たし続けるだろうという点では、私の中では一定の意義はあったと思っています。

あとはプラスアルファと言うか、皆さまにとってどうであっても、私自身として心の中の伝えるべき何かを伝えることが出来たか・・・、それがあとの半分なのですね。

そう考えると、近頃はいつも時間に追われていて、じっくりと言葉を選び文章を練るだけの余裕がありません。

尤も、作家ではありませんし、文章書きが本業でもありませんから、別に何を残さなくてもいいはずなのですが、出来れば自分の子や孫たちに、あとになって「ああ、そうだったんだ・・・。」と受け止めてもらえるような何かがあってもいいのじゃないか・・・、そんなことを思うのですね。

本当はブログなんかじゃない方がいいのかも知れません。
半分は必要に迫られつつ、半分は残せる何かを思いつつ、続けて来たこの10年でありました。

何はともあれ、引き続きお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

“マイブログ10年” への2件の返信

  1. arz2beeさん、コメントいただきありがとうございます。
    貴ブログ「駅前糸脈」も、ご縁をいただいて以来毎日、私とは全く違うお仕事、境遇の中で体験されていることを、いつも興味深く拝見しております。
    私の方も、これからも健康第一に留意して、続けて行きたいと思います。
    どうぞよろしくお願いいたします。

  2. 十年ですか、その九年ほどをフォロウさせていただきました。飯豊という土地を知りパン焼きという仕事も少し分かりました。
     私も書き始めて九年四か月になります。
     とにかく健康に留意してお仕事もブログも続けていただきたいと思います。

コメントを残す